貯蓄と保険の区分けは - 教育資金・教育ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:教育資金・教育ローン

貯蓄と保険の区分けは

マネー 教育資金・教育ローン 2007/03/15 19:41

最近主人から「これまでより収入が随分減るよ。保険とか見直ししないと」といわれました。そこでインターネット等で家計のバランスを調べたりしていて、ふと疑問に思ったのですが、子供の学資保険は"保険"に入るのかそれとも"貯蓄"に入るのかが分かりません。どちらも家計の10%程度?ですか

strmamaさん ( 岡山県 / 女性 / 30歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

この機会にライフ・プラン作成をお勧めします

2007/03/15 22:57 詳細リンク

strmama様、初めまして、ファイナンシャルプランナーの吉野充巨です。
学資保険は、ご主人に万が一有った場合、その後の支払いをせずに済む、保険と考えたほうがよさそうです。貯蓄と考えると運用益が有りません。満期までの保険料−満期返戻金の差額で上記安心を手当てしています。

貯蓄と保険の割合ですが、何%が適当かは、個々の家庭で異なります。strmama様のライフ・プランにより、必要な補償額、目的に応じた貯蓄額が決まります。この機会を捉え、一度イベント表とキャッシュフロー表を作成されては如何でしょう。どちらも私のHPに掲載しているのでご参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

ただ、貯蓄はいざとなれば何にでも使える資金です。
一方、保険は限定された事故の際に補償されるものですので、貯蓄を優先することをお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山本 俊成

山本 俊成
ファイナンシャルプランナー

- good

保険でもあり、貯蓄でもあります

2007/03/15 20:24 詳細リンク

strmama様、はじめまして。
FPの山本俊成と申します。

*保険か貯蓄かについて
学資保険は基本的には養老保険の類に入りますので、保険機能も貯蓄機能もあります。ただ、保険機能を重視して加入される方が少ないことから、どちらかといえば貯蓄に近いと思います。お子様の大事な学資資金ですので、大切に取っておいたほうがいいと思います。

*家計の何%程度かについて
家計の何%程度の比率がいいかはライフプランによって変わってきますので、一概に何%がいいとは断言できません。まずは今後のライフプランを検討することをお勧めします。

*保険料を安くするには
保険の内容がわからないので一般論で述べますが、まずは今後のライフプランを検討し、最低限どれくらいの保障があればいいかを算出する必要があります。
どれくらいの額が妥当かわかったら、今度はその保障内容ををなるべく保険料が安い保険会社の商品で設計することによって、保険料を安く抑えることが可能です。
見直す際は今加入している保険のうち、''いいものは残し、改善できるものを改善する''といったスタンスで見直しをご検討下さい。

大変だと思いますが、頑張ってください。


基本的には兼ねる商品はお勧めしません

2007/03/15 21:45 詳細リンク

strmamaさん、はじめまして、小出と申します。
生命保険は被保険者の死後、家族の生活を保障する
ためのものです。
学資保険に代表されるように、保険と貯蓄を兼ねるみたいな話はよくありますが、
そこまで都合よくはありません。
生命保険は死後の保障、貯蓄(または資産運用)は
別なものと考えるべきだと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

大学費用に悩んでいます。 風かおるさん  2009-04-23 23:37 回答3件
教育資金の貯め方・その他についてお尋ねします。 kanachaさん  2008-08-04 16:24 回答9件
子供の教育費の貯め方 はっぴーさん  2008-06-30 02:51 回答8件
学資保険としてのつづけとく終身保険 おしゃぼんにゅさん  2013-07-28 13:58 回答1件
保険へ加入 マナママさん  2009-02-25 16:27 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)