オ-ル電化 - 住宅設備 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

オ-ル電化

住宅・不動産 住宅設備 2008/11/29 17:21

最近「新築住宅」或いは「リホ-ム」等に、オ-ル電化の
利便性、経費の節減が、表示されてますが、
電化と「LPガス、都市ガス」との比較がよくわかりません。

過去に発電力不足「節電」と言われ「宅内コンセント」抜け・・
発電能力は? 問題無いですか?
又災害時に長期停電、どうすれば良いですか?

kmue70さん ( 静岡県 / 男性 / 77歳 )

回答:2件

辰巳 喜代次 専門家

辰巳 喜代次
住宅設備コーディネーター

- good

ご回答

2009/03/14 09:49 詳細リンク

おはようございます。
ご質問ありがとうございます。

オール電化のメリットは、ランニングコストの安さです。
深夜電力を利用して、お湯を貯湯タンクに蓄えておくので、コストが安く付きます。
しかしながら、初期投資のコストがガス機器に比べると割高となってるのが現状で、
「イニシャルコスト(初期コスト)+ランニングコスト」を合算して、耐用年数(約10年?)
で計算するとCM等で言われている様な安さにはなりません。
あくまで「ランニングコスト」でのお話なのです。

災害時の復旧の早さに関しては、ケースバイケースで変わってくると思われます。
電気とプロパンガスが比較的早く普及する傾向にあります。
プロパンガスは、現在、各世帯にマイコンメーターが付けてあり、常時ガス漏れが無いか
監視しています。万が一、地震が発生すると、震度5以上で自動的にガスを遮断します。
その後、メーターの復旧ボタンを押すことで、漏れがないかを再確認し、漏れがなければ
使用することが可能です。コンロは乾電池で動いている物が主流ですので、ガスが復旧すれば
使用可能です。最近、100V 電源が必要なタイプのコンロもありますが、非常時用に「乾電池ケース」というのが販売されており、それに乾電池を入れ、接続することで応急的にコンロの使用が
可能となっております。

ご参考までに。

回答専門家

辰巳 喜代次
辰巳 喜代次
(奈良県 / 住宅設備コーディネーター)
株式会社タツミ 代表取締役
0744-32-5482
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ライフスタイルに応じた最適な給湯器・ガスコンロをご提案します

15年以上に及び給湯器やガスコンロをはじめとするガス関連の住宅設備機器に携わった経験を生かし、ガスにおけるプロフェッショナルとして「家庭の温もりと団欒を支えたい」をコンセプトにライフスタイルに応じたガス設備の提案を行っています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
菱田 剛志

菱田 剛志
住宅設備コーディネーター

- good

オール電化について

2008/11/29 18:41 詳細リンク

利便性と経費について分けて考えるその前に、ガスの違いで都市ガスはガス会社さんより地中のガス管を通って各戸に、LPガスはボンベを基本的には各戸に配置してガスを供給します。一部LPでも地域で供給機能を持たせているケースもありますね。
基本的に都市ガスの方がLPガスより安い傾向にありますが、LPガス会社さんの中にはかなり安く供給されている会社さんもあります。

ガスと電気の違いですが、オール電化にすると給湯器にかかる料金は電気の方が6分の1くらいの金額で済むケースが多く、光熱費の削減につながります。調理に係るガスと電気は大体同じくらいでしょうか。
ただ、床暖房や冷暖房をオールガスで行う場合もあり、その場合はガスの方が有利なケースもあるかもしれません。新築時など電力会社さんとガス会社さんに希望設備を伝えれば光熱費の試算をしていただけると思いますよ。

利便性というよりも安全性と言った方が良いのでしょうか。火災の発生率が低く住宅の火災保険などもオール電化住宅の方が割引などがございます。

節電は必要なことですが、オール電化は給湯に電気が多くかかりますが、深夜の余った電気を安く購入すようになっています。原子力などは火力調整ができないため夜は電気を余らせているケースが多いのです。ですから、発電不足はあまり関係ないと思います。それよりも古い家電製品は電力消費量が多いので、機器を省エネ型にする方が良いと思います。

災害時、電気がなければガス給湯器も基本的には動かなくなります。電気で制御している機器がほとんどです。災害時に一番復旧が早いのが電気、水道、ガスの順になります。電気が復旧しなければ何も使えません。唯一LPガスは各戸にありますので、安全性が確保されれば調理器だけは使えるようになります。但し、これも電気制御のものであれば使用できません。
あまり、変わらないというより電気の方が早く通常生活に戻れる可能性が高いと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

エコウィルとコレモの違い mokoraidoさん  2014-06-25 02:49 回答1件
オール電化かガス併用か dapanさん  2015-12-05 23:03 回答3件
新築住宅の空調 ごまだんごさんさん  2014-11-22 22:41 回答1件
太陽光発電 屋根一体型タイプについて KENNEKさん  2014-06-04 13:27 回答2件
太陽光の発電量の季節変動について ちくちくぼうずさん  2014-02-25 11:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)