個人事業の追加事業について - 経営コンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人事業の追加事業について

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/10/22 22:55

現在、業種は「雑貨販売」として税務署に個人事業登録しています。今度、新たに「美容院」を開業するつもりでおり、できれば、今ある個人事業内で事業部を作り、今後やっていきたいと考えています。
そこで質問ですが、

1、今やっている個人事業内の「一事業部」という位置付けであれば、新たに開業届は提出しなくてもいいのでしょうか?

2、税務署には業種追加などの届出は必要ですか?

3、新規事情拡大に向け、開業前に資格をとるため、通信による美容専門学校に通おうと考えています。この学費は今ある個人事業の経費で「研修費」として科目処理できるのでしょうか?

以上よろしくお願いします。

マリッペさん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2008/10/28 09:33 詳細リンク

*''★ 質問-1''
''今やっている個人事業内の「一事業部」という位置付けであれば、新たに開業届は提出しなくてもいいのでしょうか?''

**''▼ 回答''
''新たな開業届の提出は不要です。''


*''★ 質問-2''
''税務署には業種追加などの届出は必要ですか?''

**''▼ 回答''
''個人事業の場合、基本的にお話のような 「業種追加」 を事由に必要となる届出は特にありません((【参考】 「法人」 の場合は事業目的追加の際 「登記 」が必要))。''

【ご参考】 (1) 所得税の源泉徴収事務

ご質問の趣旨である 「業種追加」 という事由ではありませんが、例えば、従来の 「雑貨販売」 と 「美容業」 を行う事業所が別で、そこに従業員の雇用があり、それぞれ事業所単位ごとに給与支払事務 (所得税の源泉徴収事務) を行うような場合、給与支払事務所等の開設届 の提出が必要となります。 (また、納期特例((通常毎月納付しなければならない源泉徴収税の手続き負担を、従業員数10名未満の事業所については、年2回に軽減されるという特例措置))の適用を受ける場合、併せて右記書類の提出が必要です。⇒源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書)

ただ、このような場合でも、従業員の雇用がない場合や、両事業所の給与支払事務を一括で行う場合は手続きは不要です。

【ご参考】 (2) 個人事業税関連

あと、新規の事業 (美容) の拠点が従前の事業 (雑貨販売) の拠点と都道府県を異にし、事業が一定規模以上となるような場合、個人事業税の関係で何らかの対応が必要となるケースが考えられます。

このあたりの詳細については、現在の事業の拠点のある都道府県、あるいは次の質問-3回答同様、税の専門家の先生方に別途ご質問・お問い合わせください。

補足

*''★ 質問-3''
''新規事情拡大に向け、開業前に資格をとるため、通信による美容専門学校に通おうと考えています。この学費は今ある個人事業の経費で「研修費」として科目処理できるのでしょうか?''

残念ながら、直接「税」にかかわるご質問で、ここでお答えすることができません。 同質問につきましては、経営サポートの他の専門家の方からのご回答を待つか、もしくは下記税務の専門家のカテゴリーでご質問・お問い合わせをされるようお願いいたします。

''税務の専門家を探す''


お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

ご質問ありがとうございました。
今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
須藤 利究

須藤 利究
経営コンサルタント

- good

美容院について

2008/11/03 21:09 詳細リンク

若干質問から外れるかも知れませんが、今の「雑貨販売」の一事業部という考え方に

やや無理があるのではないでしょうか?

美容院を開設するには、保健所に「美容所開設届」の届け出が必要な許認可業種です。

また、消費税における事業区分も違うと思われます。また美容組合も各地にあります。

結構競争の厳しい業種で、確かな腕と接客マナーなどが問われます。

質問の主旨に沿うものではないかも知れませんが、失礼があったとしたらお許し下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

主婦への運動提供戦略 ランコミュさん  2012-06-01 10:17 回答2件
商売の集客方法の案 ランコミュさん  2012-05-23 10:11 回答3件
国民健康保険税と社会保険税 けい2さん  2014-06-17 22:59 回答1件
一人親方について 頼さん  2010-02-28 13:25 回答1件
古物商の許可証が必要ですか びはくさん  2010-01-25 20:00 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

対面相談

企業のお悩みを解決します

企業の経営と運営についての相談

森田 勝

森田 勝

(経営コンサルタント)

対面相談 法人保険のご相談
澤田 勉
(保険アドバイザー)