住宅購入時期について - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅購入時期について

住宅・不動産 不動産売買 2008/10/04 10:46

私28歳年収500万円、妻28歳年収430万円、貯蓄は900万円あります。妻は現在妊娠しており、来年3月に第一子が生まれる予定です。
新築戸建を検討しており、今年初めに気に入った物件があったのですが、高根の花であきらめていました。しかし、売れないためか業者が値下げを打出し5100万円になりました。現在は賃貸で、子育てはもっと広い場所でとの妻の意向もあり、両親に購入の旨伝えましたが、両方の両親から今後もっと下がるから止めた方がいいといわれました。
最終的には自分たちで決めていいと言われましたが、購入時期について不安がありご相談させていただきました。
1、妻は出産後1年後に復帰する予定ですが、今ほどは働けないです。こんな状況で変動金利、毎月11万ボーナス20万払いは大丈夫でしょうか?
2、今後地価はそこまで大幅に下がるのでしょうか。現在検討中の場所は、昔からの高級住宅地でそこまでいかないと思うのですが。また、消費税増税、家賃支払分と相殺する範囲内の地価下落であれば問題ないのでは?底値で住宅購入最終的に結果論では?と思っています。
ながながと申し訳ございませんがよろしくお願いします。

きんきんさん ( 兵庫県 / 男性 / 28歳 )

回答:2件

寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

住宅購入の時期

2008/10/04 14:47 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申します。宜しくお願いします。

ご質問の件ですが、ローンの返済期間を最長35年と考えると、定年あたりで完済することが1つも目安になります。
したがって、ご自身の年齢的なことを考えるといい感じではと思います。


で、ローンの借り方ですが、変動金利は金利上昇になってしまうと、毎回の返済では元金が減らず利息ばかり返済する可能性を秘めています。
ですから、できるだけ変動では考えないことをお勧めします。

短期間で返済し、しかも小額の借入であれば変動金利はいいと思いますが・・・


次に借入額ですが、夫婦共稼ぎでの返済計画で最初からスタートすると、奥様の収入が確実に継続されることが前提になります。
どうしても子育て時期は難しいのが現実ですから、できることならばご主人の収入で返済可能な借入額で計画されるべきかと思います。

現在、年返済額が172万円となるようですが、変動金利での返済額でも結構な金額です。年収からではなく、手取り額から計算するとどうでしょうか?



また、土地の価格に関しては下落傾向にありますが、今後さらに下がるかはわかりません。
人気のある地域は昔から下がらないので、そうした地域なのかにもよります。
購入希望地の路線価や地価公示、固定資産税評価額などの数値から、妥当な金額かどうか判断して見て下さい。


こうしたことから、計画に無理がないか点検して購入を決断されることと思います。


以上、ご参考になれば幸いです。

詳しい説明が必要でしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。


***住まいづくりを中立的立場でサポート!! 詳しくはこちら


*不動産購入&住宅建築サポート受付中! 詳しくはこちら

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

住宅購入時期について

2008/10/04 18:55 詳細リンク

きんきん さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
住宅の購入はこれから迎える楽しい生活に対する希望のほかに、住宅ローンの返済に対する不安がどうしてもついてきてしまいます。
ご質問いただきました件ですが、詳しい月々の収支を把握できていないので具体的なアドバイスはできませんが、

「1、妻は出産後・・・大丈夫でしょうか?」
については、よく毎月の住宅ローン返済額は収入の何%以内にしましょうというアドバイスをされる方や書籍などを見かけますが、これは、何の根拠もない数字です。また、金利が上昇局面なので変動金利は避けた方がよいという意見も同様です。
例えば、生きがいの趣味にお金をかけていらしたり、逆に貯金が趣味でお金を全く使わなかったりしたら、月々の住宅ローンの返済に掛けれるお金や返済計画も変わってきます。
なので、まずはこれからの日常の生活や、お子さまにかける教育費、セカンドライフなど、その新居で思い描いているライフプランを確認し、必要となるお金を把握するようにしてください。

「2、今後地価は・・・と思っています。」
については、土地の価格がどうなるかはわかりません、ご了承ください。

繰り返しになりますが、その住宅を購入することによって得られる生活(日々の生活、お子さまの成長・教育方針、リタイア後の第2の人生など、、、、)がどのようなものなのかをイメージをして、その生活を得るために、いくらなら支払っていけるのか。また、いくら支払ってまで、その生活を実現したいのかが重要となってきます。


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンとその後のライフプランについて れおん05さん  2013-09-15 05:02 回答1件
マンション購入について ケロケロニャンさん  2013-05-28 23:16 回答1件
結婚と同時に住宅購入 youyoumaさん  2012-10-16 13:00 回答2件
建売住宅の売却・賃貸について marrinさん  2011-06-25 23:34 回答1件
予算は合っていますでしょうか? syozarnさん  2006-08-10 11:57 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)