来年からの働き方について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

来年からの働き方について

マネー 家計・ライフプラン 2008/12/11 12:00

はじめまして。私は現在パートで週4日働いており、今年のパート収入は103万円以下でしたが、先日、会社の方からありがたく正社員のお話をいただきました。
しかし私には子供が2人がまだ小さいので、今の条件のままならお願いしたところ会社側も了承してくださいました。
その勤務条件は週4日のままで、1日の勤務時間も6時間です。(現在休憩時間はひかれていません。)

来年からは、給料は月10万円の支給で、交通費・ボーナスはなしですが、資格手当てが、年間24万円あります。
この資格手当ては、月払い(2万円)でも年一括払いでも都合の良いほうを選んでくださいといわれました。
そうなると、単純計算で年間144万円の収入になります。

交通費は自転車通勤のため、基本的に支給はなしですが、電車で通勤をする日は、その都度申請することになっており、日払いでその都度支給してくれます。
この勤務条件で、月10万円もいただけることにはほんとにありがたいので、正社員のお話を断りたくありません。
そうすると、もう少し勤務時間を増やしたり、もしくはこの勤務時間のまま週5日働くようにしてお給料をあげてもらったほうがいいのか?
反対にせっかく10万円と言っていただいたお給料を減らしてもらったほうがいいのか?

家庭的には、収入が増える方が助かりますが、今の年間103万円以内でも、ギリギリ暮らしています。

資格手当ては、今の会社に居る限りずっと月2万いただけるそうですし、仕事は全然苦じゃないので(むしろ楽しい)、私的にはもっと働いても大丈夫なのですが、ただ今は子供との時間を優先にしたいので、どうしたらよいのか悩んでいます。
収入の面で損をしないようなベストなアドバイスをお願いします。

ゆかぽんずさん ( 大阪府 / 女性 / 31歳 )

回答:3件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

来年からの働き方について

2008/12/11 18:16 詳細リンク
(5.0)

こんにちわ、大阪の独立系FP会社、FPコンサルティング[http://www.fp-con.co.jp]の岡崎です。

お金の点を考慮すると、正社員がベターです。150万以上でしたら、できるだけ多く収入を得る方がベターですい。資格手当てもあることですし、期待されていることでしょう。

ただお子さんと過ごす時間も大切ですから、働くときは働き休む時は休むとメリハリつけて働かれてはいかがですか。仕切るも高まることでしょうし頑張ってください!

評価・お礼

ゆかぽんずさん

ご回答ありがとうございます。
正社員雇用にしていただけることに感謝して、無理せず頑張りたいと思います。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

勤務日数の増加を提案します。

2008/12/11 12:26 詳細リンク
(5.0)

ゆかぽんず 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

正社員へのご採用おめでとうございます。
正社員になりますと、パートと違い解雇なども難しくなり、従業員としての地位も確立します。

そこで、収入のレベルの変化(103万円⇒144万円)での影響は、
ご主人税金の算出に関し、に配偶者控除の適用を受けることが出来なくなります。また144万円が見込まれるとのことですので、配偶者特別控除の適用も受けられません。

社会保険の扶養の要件も、年間130万円未満、1月当たりの収入が108,334円未満にはあたりませんので、ご自分で社会保険と健康保険に加入します。

しかしながら、年金をご自分で掛ければ、将来の年金受給額は確実に増えますし、健康保険の加入者はもしも病気や怪我をして競業せざるを得ない場合度も、傷病手当金が出ます。

ただし、これらの保険料と税金を支払う場合、実際の収入増に繋がる金額は収入で150〜170万円が目処とされています(年金や健康保険組合により異なります)。

幸い勤務時間の延長や、出勤日の増加が可能とのことですので、週5日の勤務にされていかがかと思います。

103万円と130万円所得税と社会保険の扶養の条件をご一読下さい
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30729

評価・お礼

ゆかぽんずさん

早速のご回答をありがとうございました。
夫の会社での扶養手当(家族手当)が大きいので、扶養範囲内でと考えていましたが、せっかくのチャンスでもあるので、前向きに考えようと思います。
丁寧で分かりやすいご説明をありがとうございました。


ファイナンシャルプランナー

- good

おめでとうございます。

2008/12/11 13:00 詳細リンク
(5.0)

ゆかぽんずさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

お給料を減らしてもらうなんてとんでもないと思いますよ。
現在の給与が8.5万円とすると、手当込みで3.5万円のアップですね。
社会保険料と税金が約1.5万円ほど天引きされるので、手取りでも2万円アップします。

ご主人の税金の配偶者控除がなくなるので、税金が多少高くなりますが、所得税が年額で38万円の10%程度、翌年の住民税で33万円の10%程度ですから世帯収入で考えても手取りは増えることになります。

来年はこの条件でやってみて、お子さんの状況をみて再来年には時間数を増やすようにしてはいかがでしょう?
お子さんとの時間も大切ですからね。

ご主人の家族手当があればそれもなくなるでしょうが、これから先の収入で挽回できますよ。
「5年後10年後の私」を目標に頑張ってください。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

評価・お礼

ゆかぽんずさん

ありがとうございます。
仕事はしたいのですが、子供との時間も大切に過ごしたいので、できれば現状のままでいられたら・・・と思って悩んでいました。
そうですね。お給料減らしてもらうなんてもったいないですよね。とても勉強になりました。
前向きに考えたいと思います。
温かいご回答ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします。 まかさん  2012-11-06 15:19 回答1件
家計診断と住宅購入について l185sgbvfさん  2010-06-22 07:50 回答12件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
ご助言お願いします。 ちゃーちゃんさん  2009-07-24 20:03 回答4件
今後の生活と確実に貯蓄するためには さすママさん  2009-02-13 08:22 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)