2009住宅ローン減税を狙うべきか? - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

2009住宅ローン減税を狙うべきか?

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/12/10 14:37

12月引き渡し予定の物件を購入しますが、入居日について悩んでいます。
税務署に問い合わせたところ、「引渡しが12月でも入居が1月であれば2009年の減税案が適用される」と言われました。(現在の減税のルールが適用されれば、ですが。)

年末引越しを考えていましたが、1月にした方が得なのでしょうか?
今は減税案の段階ですが、たとえ法として成立しなくても、現在の減税ルールは継続される、と考えれば、1月にしておいた方がどっちに転んでも損はしないのでしょうか?


12月入居と1月入居、どういった点を考えて比較すればいいのでしょうか?

tomoharuさん ( 神奈川県 / 女性 / 40歳 )

回答:2件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン控除の件

2008/12/10 17:50 詳細リンク
(4.0)

tomoharuさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『12月入居と1月入居、どういった点を考えて比較すればいいのでしょうか?』につきまして、あくまでも比較ということになりますが、今年までの住宅ローン控除では、所得税額から10年間あるいは15年間で最大160万円のみに対して、来年からは所得税額から10年間で最大600万円の控除が受けられるうえに、所得税額から控除しきれなかった分につきましては住民税からも控除をしようとするものです。

よって、来年からの方が断然有利となります。

ただし、住宅ローン控除は時限立法となり、来年以降につきましてはまだ正式には成立をしている訳ではありませんので、この点だけはご注意ください。

また、住宅ローン控除の適用時期など、詳細につきましては、改めて所轄の税務署で必ず確認するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

来年の住宅ローン減税について

2008/12/11 09:18 詳細リンク
(4.0)

tomoharu さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

現時点の政府の税制大綱で、今年と来年の住宅ローン減税を比べると控除額等は断然来年の方が有利といえます。

ただ、あくまでも現時点では減税案であって、まだ成立しておりませんので、もし法案が成立しなければあてにしておいて入居を遅らせたばっかりに控除をまるまる受けれなくなる可能性もございます。

詳しくは、税理士や最寄りの税務署にご確認されてください。


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

質問者

tomoharuさん

渡辺さんだったら・・?

2008/12/13 09:44 固定リンク

お返事頂きまして、本当にありがとうございました。

2009年度案が成立すれば、断然有利ということですね。
ただ保証は出来ないので、そこはそれぞれの判断と
自己責任で、となるのだと思います。


それでは渡辺さんがもしこの時期に入居ということに
なったら、どちらになさいますか?
ファイナンシャルプランナーのプロとしての答えではなく、
渡辺さん個人のお考えで結構です。
(あくまで参考にさせて頂くだけなので、後で文句を
言ったりなどということは一切ございません(笑)。)

この問題は誰にも断言は出来ないことと思いますので、
気軽に答えて頂ければ結構です。
どうぞよろしくお願い致します。

tomoharuさん (神奈川県/40歳/女性)

質問者

tomoharuさん

藤森さんだったらどうしますか?

2008/12/13 09:58 固定リンク

お返事頂き、ありがとうございました。

2009年度案のほうが断然有利だけれど、まだ成立したわけではないし、最悪の場合、控除が受けられなくなることもある。
新年度案に賭けるか、安全をとって今年中にするか。
それぞれの判断と自己責任で、ということになるかと思います。

ですが、そこをあえてお伺いしたいのですが、もし藤森さんがこの時期に入居となったら、どうされますか?

不動産のプロではなく、藤森さん個人のお考えで結構です。
もちろんその判断がどういう結果になろうと、一切ご迷惑は
おかけしません。あくまで、参考にさせて頂きたいだけです。

税務署やマンション営業の方にも聞きましたが、この問題は誰にも断言は出来ないので、判断は本当に分かれているようでした。
ですので、もしご自身がマイホームを買われるのだったら、という設定で、お気軽に答えて頂ければ結構です。
どうぞよろしくお願い致します。

tomoharuさん (神奈川県/40歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン控除について(至急) マロンマロン☆さん  2008-11-05 10:24 回答2件
マイホーム購入の時期について ろもさん  2016-07-05 22:31 回答1件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件
住宅ローン控除 入居日 としクンさん  2015-05-14 21:32 回答1件
住宅ローン返済に無理はないでしょうか? まーとんさん  2013-08-06 11:00 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

住宅購入予算診断

あなたが購入しても問題の無い住宅購入予算の適正額を診断します

真崎 喜雄

住まいのお金FP相談室

真崎 喜雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)