住宅ローンの連帯保証と開業資金の融資 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの連帯保証と開業資金の融資

法人・ビジネス 独立開業 2007/03/22 19:47

今月末で会社を退職しフラワーショップの開業準備に入ります。
開業費用が600万円ほどかかるのですが、自己資金100万円を入れて足りない分について借入れを申込もうと考えています。
そこで問題は私自身も働いていたこともあって主人だけでなく私も昨年購入した自宅の住宅ローンの連帯保証をしていることです。
金額は1,000万円(主人は2,500万円)です。 このような条件でも開業資金の融資を受けることはできるでしょうか?

マコ-88さん ( 愛知県 / 女性 / 32歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

借入計画は慎重に…

2007/03/23 00:12 詳細リンク
(5.0)

ご質問どうもありがとうございます。 後藤がお答えします、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、お話の昨年組まれた住宅ローンですが、おそらく毎月の返済額のご主人様のご収入に対する比率が審査上許容範囲を超えたため、銀行側がご主人様のご収入と奥様である マコ-88 さんの在職中のご収入を合算することで返済比率を適正化、返済財源を確保し審査が通過したものと思われます。 そうすると、マコ-88 さんの収入を想定した住宅ローンの返済を含めた現在の家計は マコ-88 さんの今月末の退職により理論的には下例のようにタイトな状況になっていることが予想され、金融機関も同様の視点に立つものと思われます。 (左:退職前/右:退職後、単位:千円、ボーナス払いは考慮せず)

(収入) 500 / 350
(住宅ローン) 150 / 150
(他支出) 250 / 250
(収支) 100 /▲ 50

これに加え預貯金などの資産がなく会社で言う ''債務超過'' の状態となると、現実問題金融機関からの融資を引き出すことは困難であると同時に、(仮に借入が可能であったとしても) このような家計状態でさらに相当額の借入を重ね事業を開始することは相当のリスクを伴います。 また、所要額に対する自己資金の割合が低い点に対しても金融機関側が難色を示すことになると思われ、金融機関側も審査の材料として マコ-88 さんの家計と資産状況について情報提供を求めてくるでしょう。

また1,000万円についてですが、ご自宅の住宅ローン債務の一部の連帯保証であり、ご本人の借入ではないとは言え、このケースで金融機関の融資担当者はそういう見方をせず、むしろ ''財布は同じ「家計」という視点'' に立って審査します。

補足

そして事業を始めてもそこで上がる利益はまずは住宅ローンの返済に充てられ、''借入返済にまわらないのでは?'' と金融機関側も当然返済面で懸念を示すことになるでしょう。 他に自動車ローンなどの借入残高があったり、上例のような家計状況であればなおさらです。

現実問題、調達先としては公的機関である国民金融公庫などの公的機関からの借入れが第一候補となると思われますが、新規事業者向けの公庫融資は公的制度の持つ趣旨から、銀行などの民間金融機関に比べ審査基準はおのずと緩やかであることは確かです。 しかしだからと言って安易な借入れに依存した事業開始には慎重になるべきでしょう。

ご質問からは マコ-88 さんが始められる事業内容・計画・規模・借入額と事業とのバランス、家計の状況などをうかがうことができず、一概に借入の可能性・妥当性についてお答えすることができませんが、いずれにしても借入を考える前にまずは ''資金調達手段の再検討'' と ''家計の見直し'' をお勧めします。 例えば、ご親族からの出資(あるいは出資に近い借入)など、家計についても、もし上例のような状態になっているのであれば少なくとも事業であがる利益に頼らなくても維持できるような見直しを経た上、借入額を最小限に抑える試みがまずは必要ではないかと思います。

(上述の金融機関の目線である)「家計」レベルのお話でいくと、昨年組まれた住宅ローンの残高約 3,500万円 に事業資金(借入額) 500万円 が加算され計4.000万円の負債を負っての事業開始であることを認識し、多額の借入にはやはり慎重なスタンスに立つ必要があるものと思われます。

【関連Q&A】
''「起業にあたり融資を受けることはできる?」''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/qa/detail/991
''「融資を受ける金融機関の選択」''
http://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/qa/detail/2661

評価・お礼

マコ-88さん

早速ご丁寧なアドバイスありがとうございます。 これほど親身にお答えいただけるとは思いませんでした。 恥ずかしながら退職後まさにおっしゃるとおりの家計状態になると思います。 家計を補うために商売を始めようと思ってたのですが...甘い考えでした。 アドバイスいただいた通り、お金の工面について家計の見直しも含めて主人ともう一度考えなおそうと思います。その後またアドバイスお願いするかもしれませんがその節はどうぞよろしくお願いします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

開業予定がある場合の自宅購入について チョコットさん  2007-04-23 16:26 回答1件
個人事業主開業について ゆきんこ85さん  2013-05-21 19:47 回答1件
個人事業主開業について ゆきんこ85さん  2013-05-21 10:29 回答1件
起業に関して a-tuさん  2011-07-11 11:11 回答1件
フランチャイズで独立時の見極め方 マイルさん  2009-06-01 13:02 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)