結婚後、育児前、いまやるべきことは? - キャリアプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結婚後、育児前、いまやるべきことは?

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/12/07 18:50

今年32歳で結婚しました。年齢のこともあって近いうちに子どもがほしいと思っています。今の職場でこのまま仕事を続けるべきか悩んでいます。
職場には、子どもを産んで職場復帰している女性はそこそこいます。ただし多くの女性が出産前も後も内勤で、私のような営業系の職種の人はほとんどいません。
子どもを持って、今の会社でどんな仕事ができるのか、もしくは自分がしたいのか、イメージがわきません。
また、そもそも会社の経営に疑問を持っていて、明るい未来に向けて建設的な話し合いを会社とする気になれません。
転職活動をするにしても、近い将来自分に子どもができたらどうにもならない物理的制約ができるとわかっている中、自分にこれから何ができるのか見当がつかず、一歩が踏み出せません。

hamoさん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

回答:5件

中井 雅祥 専門家

中井 雅祥
転職コンサルタント

- good

子供を生んだセールス

2008/12/08 20:08 詳細リンク
(3.0)

女性が 子供を生んだあとも 成功できる仕事が 営業と考えています。
できる仕事と成功する仕事 とはそもそも違うと思います。
子供さんがおられて 営業で 「活躍」 されている女性
多々おられます。

営業という仕事は 戦力です。主役です。ヒーローです。
それだけに 責任も大きく 苦しみも大きく 悩みも大きい仕事です。
だからこそ、
そのキャリアを生かせない会社
イメージをわかすことのできない会社
では 辛いと 思います。
そして 内勤でないからこそ
会社の経営にも疑問を持つことが できるのだと思います。
ゆえに
疑問は 正解だと 思います。

私は 営業系職種を 続けるべきだと思います。
物理的な制約が 予想されるからこそ
営業である と 思います。
私なら
在職しながら 自分の営業力を存分に活かせる会社を探します。
転職活動を 始めます。
信頼できる取引先にも声をかけます。
営業系の仕事には 必ず 人脈という武器があります。
必ず 自分の価値を認めてくれている 社外の方々がいます。

ぜひ そういう転職活動に 一歩踏み出してみられてはどうかと
思います。

同じ営業系職種として 絶対頑張って欲しいと 思います。


看護師 福祉 薬剤師 医療系全般の 関西の求人サイトなら
関西の医療系求人サイト マッチングメディカル

美容師 理容師 エステティシャン ネイリストの求人サイトなら
関西の美容師求人 まっちんぐBB

評価・お礼

hamoさん

中井さま、アドバイスありがとうございます。
営業はとても楽しくやりがいの大きい仕事ですよね!やっとこのごろそう思えるようになってきました。

回答専門家

中井 雅祥
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)
株式会社プレスクリエイト 

求人や採用の専門家です。企業M&Aコンサルもしてます

25年以上求人広告に携わり、採用コンサルや人材紹介業、企業の人事顧問もさせていただいたりしています。求人サイトや集客サイトも10年前から運営しています。キャリアコンサルタントとして転職や就職、起業のアドバイザーも行っています。

中井 雅祥が提供する商品・サービス

メール相談

事業継承、会社売買のお気軽相談

事業継承M&Aコンサルティング

メール相談

求人のご相談

求人広告 人材紹介 人材募集について

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

少し時間をかけて、選択肢を探しましょう。

2008/12/08 05:24 詳細リンク
(3.0)

こんにちは、hamoさん。My人事の葉玉です。

子どもは授かりものではありますが、女性の生き方として、
岐路に立ち、お悩みの時期と受け止め、私なりにアドバイス
させていただきます。

まずは、現状を維持し、子供を授かった場合、授からなかった
場合の対応について、簡単なシナリオを描かれては如何でしょうか。

○ 授かった場合

・現在の会社を続けるのか。

・あらためて、別の会社、仕事を探すのか。

・2〜3年から4〜5年は、子育てに専念するのか。

ご自身のキャリアヴィジョン、ご家族との人生設計、
等々を勘案し、イメージを具現化してみてください。

方法は、いくらでもあります。

あまり思いつめず、楽しく将来をイメージしましょう。

結果として、そういったスタンスで今を過ごされた方が、
良い方向に舵が切れると思います。

○ 授からなかった場合

・不妊治療を優先させるのか。

・パートナーとの生活と仕事とのバランスを再検証し、
自身の生き方を再検討した上、気持ちを切り替え、
次の人生に挑むのか。

こちらも、選択肢は、いろいろあろうかと思います。

その時になって、ゆっくりと考えれば良いでしょう。

上記、お考えになっていく流れの中で、ご自身の胸の内にある
悩みが整理され、自ずと“答え”が見えてくることもあります。

あせらず、時間をかけて、考えてみてください。

但し、ご自身なりに、無理のない範囲で期限を決めた方が、
良いかとは思いますが、、、。

ご一考の程、宜しくお願い致します。

転職をするにしても、現状で頑張っていくにしても、
ご納得のいく展望が開けるまでは、軽々に動かれない
ことをお勧めします。

素敵な明日へ一歩を踏み出されることを祈願するとともに、
心からの応援のエールを送らせていただきます。

評価・お礼

hamoさん

葉玉さん、回答ありがとうございます。
あまり思いつめず、できるだけ楽しい将来を思い描くこと。
確かに大事ですね!

再木 奈生

再木 奈生
研修講師

- good

「二つの転機」を切り離して考えてみましょう

2008/12/08 11:57 詳細リンク
(5.0)

hamoさん、こんにちは。
ヒューマンリクリエイト再木 奈生です。

今年ご結婚されたのですね!
新婚生活はいかがでしょうか。
年齢のことばかりでなく「お子さんが欲しい」というお気持ちは
心落ち着ける環境を得られたのだろう、と思っています。

今年された「結婚」もそうですが、人生の中で大きな「転機」の一つですね。
そして考えていらっしゃる「転職」「出産」。
こちらも大きく重要な「転機」です。

それらの「大きな転機」に対して、二つ同時にクリアしていかれようとすると
hamoさんご自身への負担が大きくなるのではないかなぁ、と心配しています。
(こちらは、これでいいけれどこっちはどうかなぁ・・)と
なかなか整理がつかなかったり、優先順位といってもこちらもそれを
つけたから、すっきりそれに邁進できる、ということでもないかもしれませんね。

考えを整理していく方法として
まず、この「2つの転機」を一回切り離して考えてみる、ということはいかがでしょうか。

今、直面されているのは
「また、そもそも会社の経営に疑問を持っていて、明るい未来に向けて建設的な話し合いを会社とする気になれません。」という部分かもしれませんね。

この部分を残したまま二つの大きな転機に向かうことを考えても
今のhamoさんが感じていらっしゃるように
「一歩が踏み出せない」・・本来「喜び」であるものが「制約」になってしまうのは
頑張ってこられたhamoさんであればあるほど、さみしくもどかしいものでしょう。

また、hamoさんのおっしゃる「明るい未来」がどんなイメージなのかを
ご自分の中で明確にされることも一歩を踏み出す足ががりになっていきそうですよ。

ご自分が「今、行動できること」を大切になさってくださいね。

師走に入り、気忙しい毎日かと思います。
風邪等もはやってきていますから、お体をくれぐれもご自愛ください。

評価・お礼

hamoさん

回答ありがとうございます。
自分がほしかったのは、誰かの「頑張ったね」という一言だったんだと、再木さんの回答を読んで気がつきました。

私が思い描く明るい将来は、子どもを持ちながらもいきいきと外に出て働いている自分です。
その気持ちを再確認しました。

心温まるアドバイス、ありがとうございました☆

竹間 克比佐

竹間 克比佐
転職コンサルタント

- good

子供の成長と母としての成長

2008/12/08 14:24 詳細リンク
(5.0)

hamo様
子供と仕事の両立で悩む方は沢山おいでになります。私は、前職の職場(グッチグループジャパン)では女性の多い会社でしたし、その代表すべき就労先には販売でした。そぼ販売と言う現場を出来るだけ守って差し上げるのが「人事の役目」と決めておりました。即ち、人事がどこまで女性の存在を認めて就労先を確保しようとするかに関わってくると思います。

また、営業職でも家族のバックアップがあれば働く事はできると思いますよ。見失わないで下さいね。今の職場を転職し、そして子供持つのは危険だと思います。少し、リスクが大きいと思います。企業の体制が整っている会社としても、早めにお子さんを持ちたいと思っておいでになるのであれば今の会社で働きながら、その制度を利用した方が得策です。そうでないと、転職をした場合は丸一年ぐらいはお子さんは産めなくなると思いますよ。会社側の態度も今会社の方が寛容ではないでしょうか?前例もあると言うことですしね。

まぁ、他の意味では現在の経済事情を鑑みますと、転職はよっぽど安定志向の会社でないと難しいですよね。もう少し、市況をご覧になっても宜しいかと思います。しかし、hamo様がどのような会社で現在働いておいでか?またどのような営業職なのか?によっても変わって来ます。転職すべき業種もありますし・・・・・・営業職も広いので任されている職務内容にも関わってきますし・・・・ね。でも、ひとつだけ言えるのは''権利は主張''です。

女性の地位向上の為にもです。
また、ご相談があれば何時でも御連絡を下さいませ。

評価・お礼

hamoさん

竹間さま、実践的なアドバイスありがとうございます。
冷静に考えると、実績をつんでいる今の職場を利用して子どもを産んだほうが得策だと思えました。

会社への疑問は、「現場を大事にしていない」と感じているところからきています。疑問に思うことは、おそれず口に出していきたいと思います。

藤崎 葉子

藤崎 葉子
キャリアカウンセラー

- good

転職で得られるものと、失うもの

2008/12/09 20:48 詳細リンク
(4.0)

はじめまして。
サクセスボードのキャリアカウンセラー藤崎葉子です。

同じ女性として、心中お察し申し上げます。

私は、hamo様とまったく同じ年齢の時にまったく同じ悩みを抱え、
結局、転職してしまいました。
(詳しくは、コラム「結婚とキャリア」をご覧ください。)

新しい職場で仕事を覚えて良い人間関係を築くには
早くても1年程度がかかります。

hamo様の年齢はこれから新たな仕事環境を作り、
落ち着いてから出産と考えるとあまり時間に猶予はないと思います。

それをふまえ、今後の選択肢のメリット、デメリットを整理してみましょう。

■今の職場で出産する
<メリット>
・今までの人間関係の貯金があり、 産休、育休に職場の理解と協力が得やすい
・新しい仕事を覚える必要がなく、今までの知識・スキルの貯金が活かせる
・年収の維持
<デメリット>
・経営に対しての疑問からモチベーションの維持が困難
・営業職種での産休・育休のイメージがわかない

■転職後に出産する
<メリット>
・仮定:モチベーションが高まる仕事環境が得られる
・仮定:営業系でも産休・育休を取得しやすい環境が得られる
※あくまで仮定であり、入社してみないと確証は得にくいですね。

<デメリット>
・仕事の熟練、人間関係を構築するのに時間がかかる
・心身ともにストレスがかかるため妊娠しにくくなる
・年収の維持ができるか

こうしてみてみると、転職に踏み切るには相当のパワーが必要ですね。

何より、hamo様が次にどんな仕事がしたいかを
明確にできないと、転職活動の面接が通らないと思います。

また、少し気が早いと思われるかもしれませんが、
早めに婦人科で検診を受け、妊娠しやすい体質なのか
そうでないのか確認しておくほうが、キャリア戦略も立て安いでしょう。

まずは情報収集とお考えの整理から一歩を踏み出してくださいね。
心より応援しております!

評価・お礼

hamoさん

藤崎さま、身近なアドバイスをありがとうございます。考えを整理していただいて、とても助かりました。現実的には今の職場で頑張ったほうがよさそうです。
デメリットに関しては、解消すべく働きかけてみるか、少し時間をおいて様子をみるのもありかなと思います。会社もそうすぐには変われないでしょうから。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

30代新婚女性 今後のキャリアの積み方について ドットさん  2010-02-19 12:04 回答1件
ライフワークバランスについて 里内 映見さん  2011-05-24 02:34 回答2件
転職すべきでしょうか 香奈子さん  2011-01-29 14:19 回答2件
キャリアの方向性 miracle3さん  2009-03-02 18:28 回答2件
派遣切り、どうすればいいか分かりません・・・ マンゴーマロンさん  2009-06-08 21:59 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)