保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2009/01/23 12:22

初めまして。
33歳独身女性です。
保険の見直しを勧められているのですが、ネットなどで調べてもイマイチ理解ができず迷っております。
是非助言をお願いします。

JA養老生命共済
加入年齢18歳・払込終了48歳
予定利率5.50%
・養老生命共済 200万円
・通院特約 0円
・全入院特約 10,000円(全て53歳まで)
・保険料 年払110,600円

両親が加入したものをそのまま引き継ぎ払い続けているのですが、自分にとって適切な保険なのか疑問に思っています。
JAさんから新しいプランに基本転換という形で転換しては?と勧められております。
入院した場合この保険だと10日以上でないと適応されないとの事でした。
ただ予定利率がよい保険は残しておいたほうがよいと何処かのサイトで見たので転換が適切なのかどうか判断しかねております。
これとは別に月払い3000円程度のガン保険にも入っております。
今のところ結婚の予定もありません。
保険に詳しくないため、質問の意図やこちらの情報提示に不足があるかもしれませんがどうか助言をお願いします。

とまとまとさん ( 奈良県 / 女性 / 33歳 )

回答:10件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険について

2009/01/23 14:09 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

JA養老共済は利回りの高いときに加入されたいますので続けましょう。
医療保険を保障が一生涯のものにしたら良いと思います。
そのときには入院特約だけ解約するといいでしょう。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

保険見直しクリニック

2009/01/23 15:28 詳細リンク

とまとまと 様

この度はご質問をいただきましてありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。
よろしくお願いいたします。

とまとまと様が新しく保険に加入できる健康状態というのを前提でお話しさせていただきます。

1、既契約養老保険を「払済」にします。
「払済」については過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/14513
「払済」されても満期保険金額(100万円〜120万円くらいだと思います)はもらえます。

また「転換」は絶対にしてはダメです。
「転換」につきましても、過去の私のコラムをご参照下さい。
http://profile.allabout.co.jp/pf/bys-planning/column/detail/15468

2、とまとまと様が確保すべき保険は、終身医療保険だと考えます。
終身医療保険は、できれば60歳までに保険料の払い込みを終了するプランが良いでしょう。
※女性疾病付であれば、オリックス生命の「CURE-Lady」
先進医療特約付であれば、損保ジャパンひまわり生命の「健康のお守り」
基本入院日額と手術保障だけであれば、PCA生命の「メディスマート」
が一番費用対効果が高いですよ。

とまとまと様の参考になれば幸いです。

ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

- good

御自身のライフプランに合っているかが1番重要

2009/01/23 23:02 詳細リンク

はじめまして、とまとまと様。アイスビィの植森宏昌です。

養老保険に関しては2つの考え方があります。
1つは、そのまま続ける方法。もう1つは払済にする方法です。
個人的には払済にして浮いた保険料で一生涯保障のある終身保険等に加入するのも良いかと思います。

あと、必ずした方が良いのは医療保険の加入です。現状の特約ですと53歳で以後の保障がなくなりますからね。終身もしくはある程度の年齢まで保障のある医療保険に加入される事をお勧め致しあんす。

ただ、保険商品の良し悪しだけで考えるのでは無く1番大切な事を御自身のライフプランに合った保険に加入されることです。予定利率や目先の損得よりも、御自身に合った内容であるかが1番大切ではないでしょうか?

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

植森 宏昌が提供する商品・サービス

セミナー

出産、マイホーム、老後などの人生設計

ご自身に合った最適な住宅ローンとは?

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の件

2009/01/24 12:35 詳細リンク

こんにちわ、独立系FP会社、FPコンサルティング[http://www.fp-con.co.jp]の岡崎です。

まずは今の保険は予定利率が高いのでおいておくのがベストです。転換は不利です。
しかし入院特約は古いので入院特約ははずしてがん保険など検討も良いと思います

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

転換はやめましょう。

2009/01/24 15:11 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

まず、転換はやめましょう。
予定利率のいいときの保険ですので、主契約である養老生命共済の200万は、残されたほうがいいとおもいます。もしくは、払い済みという方法もあります。

特約である医療保障の部分は、満期が来ると終了しますので、今のうちに、終身保障の医療保険に加入されてから、特約ははずしてもいいでしょう。

詳しいご質問などあれば、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

満了まで保有されても・・・

2009/01/23 12:35 詳細リンク

はじめまして、とまとまとさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。

予定利率も良いですし、保険金額と同額の満期金が受け取れますから、このまま保有されていても良いと思いますよ。

ただ、医療保障が53歳までとなっていますから、その後の医療保障を考えないといけない時に保障が切れてしまうのが気になりますね。

初期入院が10日以上からしか出ないと言うのも考えようで、これまでその分の保険料を払っていなかっただけです。
手持ちに9万円があれば、その保障を自分で持っているのと同じ事ですよね。
あまり1日目から出ると言うだけで変えられるのもどうかと思います。

見直すとすれば、主契約の養老共済だけは残されて入院特約を解約されて、終身保障の医療保険などに加入されても良いと思います。

定期的に保険の見直しを勧めるのは、顧客のためを思っているのではなく、営業の成績や会社の利益が目的の場合も多いので、納得のいく提案をされないのであれば、考えられた方が良いでしょうね。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

転換してはダメですよ

2009/01/23 12:46 詳細リンク

とまとまとさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

まず終身医療保険に加入しましょう。
予定利率が良いと言っても53歳で入院保障がなくなります。
その時に新たに入りたくても健康状態次第では加入できませんね。

終身の医療保険を確保した上で現在の保険の医療特約を外しましょう。

転換してはいけません。
せっかくのお宝保険ですから、あとは貯蓄と思って継続するといいでしょう。

笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

保険の見直しについて

2009/01/23 13:18 詳細リンク

ここで複数の方に相談すると、皆さん意見が違って迷うばかりですから、
今週末にお近くの来店型保険ショップなどで、ご相談をお勧めいたします。
その際のガイドラインですが、独身女性でしたら、
終身保険を100万円から300万円に、終身型の医療保険に、
ガン保険、もしも老後のひとり生活での介護が心配でしたら、
終身型の介護年金等もあわせて検討されると良いでしょう。
貯蓄は別途、証券会社の投資信託でいくか、変額年金でいくか、
銀行の預金でいくか、考えてみるのがいいでしょう。
頑張って下さいね。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2009/01/23 14:37 詳細リンク

とまとまとさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

養老保険は、いわゆる期限付の保険です。
入院保障も53歳で終了してしまい、その後更新(リスク付)となります。
予定利率が高いのは事実なので、
**「払済移行」後に終身性の保険で基礎作りをしておく
というのがベストでしょう。
(ただ、着手の順番は、新契約手続⇒現契約の払済移行処理・・です)

独身女性に適している保険としては、
「家族のため(死亡保障中心)」ではなく「自分のため(生前給付型)」と
なります。

**終身性の保険で、医療・年金・介護などに対応できるもの
がよいでしょう。

私のコラムをご参照下さい。
↓↓↓

(養老保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/33643

(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447

(理想の保険商品?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31346

(保険見直しセミナー)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22763

(保険での貯蓄はナンセンス?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28738

(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792

(終身介護保障保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28426

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その1)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44459

(医療保険の商品価値は下がっていく?・・・その2)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/44460

以上、参考にして戴けたら幸いです。
ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。
[ohzeki@fourturst.co.jp


生命保険は転換よりも払済

2009/01/25 10:38 詳細リンク

はじめまして、株式会社ライフィの前田です。

養老保険は予定利率が高いので、継続か払済にするのが良いでしょう。おそらく払済にされた方が継続するよりも お得! になるハズです。

払済保険とは?
http://lify.jp/contents/insurance_study/s25.php

健康状態に問題がなければ、医療保険(入院保険)・死亡保険の 「終身保険」を検討されるのに良い時期だと思いますよ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

死亡保障について marinesさん  2011-01-07 12:46 回答6件
50代夫婦の保険見直しについて aisu60cookieさん  2013-07-01 18:41 回答1件
保険の見直しを検討しています ビーストさん  2013-01-22 15:34 回答1件
生命保険の見直しを検討中です ktsu2741さん  2010-09-08 23:49 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)