減価償却について - 会計・経理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:会計・経理

減価償却について

法人・ビジネス 会計・経理 2009/01/25 14:23

H19年度に社用として中古車を購入しました。
(購入価格40万円)
償却方法/耐用年数/法定残存率など初心者でわかりません。
ソフトに設定をして自動的に計算はしてくれるのですが、
意味がわからず・・
ちなみに償却期間は12ヶ月/○ヶ月と
○に入力するのですが、12でよろしいんでしょうか?

なお、事業用にパソコンも購入しております。
(購入価格10万円以上)
こちら合わせてご教授いただければ幸いです。

pupleさん ( 東京都 / 男性 / 37歳 )

回答:1件


長くなりますけれども

2009/01/25 15:00 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、お疲れ様です。
パープルさんは、個人事業だったでしょうか。

自動車について
一般的な自動車は耐用年数は6年で、それを経過している中古自動車の場合には、細かい計算はともかく、耐用年数2年となります。
平成19年4月以降に購入したものについては、最初から残存価額1円まで減価償却できます。
法定償却方法は、特に選択しない場合には「定額法」となり、半々で2年で費用として減価償却します。
1年目、20万円、2年目、199999円、を減価償却費とします。
減価償却費は1年の償却費について、実際の使用期間をかけることになっており、通年使用したのであれば12か月/12か月というものをかけるのですが、1をかけることと同じでので、通年事業に使用する場合にはあまり意識しません。
年の中途から、事業の用に使用開始した場合、たとえば年の中途で取得した最初の年は月数で按分することになります。
たとえば4月に購入、事業のために使用開始した場合には、9か月/12か月という按分になります。
2年目以降は、一般に通年使用しますから、月数按分は初年度、に起こります。

パソコンについて
パソコンは、取得年月はいつだったでしょうか。
原則的な耐用年数による減価償却であれば、耐用年数は4年ですので、
19年4月以降に取得したものであれば、10万円で取得した場合には、
初年度は先ほどのように4年の耐用年数ならば1年に25000円が償却費に計上できるのですが、初年度は月数按分した金額で減価償却費を計上、
2年目からは25000円、5年目が数か月残りますが、1円を残して残りを減価償却費とする、ことになります。

このあたりは、文章で書いてもなかなか分かりやすくならず、わかりにくかったらすみません。
不明な点は再質問してくださいね。

評価・お礼

pupleさん

久川様

わかりやすく何度もありがとうございました!!
勉強になります!

平成19年3月以降取得したものは旧定額法で償却とミス入力しておりました。
平成19年3月以前ですね。スミマセン・・。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

pupleさん

減価償却費の再質問(個人事業主)

2009/01/26 12:01 固定リンク

久川様

いつもご丁寧にありがとうございます。

私の説明不足でしたが、パソコンは18年度に事業用として購入しております。
『19年4月以降に取得したものであれば』とご回答があったので、それ以前でしたら方法が異なるのかと思い、再質問させていただきました。

なお、社用車もパソコンも直接法の記帳でよろしいんでしょうか?

pupleさん (東京都/37歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

店舗備品修理費用について りんご28さん  2015-10-15 17:07 回答1件
開業費 くろかずさん  2013-11-14 15:05 回答1件
仕分けと棚卸し方法 てもごんぱちさん  2013-07-10 11:20 回答1件
はじめて減価償却をします oonaoさん  2013-03-06 14:52 回答1件
初心者経理です taputapu0208さん  2010-09-02 19:12 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料ホームページ診断

ホームページに来ない、ご注文・お問合せ行かない原因を探します。

古堀俊行

オフィスコボリ

古堀俊行

(ITコンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

フェイスブックページお悩み相談

facebookで「困っていること」「やりたいこと」を何でも相談下さい。

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)