内覧とは違っている - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内覧とは違っている

住宅・不動産 不動産売買 2008/11/10 12:16

ある中古住宅の購入を考えています。その家はまだ居住中で、最初に内覧をしたときに、高級な輸入物のガスコンロと換気扇がついていることが気に入り、売主ともそのキッチンについていいですねなどの会話をしました。また、庭に果実のなる木があり、それも気に入り、売主といいですねと会話しました。
その後、購入することを決め、値段交渉も終わり、契約前にもう一度、リフォーム会社の見積もり取りを兼ねた内覧を希望しました。仲介会社からはそれはダメで、契約が済んでからにしてくださいと言われましたが、無理やり、契約前に内覧をさせてもらいました。
すると、ガスコンロははずされて跡形も無くなっていて、換気扇は安い古い物が付けられ、さらに換気扇フードには大きな穴が開いていました。売主にそのことについて尋ねると、両方とも壊れた(疑いたくなるのですが)。ガスコンロは、今、ヤフーオークションで中古の安いものを探している。引渡しまでにはガスが使えるようにする。と言われました。また、庭の木も何本か持っていく。果実がなっているものは絶対に持っていくと言われました。
内覧と違うのだけれどと、仲介会社に言うと、契約前に付帯設備について説明するつもりでしたと言われました。でも、これって、確かにガスコンロはガスコンロだけれど、最初の内覧で見たものが付いてくるのは当然ではないかと思うのです。庭木についても付帯説明に書いてあるのかどうかもわかりませんが、庭木の一本一本を付帯説明に書くわけではないでしょうし、不安です。私としては、最初に内覧で見た庭をそのまま欲しいと思っています。もしくは、最初の内覧のときに、これらは付いていませんと言ってほしかったです。今から再度値段交渉をするのも、うっとうしがられそうです。なんだか、うまく騙されたような感じで納得がいかないのですが、こういう場合、どうしたらいいのでしょうか。

Meteaさん ( 岐阜県 / 女性 / 32歳 )

回答:2件

藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

内覧とは違っているについて

2008/11/10 14:05 詳細リンク
(5.0)

Metea さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

最終的にMeteaさんがどうされたいのでしょうか?

不動産取引は、買主と売主の相対取引となります。
お互いが納得いった金額で契約するものです。

もし、ガスコンロや換気扇が付いているものとして、購入金額を決めたのでしょうから、
それが付いていないのなら、その分値引き交渉したほうがいいのではないでしょうか?

相手方にうっとおしがられるからしたくないのでしたら、それでも構わないと思います。
Meteaさんがその価格でなっとくするかしないかです。

尚、一般的な常識として、内覧する時に置いて行くものと、持っていくものをきちんと説明するべきですし、付帯設備の譲渡をお願するのも契約の一部です。

なので、もう一度、仲介会社に相談されて納得できるような形で契約することをお勧めいたします。
(その為に、高額な仲介手数料を支払っているのですから)

以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

評価・お礼

Meteaさん

有難うございました。そうですよね、結局自分で決めなくてはいけないんですよね。すっきりしないので、やっぱり仲介会社に言ってみようと思います。

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
永田 博宣

永田 博宣
ファイナンシャルプランナー

- good

内覧とは違っている

2008/11/11 14:02 詳細リンク

中古住宅の売買では、売主さんが住みながら売却活動をされているケースが多いため、付帯設備についてのトラブルが発生することがあります。買主さんは「使えるものは置いていってもらいたいし、いらないものは撤去してもらいたい」、売主さんは「使えるものはもって行きたいし、いらないものは置いていきたい」と考えることがフツウでしょう。

そこで、通常の不動産売買取引では、トラブルを防ぐために置いていくものと撤去するものを書面にした「付帯設備表」などを交わすようにしています。しかし、実際は売買契約締結の当日に説明されることも多く、「納得いかないけど仕方なく」サインをしたといった事例も少なくありません。

売主さんも買主さんも不動産取引に関してはプロではありませんから、不動産仲介会社の担当者が事前に売主さんに「置いていくもの」と「撤去するもの」を確認し、買主さんから了承を得たうえで契約条件をまとめるべきだったのでしょう。

売主さんは「撤去する前提で売却価格を決めた」、買主さんは「付いているのが前提で購入価格を決めた」ということであれば、そもそも契約条件はまとまっていません。

詳細はわからないので、騙されているのかどうかはなんともいえませんが、再度、不動産仲介会社の担当者に付帯設備の説明を受け、その条件で買うかどうかを判断する必要があるでしょう。もちろん、庭木の一本一本についても確認するべきです。それでも価格交渉をするとしたら「一度だけ。ダメなら買うのを諦める」という覚悟が必要かもしれません。

契約締結前に、この問題が発覚したことは不幸中の幸いかもしれません。納得して不安なく契約日をむかえたいですね。


【相続・不動産コンサルティング】
FP会社フリーダムリンク

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

不動産会社への不信感 についてお願いします yoyuhiriさん  2009-05-18 00:46 回答1件
重要事項説明に誤りがあり解約したいのですが おっさん60さん  2014-07-14 20:15 回答1件
中古住宅の購入に際して Hirom4976さん  2013-08-07 21:06 回答1件
個人事業主としての不動産投資 jugemuさん  2013-03-26 11:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)