投資信託このままおいておくべきでしょうか? - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資信託このままおいておくべきでしょうか?

マネー 投資相談 2008/10/12 14:54

去年の夏、HSBCインドオープン、PCAアジアオセアニアを購入し、現在の評価額が当時の半分近くにまで下がってしまいました。余裕資金ですので何年、何十年も
長期的においておいてもといいと思ってはいるのですが、ハリスクな商品で、なにぶん素人ですのでとても不安です。専門家の方のご意見をお伺いできれば幸いです。宜しくお願いいたします。

アップルさんさん ( 岡山県 / 女性 / 38歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

現況への考え方と低コスト商品の乗り換えのお勧め

2008/10/12 22:24 詳細リンク
(5.0)

アップルさん様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

保有されている銘柄は、新興国の株式を対象とする商品ですので、ご認識の通りハイリスクな商品です。また、ハイコスト(信託報酬が高い)商品ですから、長期的には低コストで市場全体を対象とする商品への乗換えをお勧めします。
現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、インデックス・ファンドをなるべく安く購入して、長期間保有し続けることとされています。

例えば、インドの発展を応援するのであれば、インド市場を対象とする株価指数に連動するETF(上場投信)や日本を除くアジア・オセアニアの発展を見込まれていらっしゃる場合には、当該諸国の株価指数に連動するETFがあります。

宜しければ、私のHPにリストを掲載しています。参照ください。
http://www.officemyfp.com/ETF-6.htm

なお、現況は世界同時株安・不動産価格の大暴落と為替の変動等々でリスク(変動率、価格の振れ幅)が急上昇しています。私は、このようなパニック時には、事態が収まり多少安定するまで動かないことで乗り切る「やせ我慢」を決め込んでいます。
従いまして上記の組み換えは多少落ち着いてからお考えになられるようお勧めします。

☆参考として
確かに100年に1度の暴落とは思いますが、過去にも金融危機はブラックマンデー、ITバブル、アジア通貨危機、LTMの崩壊、911ショックなど度々発生しています。そして、期間は別としてその都度立ち直り、長期的には上昇してきました。市場価格の暴落は極めて短期間に起きますが、価格の急騰もやはり短期間で発生します。それらが何時発生するかは判らないため、市場に留まること重要と考えています。

評価・お礼

アップルさんさん

相談に乗って頂き、ありがとうございました。
今回の暴落によって、たくさん学ぶべきことがありました。アドバイス頂いたように今すぐに慌てて動かず、もう少し安定するまで様子をみようと思います。確かに過去にも色々な大きな金融危機が発生していますが、その都度また上昇しています。私自身もパニックにならないよう慎重に様子をみます。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

運用報告書を一読してみてください。

2008/10/12 23:23 詳細リンク
(5.0)

アップルさん様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

去年の夏に購入した投資信託の評価額が、当時の半分近くまで下がってしまったとのこと。

すでにご自身の中で、答えは出ているようですが、余裕資金で、何年、何十年も寝かせておけるのでしたら、わざわざ暴落しているこの時期に手放すことはないのではないでしょうか。

評価が半分になっても、あくまで、それは、含み損です。
売却や解約をするまでは、損失は、確定しません。

本当は、はじめから評価額が下がることも想定して、リスク(振れ幅)とリターンの関係を計算した上で、運用方針を作成し、スタートすべきでした。

万能の金融商品は、どこにもありません。

収入や資産の詳しい状況が分からないので、アドバイスが難しいのですが、必要以上のリスクを取るべきでは、なかったかもしれません。

長期で寝かせておけば、いずれは、ある程度まで回復する可能性が高いとは思いますが、投資・運用の世界の話ですので、絶対は、ありません。

とりあえず、運用会社が作成している直近の「運用報告書」を読めば、大抵の場合は、安心材料が書いてありますので、一読してみてください。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

評価・お礼

アップルさんさん

相談に乗ってくださりありがとうございます。アドバイス頂いたように運用報告書を読んでみようと思います。素人考えで購入し、本当にご指摘のとおりだと思います。今は慎重に様子をみながら
とりあえず手放さずにおいておいた方がいいのかなと考えています。お忙しい中、ありがとうございました。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

地域が偏っているようですね。

2008/10/12 17:52 詳細リンク
(4.0)

アップルさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

地域が偏っているようですが、そのほかの投資はされていないのでしょうか?
運用の基本は長期分散投資です。

債券や株式といった対象の分散
地域や通貨の分散、
一度に買わずに、コツコツと積み立てるといった時間の分散

この3つを心がけましょう。
ほかに資金があるようですと、地域を広く
株式だけでなく、債券型も入れましょう。

資金がなければ一部をそちらへ回すといいでしょう。
基本をしっかりと押さえた上で運用すると下げの場面も耐えられますよ。

質問者

アップルさんさん

ありがとうございます。

2008/10/12 21:22 固定リンク

他に日経225ノーロードオープンを購入しています。少しだけですが・・。
長期投資でもう少し様子をみてみようかと思います。ありがとうございました。

アップルさんさん (岡山県/38歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託の保有について教えてください clover130さん  2008-10-23 23:24 回答4件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
投資信託 おコメさん  2010-02-08 13:15 回答4件
投資信託どうしたらいいですか? コアラのマーチさん  2008-10-12 12:03 回答4件
資産の運用について bananaman1009さん  2013-04-12 19:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)