二人目の子供は可能か? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

二人目の子供は可能か?

マネー 家計・ライフプラン 2008/10/26 15:51

私36歳・会社員手取り240000円/月前後
ボーナス年2回で20万円前後
(全額住宅ローンの繰り上げ返済にあてる予定)
妻38歳・在宅ワーク兼主婦 5万〜7万前後(扶養内)

住宅ローン返済 月々20737(今年の7月に購入35年
ローンで中古住宅)
生命保険 月々22736円
食費 月々60000円
住民税 17258円
電気 7000円前後
ガス 7000円前後
通信費 12000円前後
水道 2か月3000円前後
修繕積立費 月々5000円
通勤費 月10064円
ガソリン代 月12000円前後
自治会費 月々500円

現在、妻は妊娠中で来年5月には待望の子供を授かる予定なんですが、将来的に現在の家計状態で二人目の子供を作っても生活出来ますか?
あと最近食品偽装や薬物混入などの問題のため食材を国産にこだわっているため食費がギリギリなので65000円に設定しようかと思っていますが、可能でしょうか?
アドバイスをお願いします。

シリウスさん ( 埼玉県 / 男性 / 36歳 )

回答:5件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

二人目の子供

2008/10/26 20:52 詳細リンク
(4.0)

こんにちわ、FP会社FPコンサルティング:http://www.fp-con.co.jp/岡崎です。

まずはご懐妊おめでとうございます。

さらにヒアリングをさせていただき、実際にライフプランシュミレーションを立ててみないと正確な回答はできませんが、幸い住宅ローン返済負担率が低く(ローンの繰り上げ返済もできる状況)さらに奥さんが在宅ワークで収入を得ることができるのは非常に有利で、お二人目も小中学校が私立とかでなければ大丈夫と思われます。

しかし心配なことも多いでしょうから、一度、住宅ローン、教育費、貯蓄など、さまざまな想定してシュミレーション、つまりライフプランを立ててみてください。今後どのようにしていけばよいか客観的に判断できますし、安心しますよ。

参考にhttp://www.fp-con.co.jpにライフプラン表がありますので、ご覧下さい 。不明な点は問い合わせください

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計の予測と将来計画作成のお勧め

2008/10/26 22:34 詳細リンク
(4.0)

シリウス 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3.( 資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。
この式に当て嵌めますと
収入は388万円〜412万円で支出は205万円で毎年の余剰が180万円〜200万円前後あります。

従いまして、お二人目のお子様を得ても、家計は黒字を維持できるものと考えます。また、生活費の増大に対しては、繰上げ返済の延期を行うなどで余裕があります。

但し、試算は現時点のもので、将来の計画で家計は大きく変わります。
例えば、お子様の将来の進路(公立・私立)で支出額は倍近く変化しますし、育児による奥様のお仕事の増減、中古のため大規模修繕など、様々な収支の変化が予想されます。

できればこれらの可能性を含む将来計画の作成をお勧めします。

作成のツールは、将来の夢や希望をご家族のイベント例えば、出産・進学、車・住宅の修繕、レジャーや趣味などを費用とともに記載するイベント表と、
収入・支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表です。
これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。
サンプルを下記に記載しています、ご一読ください
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/list/series/7802/

なお、お子様の教育費は此方を参照ください
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894

また、住宅ローンに団信の加入が付加されていましたら、生命保険の見直しをお勧めします。若しもの際には住宅ローンは完済されますので、残されたご家族の必要保障額が減少します。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

二人目のお子さんの件

2008/10/28 13:39 詳細リンク
(4.0)

シリウス様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

家計データ、拝見しました。

ご自身のお小遣いや、ご家族のレジャー費が、まったく入っていないようですが、大丈夫でしょうか。

奥様の在宅ワーク収入は、すべて奥様のお小遣いでしょうか。

繰り上げ返済を熱心にやれば、老後は楽になるかもしれませんが、いまの生活に潤いがなくなってしまっては、本末転倒です。

返済負担率もそれほど高くはありませんし、繰り上げ返済は、バランスを考えながら実施された方が、よろしいのではないでしょうか。

本題の二人目のお子さんですが、頑張れば、大丈夫です。
頑張って、稼いでください。とにかく健康で働けることが、第一です。

それと、国の少子化は、政府にとっても深刻な問題ですので、個人的には、今後、子育て支援策が充実してくる可能性が高いと見ています。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

二人目のお子さんの件

2008/10/28 18:02 詳細リンク
(4.0)

シリウスさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『将来的に現在の家計状態で二人目の子どもを作っても生活できますか?』につきまして、始めのお子様が生まれて数年の間はオムツ代と食費もあまりかかりませんので、今の家計支出に多少のプラスを想定しておれば大丈夫だと考えます。

しかし、幼稚園や保育園に入園するようになると、途端に子ども費用を中心に家計支出が増加していきますので、今の収入で何とかなるとは申し上げることは難しくなります。

よってまず、一人目のお子様が生まれた後、幼稚園などに入園するまでの期間は家計支出の推移を見届けたうえで、つぎのお子様のことをお考えいただくことをおすすめいたします。

尚、ふたり合わせた手取り月収金額約30万円に占める住宅ローンの負担割合は7%と無理なく返済していける水準となりますので、貯蓄もし易いと考えます。

ご夫婦各々収入がありますので、毎月の貯蓄の目安は20%相当額の60,000円となります。

将来の繰り上げ返済資金やお子様が生まれた後からの育児費用など、将来のライフイベント資金に備えて今のうちからしっかりと貯めるようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)


2人目のお子さんについて

2008/10/28 16:28 詳細リンク
(4.0)

シリウスさん、はじめましてFP&マネーセラピストの鷹野えみ子です。

5月の出産、楽しみですね。

家計が不安で、二人目をあきらめていらっしゃる方がいますが、
それはとても残念です。

子育ては、大変なことですがやりがいのあることですので、個人的には
1人とは言わず、2人でも3人でもぜひ出産していただきたいと思っております。

家計を見せていただきましたが、
シリアスさんの場合は問題がないように思います。
さらに、収入が増えると、少し余裕がでてくるかもしれません。

また、保育園に入る場合は
入りたくても入れないこともあるので
今から、調べておいたほうがいいかもしれませんね。

住宅ローンも繰上げ返済をきちんと考えていらっしゃるようですので
ぜひ、頑張ってください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計の見直し・繰上げ返済について ハイハイママンさん  2008-06-13 12:11 回答4件
家計の見直し・繰上げ返済について ハイハイママンさん  2008-06-12 11:10 回答4件
家計診断お願いします ひなたぼっこさん  2008-10-13 12:40 回答4件
なにかできることはありますか? ☆ぴよぴよ☆さん  2008-02-19 16:51 回答4件
貯蓄の配分を、教えてください。 花みずきさん  2007-10-15 17:14 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)