インターネットとWebの違い - ITコンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ITコンサルティング

インターネットとWebの違い

法人・ビジネス ITコンサルティング 2008/11/12 13:01

俗に言う「インターネット上の〜」と「Web上の〜」って言う場合、違いはありますのでしょうか?

アッキー。さん ( 兵庫県 / 男性 / 34歳 )

回答:6件

小坂 淳 専門家

小坂 淳
ウェブ解析士マスター

2 good

正しく使われていない場合が多いですが。

2008/11/12 13:06 詳細リンク

こんにちは。環の小坂です。

ほとんどの方が同義語として使っていると思いますが、

・「Web上の〜」はウェブサイト(ホームページ)についてという意味です。
・「インターネット上の〜」はウェブ以外にもメールなどインターネット全般を指していると思います。

なので、ウェブ上のマーケティングとインターネット上のマーケティングでは
全社はウェブサイトの作り方やSEOなどを指していて、
後者はメールマーケティングなども含みます。


が、実態としてはほぼ同じ使い方をしている人が多いと思います。

回答専門家

小坂 淳
小坂 淳
(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
横田 秀珠 専門家

横田 秀珠
Webプロデューサー

2 good

インターネットの一部が、Webです

2008/11/12 13:45 詳細リンク

インターネット上でという場合は、インターネット回線を通した仕組み全てを指します。
Webサイトは勿論のこと、メールであったり、Skype(無料ネット電話)であったり
ネットを介したシステムであったり、携帯電話によるデータ通信なども含まれます。

Web上でという場合は、その中の一番初めに書いたWebサイト(ホームページ)を指します。

共通の部分もありますが、インターネットという場合は意味が広いですね。



弊社では、
インターネットを使ったリアルビジネスの仕組み作りが得意
とありますように、WEBサイトに限らないアドバイスをしていることになりますね。

回答専門家

横田 秀珠
横田 秀珠
(Webプロデューサー)
ネットビジネス研究会 代表取締役

インターネットを使ったリアルビジネスの売れる仕組み作りが得意

PCやネットの知識が豊富でもネットビジネスで成功できるとは限りません。「リアルあってのネットビジネス」というスタンスで、リアルビジネスのノウハウにまで突っ込んでアドバイスします。お客様を深く知ることが不可欠なので、当然「地元密着主義」です。

村本 睦戸 専門家

村本 睦戸
ITコンサルタント

- good

使い分けとしては・・・

2008/11/12 17:17 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。ホロデックスの村本です。

意味するところは、すでに、他の専門家の方が回答されていらっしゃる通りだと思います。

** ビジネス上の使い分けとしては、

「インターネット上」は、ホームページやブログなどにかかわらずインターネットを使うサービス全般でのお話の場合に用います。楽天などのショップモールやはたまたメールやチャットなどの使い方も含みますし、携帯電話でホームページを閲覧する場合なども含ませます。


「Web上」は、より具体的な使い方です。特に一般的な新聞では、まだ「Web」という表現を使う場合、”サーバー型のサービス”や”ホームページ”、”ホームページを使ったサービス:例えばサイボーズさんのグループウェア”などのような製品を説明や紹介する場合に用います。



世間一般では、「Web」というと何のことかまだわからない方がほとんどと考えていただいても、かまわないと思います。現場で営業する際の小話ですが、わざわざ適切ではないと承知でイメージをつかんでいただくために「ホームページ」という言葉で言い換えたりします。

ですので・・・
*** イメージとして、「インターネット上」は一般的で全般的な説明をする場合、「Web上」はより専門的・具体的な製品やサービスを説明する場合に使うとお考えいただいてOKだと思います。

評価・お礼

アッキー。さん

わかりやすい説明ありがとうございました。

回答専門家

村本 睦戸
村本 睦戸
(石川県 / ITコンサルタント)
ホロデックス 
050-5539-7874
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

集客・販促・提案できる組織の「見える化」で会社力アップ

集客・業務改善(営業・管理)の課題をITで攻めの組織づくりのご相談承ります。情報戦略と地方事情にあったひとづくりとマーケティングで業務の「見える化」をプランニングし、地場密着の会社力をアップをご支援いたします。

村本 睦戸が提供する商品・サービス

メール相談

会議やプレゼン企画書外部チェックサービス

~30代からの現場力アップシリーズ~

メール相談

行政ウケする助成金、補助金申請書チェックサービス

~30代からの現場力アップシリーズ~

目代 純平 専門家

目代 純平
ITコンサルタント

- good

一般的には同様の意味として使われているようですね。

2008/11/19 14:42 詳細リンク

こんにちは。チェックフィールド 目代でございます。

ご質問の件ですが,他の先生方がおっしゃっている通り,一般的には同じ意味として
使われていると思って問題ないと思います。

本来前者は「インターネット上全てのこと」,後者は「Web(ホームページ)上に限ったこと」として
使われるべきなのでしょうが,文脈で判断するしかないですね。

ただ,「Web」という言葉は少々専門的ですので,一般の方には伝わらない場合もあります。
その代わりに「ホームページ」という言葉がよく使われています。
この「ホームページ」という言葉は本来「Webの一番最初のページ」を指すものですが,今や
Web全体のことのように使われてしまっています。

よく弊社にお客様から「インターネットは見られるんだけどメールがつながらない!!」という
ご連絡がありますが,本来ならば「Webは見られるんだけどメールがつながらない!!」という
ことですよね。

厳密には誤用ということになるのでしょうが,これらの言葉は一般的には本来の
意味から離れて使われていることが多いようです。
もっと言えば「ハッカー」と「クラッカー」の違いもそうですね。

ご参考になれば幸いです。

回答専門家

目代 純平
目代 純平
(東京都 / ITコンサルタント)
チェックフィールド株式会社 代表取締役
03-5805-2678
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様のIT環境管理者として、IT環境全般のサポートを行います。

おかげさまで弊社は10周年を迎えました。インターネットはこの10年の間に急速に整備され、今では生活や仕事で必要不可欠なものとなっています。私たちチェックフィールドはその変遷を最初から見てきたからこそ、お客様に的確なご提案ができると考えています。

上原 正吉

上原 正吉
Webプロデューサー

- good

基本的には違いはありません

2008/11/12 13:13 詳細リンク

厳密な言葉で定義すると、違いはあるのですが、
質問であるような一般的な使用では同じ物と考えて良いでしょう。

ちなみにInterNetとは、本来社内LANなどの小さな環境も示します。
海外では、いわゆる一般的なan Internet , the Internetなど、区別して使用する場合もあります。

谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

明確な定義を持って使い分けている人は

2008/11/12 18:46 詳細リンク

あまりいないんじゃないですかね。
かく言う僕も、Web業界(笑)に15年も身を置きながら、曖昧に使ってたりします。



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



本来、”インターネット”とは、TCP/IPプロトコルによる広域網を指します。
1992年の商用利用開始以前にも、JUNETと呼ばれるネットワークがありました。
実質的には、これが今の日本のインターネットの原型です。


いつの間にか、「(インター)ネットする」というような使い方が一般的になってきてますよね。
TV、新聞といった媒体の1つとして、”Web”とか”インターネット”が用いられる場合もあります。


Webは、WWWの略称であり、”インターネット上”で提供されるサービスの1つです。
他のサービスには、電子メール、Gopher(ほとんど使われなくなりましたが)、ネットニュースがあります。
Webは、”インターネット上”で提供される最も新しいサービスです。

先の”インターネット”に関する説明同様、こちらも、本来の意味が拡大されたり、応用されたりして、アッキー。さんが言われるような混乱に至っています。

たとえば、”Webビジネス”、”Webマーケティング” といった表現での”Web”は、広義にメールやホームページを使った集客、認知促進、ブランド構築の手段/手法のようにも捉えられています。
こうした側面から捉えれば、”Web”も”インターネット”もほぼ同意語とし使われているようです。


多くの人にとって、「(インター)ネットする」ことがWebブラウザでサイトを閲覧することを指すことからもわかるように、専門職でもない限り、一般的には、”インターネット”と”Web”はほぼ重なりあっていて、広義の捉え方をする場合に、あえて、”インターネット”と表現する程度の曖昧な認識で支障はないと思いますよ。



ご参考になれば幸いです。



成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一

質問者

アッキー。さん

セカンドライフ。。。

2008/11/12 13:14 固定リンク

仮想空間セカンドライフの場合は、
「インターネット上の仮想空間、セカンドライフ。。。」

「Web上の仮想空間、セカンドライフ。。。」


どちらが、適切でしょうか?
大差はないですか?

よく聞く言葉は前者「インターネット上…」だと思いますが。

アッキー。さん (兵庫県/34歳/男性)

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

鍵配送問題の解決は?公開鍵暗号・事前の鍵交換以外で Moriya, Tomoさん  2009-06-28 00:12 回答3件
非常時を想定して、Webサイトの管理を分散させたい 専門家プロファイルさん  2009-02-12 19:21 回答6件
不況下におけるIT業界の今後 ぺんぎんはうすさん  2009-02-03 20:05 回答8件
BCMやBCPを見据えたWEBサービスの保守体制 専門家プロファイルさん  2008-08-28 10:09 回答4件
PPCマーケティング対応ツールのデモバージョン hee1207nさん  2008-08-05 15:21 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

西野 公啓

株式会社ニシノ・アイティ・オフィス

西野 公啓

(ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

田中 紳詞

株式会社Exciter

田中 紳詞

(経営コンサルタント/ITコンサルタント)