アパートから退去してもらうには - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

アパートから退去してもらうには

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2008/11/16 23:37

築40年以上の大変古い木造アパートの経営者です。
祖父の代からのものですが、そろそろ辞めたいと思っています。
理由は、建物自体の安全性が危ういが補修や立て直しするつもりはないこと。
家賃収入が管理の手間に見合わないことです。
二十年以上住んでいる老夫婦や一人暮らしのお年寄りもみえるのですが、こういった場合どういった手順で退去していただくのがベストでしょうか。たまにそれとなく話をしても「ここより安いところがないから辞めないで欲しい」と懇願されてしまい困っています。
しかし、いつ壊れてもおかしくないようなボロなので、住居者の安全の為にもはやく決断したいのですが。
アドバイスよろしくお願いいたします。

こっぺぱんさん ( 岐阜県 / 男性 / 41歳 )

回答:1件

加藤 俊夫

加藤 俊夫
司法書士

- good

契約解除の正当理由

2008/11/17 14:34 詳細リンク
(5.0)

こっぺぱんさん、こんにちわ。

現在の借家法では、借主の権利のほうが強く保護されています。
かといって、何が何でも貸主は我慢しなさいというのは公平に反します。

そこで、貸主自身が建物を使用する必要がある場合や建物の利用状況や現況を見て解約することが相当であると判断される場合には、貸主からの契約解除も認められます。
その場合にはいわゆる立ち退き料を支払うことが付加的に求められます。

ご相談内容から、建物がに居住するのに危険な程老朽化しており、修繕できない或いは修繕するのに多額の費用がかかり経済的に見合わない事情があると思われます。

お住まいの方がご老人であるとのことで話しにくいと思いますが、地震などで建物が壊れてしまったら取り返しのつかないことになること、その危険を知ってこのまま住んでもらうことは立場上できないこと、又退去にあたっては、それ相応の立ち退き料を支払うことで理解してもらうしかありません。場合によっては新しい転居先を探してあげることも必要かも知れません。
なお、立ち退き料については、個別事案により異なりますので一概には言えませんが引っ越し代や移転先の保証金が一応の目安になるようです。

以上少しでも参考になれば幸いです。

評価・お礼

こっぺぱんさん

とても丁寧でわかりやすいご回答をありがとうございます。
一番の心配は、やはり倒壊なので、その辺りを説明して退去を考えていただくよう話をしてみたいと思います。
立退料のことも参考になりました。
本当にありがとうございます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

土地・建物の名義違いについて sora4675さん  2011-05-14 19:49 回答2件
兄弟間の不動産の名義変更 yuichanpapaさん  2012-08-12 03:00 回答1件
新築投資用マンション3戸所有 現状回復の為には? skywesll9641さん  2015-02-02 16:55 回答4件
借家住まいを続けたい 楽々星人さん  2013-06-22 13:48 回答1件
大家の対応が悪く退去を考えています 赤塚さん  2012-11-15 07:36 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)