歯科の新規開業について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

歯科の新規開業について

法人・ビジネス 独立開業 2009/01/31 14:48

歯科開業を考えている者です。夫38歳妻32歳。夫婦ともに歯科医師(互いに勤務医として院長経験あり)です。
経験に関しましては、お互いに新規開業を他人の資金で既に経験しており、それぞれ短期間に順調に業績をのばすことができたという自負はあるのですが、恥ずかしながら自己資金がありません。
現在妻のほうが妊娠中のため収入は半減しましたが、基本的に2人とも月収100万近くかそれ以上はあげておりました。
資金に関しましては妻のほうの実家のほうからもしかしたら多少(500〜700万くらい)資金を借りることは出来るのかもしれない状況ではあるのですが、なるべく自分たちの力で開業にこぎつけたいと思っております。ちなみにこれからの1年で300〜500は貯めることは可能だとは思います。
我々のような状況の場合、乏しい自己資金のまま開業への道を突き進むべきか、それとも妻が復帰後再び共働きにてある程度貯金をしてから開業するのが妥当なのか、現在の歯科への融資状況含めて知りたいと思っております。
夫が38歳ということでタイミングが遅くなって年齢を重ねてしまうと借り入れなどの厳しさは変わってしまうものなのでしょうか。
お互いの技術や患者さんの集客力を知っているので、正直開業後に関しましてはとくに不安はありません。ただ、資金の問題だけが気になっております。今後は今までの生活を反省し、生活費以外のお金は全て自己資金の貯蓄には回したいと思っておりますが自分達にとってどのタイミングでどのように開業するのが健全なのか、現状をみるとどういう方向性でいくべきか考えこんでしまいます。このように、たまたま実績はあっても資金がないばあいの交渉の仕方をぜひ教えてください。

aikichiさん ( 福岡県 / 女性 / 32歳 )

回答:1件

山本 雅暁 専門家

山本 雅暁
経営コンサルタント

- good

ご質問;“歯科の新規開業について”に対する回答

2009/02/01 13:00 詳細リンク

ご相談者様、

こんにちは。初めてお話しさせて頂きます。
2009年1月30日から専門家として登録されました、山本 雅暁です。

以下の通り考えを述べさせて頂きます。

1.歯科産業は、開業医院の増加により基本的に不況業種であると考えます。
競合が激化している地域では、開業後に、自己破産に至る例が最近増えてきています。


2.この環境下、金融機関はご相談者様への融資については相当厳しい対応で臨むと想定します。


3.開業は、ご親戚の方からお金の借用や貯金による自己資金主体で行うことが望ましいです。


4.患者は何時も腕の良い歯医者を探しています。

歯科産業は全員が不況ではなく、腕が良い歯医者は利益をあげています。


5.歯医者が自己破産する大きな理由は、売上金額が設備投資をカバー出来ない為です。

設備投資を抑える為、歯科医院の“居抜き”物件を活用する方法があります。

[注] 居抜きは、飲食店、歯科医院などの店舗やテナントとして利用されている設備、什器備品などを設置したままの状態で売買・賃貸することを物件です。

居抜きを含む不動産獲得は、不況の今こそチャンスです。


6.次に、場所の選定が重要になります。
奥様が、出産後は復職されるのですから、今から準備して1〜2年以内の開業を目指されては如何でしょうか。

場所は、住民の年齢層、収入、住居形態(持ち家か借家かなど)、世帯数、世帯構成、住居人口の流入・流出度、競合する歯科医院の数、1歯科医院の想定患者数などを調べて、選定することをお勧めします。


以上、私の考えを説明させて頂きました。
ご相談者様のお役にたてれば幸いです。

上記内容についてご質問があれば、何時でもご連絡願います。


将来、必要な資金の見込みや・資金繰りの計算、上記市場調査など必要があれば、誠心誠意ご支援致します。
何時でもご連絡下さい。



今後ともよろしくお願い致します。




山本 雅暁
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイサー GBM&A

回答専門家

山本 雅暁
山本 雅暁
(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

パートしながら個人サロン開業 チヨコレートさん  2016-07-20 18:02 回答1件
県制度融資の連帯保証について 実業家予備軍さん  2008-05-30 14:44 回答1件
写真館を経営したいです。 コロンコロンさん  2016-03-17 14:49 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
タイ料理レストラン sawadeethaiさん  2013-07-08 02:15 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)