外貨MMFはどうでしょうか? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨MMFはどうでしょうか?

マネー 投資相談 2008/10/17 10:52

株や投資信託は買い時かもしれませんが、
とてもそんな気になれません。
円高傾向が続くようなら、外貨MMFを
積み立てようかと思います。
市場が大荒れのときに、この選択は
どうでしょうか?

おかあさんさん ( 神奈川県 / 女性 / 51歳 )

回答:6件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

外貨MMの判断材料をお答えします

2008/10/17 11:32 詳細リンク
(4.0)

おかあさん 様

ファイナンシャルプランナーの吉野充巨です

外貨MMFでの運用をお考えの由、銘柄選定の最終判断はおかあさん様ですので、判断材料をお届けします。

此処2.3.年は、政策的に円売りの状況から円安傾向でしたが、今後はわかりません。一つの指標としてビッグマック指数を御ご紹介します。

ビッグマック指数から見る、円高円安
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/31166

外貨MMFは当該通貨での元本割れリスクは、極めて低いものですが、為替リスクは外国債券他の外貨建て商品と同様です。
また、外貨MMFも投資信託ですので、外貨預金よりも、実績利回りは高くなります。

為替リスク以外の点では、通常為替手数料も安く、購入の翌日から解約が出来るなど流動性に優れています野で、長期的な保有をお考えの場合にお勧めできる商品と考えます。

外貨MMFのよさ
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/31985

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

投資に適していないのでは?

2008/10/17 13:03 詳細リンク
(4.0)

はじめまして、FPの岩川です。

為替の行き先を予測して行うのは、

「投資」ではなく、「投機」(ギャンブル)です。
上がるかも知れないけど、下がるかも知れません。

どんなプロでも、答えは出せません。

将来の経済予測に基づいて、円高か円安か判断するのでなく、
円高一方向に動いても、収益が得られるように、投資期間に余裕を持って考えましょう。

投資期間に余裕を持つということは、長期投資になりますが、
実は、外貨MMFは、長期投資にはあまり向いていません。
(上記で、↑羽田野FPがおっしゃるとおりです。)

同じリスクなら、リターンの高い手段
同じリターンなら、リスクの低い手段と絞り込みますと投資対象に残りません。

外国資産に長期投資を行う場合は、
安全資産(預金や短期債券)より、債券、株式資産ほどリスクの軽減ができます。
その理由の一つは、為替の変動を吸収するだけの収益が得られるかどうかということです。


外貨MMFや外貨預金は、
表面金利が表示され、「為替の動き」を頭で計算できるため、多くの方が投資対象にしています。しかし、投資先と為替リスクを考えると全く役に立ちません。

使い道として有効なのは、
外貨送金の受け入れ場所程度?かも知れません。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

同じ為替リスクをとるならば・・・

2008/10/17 11:25 詳細リンク
(4.0)

おかあさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

外貨MMFも投資信託の一種ですよ。
外貨MMFは高い格付けの短期債券で運用するものです。
同じ為替リスクをとるのであれば長期債券で運用するものがいいでしょうね。

また外貨MMFの場合は一国の通貨ですが複数の国債で運用したほうが分散できます。
海外各国の格付けの高い国債を中心に運用する投資信託を考えてみてはいかがでしょう?

あくまでも短期で為替差益を狙うのではなく長期運用という前提でのアドバイスです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

大荒れで判断を誤らないように

2008/10/17 12:32 詳細リンク
(4.0)

おかあさん、こんにちは。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


大荒れの時こそ、実際はチャンスも一杯あるのですが、見極めをするには多くの情報を必要とします。

逆に投資信託は、情報の入手や判断をファンドマネージャーなどが行っておりますし、情報量も私たち以上に入手できていますね。

お考えの外貨MMFは、日本のMMFと同じようにリスクの少ない商品ですが、投資信託の一種です。

先日アメリカで、元本割れをしたと大きなニュースになりました、今後は元本を保証するという事も伝えていましたね。

ですが、外貨というのは為替リスクも同時に追わなくてはなりません。
投資信託に不安を感じるのであれば、外貨の運用はもっとリスクを伴うと考えた方が良いでしょう。

現在は、1ドル=100円前後で推移していますが、先日日本の政府も景気対策案を発表していますので、景気が良くなれば、さらに円高になる可能性もあります。

為替リスクを回避するには、資産運用同様に長期の運用が必要でしょう。

こういう時こそ冷静になって運用先を長期で考えて決めましょう。

恩田 雅之

恩田 雅之
ファイナンシャルプランナー

- good

投資する期間はどのくらいですか

2008/10/17 12:44 詳細リンク
(5.0)

おかあさん さん

はじめまして、FPの恩田と申します。

現在の市場の状況は株価の乱高下もありますが、為替リスクもかなり高い状況にあると考えます。外貨建てMMFは外貨での元本割れについてはかなりリスクを抑えた商品ですが、為替変動リスクは他の外貨建て商品と変わりません。

サブプライムローンの問題が長引けば為替も不安定な状況が続くと思います、短期での運用で考えるとリスクは高くなるでしょう。

また、10年ぐらいの長期で考えるなら投資信託の方が高い利回りを期待できると思います。

投資する期間を明確にして投資商品を選択することをお勧めします。

評価・お礼

おかあさんさん

ありがとうございました。
実は、最初はそういう結論を出していたのです。
が、この大恐慌でパニックになって、あれこれ迷ってしまいました。とりあえず落ち着いてみることにします。

質問者

おかあさんさん

投資期間

2008/10/17 13:29 固定リンク

現在、月10万円ほどの家賃収入があり(不安定ですが)、それを運用して、10年足らずで迎える定年に備えたいと思っています。持ち家があるので、この先、大きな支出はなさそうですが、収益が上がったら、車を買い替えたり、旅行をしたりしたいと思っています。

おかあさんさん (神奈川県/51歳/女性)


為替相場も大荒れです

2008/10/17 14:44 詳細リンク

おかあさん様 バームスコーポレーションの杉山です。

残念ながら為替市場も大荒れです。昨日の、外国のニュースを参照すると、

Volatility implied by one-month dollar-yen options fell to 20.30 percent from 23.22 percent yesterday ...(Bloomberg)
1ヶ月ものの円-ドルオプションから逆算されたリスクは20.3%であり、昨日の22%よりは低下したが・・・

そう、リスクは円ードル為替でさえ20%のリスクがあるのです。ちなみに、私たちが日本の株式や株式のリスクを予想するときも大体リスクは20%と仮定します。

そう、為替のリスクは株式のリスクに勝るとも劣らないほど高いものなのです。もちろん、円-ドル為替であるからこの程度のリスクなのであり、これが円-南アフリカランド、円-ブラジルレアルなどになるとさらにリスクは急上昇します。

外貨MMFというのは、ほとんど為替に投資するのと同じ意味です。

ご指摘の円高ですが、これも円が評価されて高くなっているのではなく、他の通貨が下がるためにその反作用として円高になっているだけです。為替相場の先を読んで利益を上げるのは非常に難しいといえるでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外貨MMFについて crispy nutsさん  2010-10-29 17:34 回答1件
投資信託の見直しで悩んでいます 阪神優勝さん  2008-09-23 12:18 回答4件
投資信託を始めたいのですが induskanさん  2007-12-09 00:42 回答7件
安定的運用 susanさん  2016-12-02 01:03 回答2件
投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 投資信託「最適診断」
荒川 雄一
(投資アドバイザー)