医療保険への加入を検討しています - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

医療保険への加入を検討しています

マネー 生命保険・医療保険 2008/11/12 16:42

私は、現在35歳 独身 男性です。
将来的に結婚、マイホーム購入・・・という感じだと
思いますが、それは考えず、生涯独身でと仮定した場合
どのような保険に加入したほうがよいのでしょうか?
何をポイントに商品を選ぶのが良いのでしょうか?

できるだけ負担額はおさえたいと考えております。

梁川さん ( 東京都 / 男性 / 34歳 )

回答:6件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の考え方

2008/11/12 18:05 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

独身の方の保険の加入についてですが、まずは保険は何のために加入するかを考えましょう。
もちろん万が一のときにお金に困るから加入するのですが、そのためにどのぐらいのお金が足らないのかを検討しなくてはなりません。

通常独身の方が万が一の時にお金に困るのはひとつは入院したときがあげられます。
入院したときにいくら必要なのか考えましょう。そして、保険でどのくらいカバーしたらいいのか。現金でどのくらいを支払うのか検討です。保険ですべてをカバーするのは保険料が高くなるので難しいです。詳しくは、私のコラムをご参照ください。
保険種類としては、医療保険、がん保険、介護保険などがあります。

二つ目に考えることは亡くなったときにどのくらい必要なのか検討しましょう。基本的にはいらないですね。ただし、なくなってかかる費用があります。それは葬儀費用です。そのお金を保険でカバーするのか考えましょう。葬儀費用の平均額は東京で約300万円です。また、墓地墓石を考えるとやはり平均額は300万円ぐらいになります。(これは、土地の価格により大幅に変わってきます)
保険種類としては変額保険(終身型)がお勧めです。

独身の方はこれだけ考えれば通常は問題ないです。そして結婚して死亡保障がもっと必要になったときにプラスして掛け捨ての安い保険を加入するといいのです。

独身時代に保険種類選びと保険会社選びを間違えると結婚して全部を解約しないとならなくなりますので気をつけましょう。

医療保険を選ぶポイント1
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2050

医療保険を選ぶポイント2
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2155

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険について

2008/11/12 20:23 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です。

生涯独身でと仮定した場合でしたら、ご両親のことなどもお聞きしないといけませんが
やはりご自身のための保障を優先(医療やがん)でしょう。死亡保障に関しては
ご両親に迷惑かけないように、ご両親の平均寿命まで葬式代くらいの保障を確保されたらよいと
思います。またお金があれば保障も必要なくなるので、終身でなくてもよいと思います。
もし合理的に貯蓄と保障を兼ねた終身保険の場合は低解約型終身保険を活用されると
よいでしょう。
結婚はご縁のものですので、結婚するか独身かは確約されたものではないでしょうが、
結婚などで家族ができましたら、その分保障を増やしていけばよいと思います。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

医療保険の加入について

2008/11/13 21:38 詳細リンク

はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。
そうですね。まずは、葬儀費用程度の死亡保障と、医療保険のご検討をされてはどうでしょうか?

しかし、貯蓄があるのであれば、それも必要ないかもしれません。
保険は万が一の為のものであるので、死亡時、入院時の必要保障額を出してみてください。

入院した場合には、高額療養費制度(私のコラムをご覧ください)があるので、自己負担額には、限度があります。これを考慮に入れて、入院時の収支をだしてみましょう。

それから、1日いくらにするのか考えてみればいいと思います。
まずは、必要な保障を見極めて、それから必要な保険を検討するのがいいですね。

保険商品について、質問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

何のために加入するかを考えましょう。

2008/11/12 17:50 詳細リンク

はじめまして、梁川さん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


保険に加入する目的を考えましょう!

保険の目的は、万が一に保険に加入した人が死亡した場合に残された家族の資金的な援助です。
ですので、独身の場合は特に死亡保障は必要ないという事になりますね。

多額の保険金が出る保険に加入しても自分には返ってきません。

また保険は万が一の時に病気や怪我を治してくれるものではありませんね。

病気や怪我になった時に、病気や怪我の治療のための資金が出るものです。

極端な話では、風邪で病院に行く時には手持ちの資金から医療費を払いますね。

入院や手術などをすれば医療費は高くなりますが、手持ち資金があれば医療保険も必要ないという事になります。

しかし、現実には何かの為に多くの資金をプールしておくのは難しいですよね。

ですので、保険に加入しておくものです。

梁川さんは、現在独身ですので、医療保険に加入されておけば良いのではないでしょうか。

病気や怪我は一生不安になるものですから、終身保障の医療保険が良いと思いますよ。

また万が一に死亡した場合の葬儀代などの整理資金として、300万円程度の生命保険に加入しておくという事も考えられます。

現在は、それくらいの最低の保障を準備されておくと良いでしょうね。

本当に必要になってくるのは、守っていく家族が出来てからだと思いますよ。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/11/12 18:40 詳細リンク

梁川さん、こんにちは。フォートラストの大関です。

「どのような保険に加入すべきか」を検討する前に、
ニーズ・優先順位の整理が先になります。

ただ、「生涯独身」という仮定でしたら、
「残された遺族のため(死亡保障)」より「ご自分の経済的補填」が優先と
なりますね。

そうすると
>1.医療保障 2.介護保障 3.年金給付(老後の生活資金)
4.葬儀費を含む死後の整理資金<
という具合に整理できますね。

いずれにしてもリスクの期間は限定されませんので終身保障となります。
ここから保険種目を当てはめていきますと・・・
>1:医療保険orがん保険 2:介護保障保険(介護年金)
3:確定年金or終身年金 4:最低限度の終身保険<
となります。

2・3が内包されている終身保険もありますので、有効だと思われます。
また、3については保険に限定しなくてもいいと思われます。


私のコラムもご参照下さい。
↓↓↓

(生命保険の検討に必要な絶対的3ヵ条とは?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/22616

(商品選定の前にニーズ確認を!実例編)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31447

(理想の保険商品?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31346

(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792

(円建保険金額保証特約付新終身保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/25582

(終身介護保障保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28426

(投資信託と変額終身保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28793


以上、参考にして戴けたら幸いです。
ご不明な点は個別にお問い合わせ下さい。[ohzeki@fourtrust.co.jp


医療保険への加入を検討しています(ご回答)

2008/11/13 08:03 詳細リンク

梁川さん

こんにちは。はじめまして。
広島のFP、プロ・サポートの西村 浩樹です。
ご質問ありがとうございます。以下ご回答させていただきます。
>生涯独身でと仮定した場合どのような保険に加入したほうがよいのでしょうか?何をポイントに商品を選ぶのが良いのでしょうか?<
まず、保険を検討される際必ず考えていただきたいことは、''保険の加入目的''です。

保険の最大の加入目的は、''いざというときにお金に困らないため''です。梁川さんが生涯独身でいらっしゃる場合、やはり''病気・ケガによる入院の保障''が最も優先されるべきでしょう。

それでは、いくら保障がいるのかという疑問は以下のように考えてください。
''公的保障(健康保険)→会社の福利厚生度→貯蓄→保険''

会社勤めなら健康保険か健保組合になりますが、自己負担限度額(高額療養費)がありますし、組合なら上乗せの給付がありますので自己負担は限られます。また、貯蓄が200万円程度あればかなりの治療費も賄えます。もし、医療保険に加入するにしても最低限の保障(給付日額5千円程度)の''終身型の医療保険''でいいと思います。予算が許せば、健康保険対象外の思わぬ費用に備えて''ガン保険''もプラスしてください。

商品選択は、この市場は激戦区で良い商品が揃っていますので、信頼できる保険担当者(FP)のアドバイスを受けてください。

あとは、葬儀費用の備えとしての''終身保険''でしょうか。

以上、梁川さんのご参考になれば幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫婦の医療保険&死亡保障について はるかママさん  2008-06-16 15:58 回答7件
医療保険の入院給付金日額について ミシェル9176さん  2014-10-18 23:06 回答1件
生命保険への加入について。 coyamarley.511さん  2013-01-17 10:27 回答2件
保険での資産形成について ひろひろりんさん  2013-01-11 03:19 回答2件
長割終身と長割定期について ジュウザさん  2012-09-26 13:33 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)