投資信託について - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資信託について

マネー 投資相談 2008/10/09 14:39

子供の教育費用を目的とした(15年後位に使用)外国債券(年1回決算)の投資信託を毎月1万円で始めようとしていたのですが、この大波乱の経済状況の中で始めて良いものなのでしょうか?もう少し落ち着くまで見送った方が良いでしょうか?

orinpriさん ( 神奈川県 / 女性 / 35歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

購入タイミングとリスクリターンについて

2008/10/09 15:23 詳細リンク

orinpri 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

外国債券を対象とする投資信託をお考えの由、下記のリスクとリターンを踏まえてご検討されるようお勧めします。

外国債券を対象とする投資信託は、国内債券を対象とするものと比べ、リスクが大変高いもの(特に為替変動リスクが高い)ものとご認識下さい、

1970年1月から2007年12月までの456月次のデータでは、国内債券のリターンは6.3%で標準偏差は3.8%、一方、外国債券のリターンは3.8%で、標準偏差は10.5%でした。
現況での日本債券のリターンが低いので、今後の期待リターンは6.3%ではなく1.5%程度(企業年金連合会の公表リターン)となりますが、リスクの大きさについてご認識下さい。

但し、毎月積立での購入になりますので時間の分散が効き、ドルコスト平均法の効果も得られます。

従いまして、現時点での購入で宜しいのではないかと考えます。
なお、現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、インデックス・ファンドをなるべく安く購入して、長期間保有し続けることとされています。対象とする投信はインデックスファンドをお勧めします。

但し、上記リスクを考慮のうえ、一定金額が形成できましたら、他の資産クラスを対象とする投資信託での積立を行うなど分散をおはかり下さい。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

たしかに不安でしょうが・・・

2008/10/09 17:50 詳細リンク

はじめまして、orinpriさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


これから始められるのであれば銘柄選定も重要な事になると思います。
また、債券型を積み立てされるのは良いですが、分散投資をされた方が良いでしょうから、2万円で債券と株式で積み立てを考えられてはいかがでしょう。

この先は、どうなるか分からない状態ですが、以前日本で起こった事が世界で起こっているようにも見えますね。

また日本では10年もの歳月が掛かりましたが、今回の問題は、1年強の短い期間で政府も動き政策を出していますし、世界の各国が協調して問題収縮に全力を尽くしています。

まだ下がる可能性もありますが、下がっている時は不安でもありますがチャンスでもありますね。

これまで不安で投資信託を手放した方の多くは、個人で資産管理をされていた方が多いと思われます。


しかしこういった状況でもきちんと管理できるように専門家と付き合われるのも良いと思いますよ。

前田 紳詞

前田 紳詞
ファイナンシャルプランナー

- good

今からでもあと少し待ってからでも大丈夫

2008/10/10 15:49 詳細リンク

orinpriさま

こんにちは、FP診断サービスの前田の前田です。

現在の混乱状況下で投資をご検討ということですが、

今、考えていらっしゃる毎月積立方式は今のような状況下では ”リスク分散” と ”安値買い” という意味から効果的です。

ただし、今、しばらくは経済の混乱状況が続きますので投資金額がマイナスを続けることは覚悟する必要があるでしょう。

投資の基本は

**安い値段で投資すること

です。

今はこれが可能な時期になっています。過去の経験では景気が悪くなって復活するには1年から10年かかっています。

orinpri様は15年先を考えての投資であるため、その時には安く購入したことで長期的には大きな成果を生む可能性が高いのではないかと思います。

注意点としては将来のことは分からないため、投資先も地域を分散して債券だけでなく、株式や商品などの分散してリスクを減らすことを検討されることをお勧めします。
こういったものがセットになったコストの安い投資信託の積立もありますのでそういったものを検討されるとよいでしょう。

参考にコチラもお一読いただければと思います。
http://profile.allabout.co.jp/pf/fp-maeda/column/detail/38404


ご質問、ご相談とかあればいつでもお気軽にメールしてください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投信を考えています yanchanchan2さん  2010-10-15 11:00 回答1件
外国債券 モモンガあゆさん  2008-10-10 12:38 回答3件
インデックス投信とETFの違いについて gonyamaさん  2007-06-23 02:25 回答3件
毎月積立で投信信託を始めたいです やすしさんさん  2016-05-16 21:49 回答1件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)