住宅ローン控除(リフォーム代)について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン控除(リフォーム代)について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/12/02 11:17

住宅ローン控除(リフォーム代)について教えて下さい。

一昨年、中古住宅を購入しました。購入時の際にリフォームを行っています。
銀行で2000万円のローンを組みました。1200万円は中古住宅・土地の購入費、800万円はリフォーム費となり、それぞれ領収書を得ました。

住宅は築30年以上のため住宅ローン控除の対象ではありませんが、リフォームは住宅ローン控除の対象となるためリフォーム代800万円の確定申告を行いました。

今年は二年目になるため、税務署から送られてきた「住宅取得控除申告書」と銀行から送られてきた「借入残高証明書」を会社に提出する予定です。


そこで質問なのですが

・税務署から送られてきた「住宅取得控除申告書」に添付された「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」には、「増改築等をした部分に係る事項」にのみ金額が記載されています。
・銀行から送られてきた「借入残高証明書」には2000万円に対する年末時点の残高金額が記載されています。

このように、「住宅取得控除申告書」と「借入残高証明書」の金額に差異が発生していても問題はないのでしょうか?
「住宅取得控除申告書」には「増改築等に係る借入金等の計算」の各項目を記入するだけで良いのでしょうか?

説明がわかりづらくて申し訳ありませんが、ご解答をよろしくお願いします。

補足

2008/12/02 11:17

ご回答ありがとうございます。

> 送られてきた各書類につきまして、内容が良く分からないため
> 何とも言えませんが、あくまでも住宅ローン控除の対象となるのは
> リフォーム費用部分に該当するローン部分となります。

> 金融機関から発行されている借入残高証明書につきましては、
> 住宅部分とリフォーム部分の両方を合わせた借入残高になっている
> 可能性もありますので、一度各々の発行元に確認をしていただくことを
> おすすめいたします。

想定されているとおりで
初年度に確定申告したのはリフォーム費用部分のみで、税務署から送付されてきた書類もリフォーム費用部分のみの金額が記載されています。

銀行からの借入残高証明書は、住宅部分とリフォーム部分の両方を合わせた借入残高が記載されています。

このような場合、一般的にはどのように対応されるのでしょうか?
税務署に相談して「住宅取得控除申告書」と「借入残高証明書」の金額に差異がある旨を了解してもらうか、それとも銀行に相談してリフォーム部分の借入残高証明書を改めて出してもらうのか…。

あと、会社での取りまとめ期限に間に合わない場合。個人的に税務署に書類を持けば問題ないのでしょうか?

Sara27さん ( 滋賀県 / 女性 / 28歳 )

回答:1件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローン控除の件

2008/12/02 18:02 詳細リンク

Sara27さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『住宅取得控除申告書と借入残高証明書』の金額に差異が発生しても問題ないのでしょうか?』につきまして、中古住宅につきましては、築後20年以内となりますので、住宅ローン控除の対象には該当しません。

尚、増改築につきましては、100万円以上となっていますので、800万円の増改築費用につきまして、返済期間が10年以上の場合には、住宅ローン控除の対象となります。

送られてきた各書類につきまして、内容が良く分からないため何とも言えませんが、あくまでも住宅ローン控除の対象となるのはリフォーム費用部分に該当するローン部分となります。

金融機関から発行されている借入残高証明書につきましては、住宅部分とリフォーム部分の両方を合わせた借入残高になっている可能性もありますので、一度各々の発行元に確認をしていただくことをおすすめいたします。

また、詳細につきましては所轄の税務署で必ず確認するようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

「年末調整の住宅ローン控除」に関するまとめ

このQ&Aに類似したQ&A

年末調整の住宅借入金等特別控除について ぴーすけさん  2006-11-20 17:55 回答1件
店舗併用個人事業廃止後の住宅ローン ヤコテルさん  2007-12-29 12:47 回答2件
住宅ローン控除について ペキニーズさん  2008-02-09 11:55 回答3件
住宅取得資金の確定申告について tomomaruさん  2011-01-30 03:14 回答2件
借り換え後の住宅借入金控除について デブリンさん  2008-11-05 21:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)