海外でペットを飼うことに関して - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

海外でペットを飼うことに関して

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2007/03/14 11:35

近い将来、アメリカへ転勤になる予定があるのですが、現在、室内犬(小型犬)2匹を飼っているのですが、海外へ連れていくにあたって、気をつけなければいけない点を教えてください。
届出はどうするのかとか、向こうの医療費が高いとか。
それによっては、知人へお願いしようかと思っております。
宜しくお願い致します。

じいなさん ( 神奈川県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件


アメリカに持って行くには

2007/03/15 13:20 詳細リンク

アメリカにワンちゃん達を連れて行くことは最近は、左程難しくはありません。一番問題になるのは狂犬病の事です。アメリカの検疫官も日本で狂犬病の発生がないことをよく承知されていますから、ドキュメントがしっかり記録されていればスムースに入国できます。マイクロチップが入っていれば、よりスムーズに出入国できます。出発日に早めに成田の検疫事務所に出向き、動物病院で作成してもらった英文の健康診断書を提出します。検疫官がワンちゃんを診断後、その健康診断書に署名捺印をしてくれますと公文書になりますので、それをアメリカの検疫官に渡すという事になります。健康診断書には、狂犬病ワクチンの履歴、混合ワクチンの履歴が必要です(ワクチンの種類、製造会社名、製造番号)。狂犬病ワクチンは入国の一年以内、一ヶ月以上前の接種と決められていたように思いますが、一度アメリカ大使館に問い合わせてください。日本語で対応していただけます。渋谷区からはアメリカに犬を連れて入国する人が度々いらっしゃいますが、10年位前、ハワイ州に猫を持っていきたいいう方がいらっしゃいましたが、とても厳しく、結局、あきらめられて親戚に預かってもらうことになった問い事がありました。また、これも数年ですが、日本支社からアメリカ本社に帰国されるアメリカ人の方の場合、犬の血清をアメリカの大学に保冷して送って、その犬の狂犬病ウィルス抗体を測定してもらって、その大学から送られてきたマイクロチップを埋め込んでから入国となったこともあります。
アンリカにもペット保険があります。大手ではPETS BESTと言うのがあります。またLAでは日本語の通じる動物病院もあります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

大型犬 骨肉腫 予防接種 しゃぼんだまさん  2010-11-21 07:24 回答1件
13歳愛犬の吠えが酷い ぽぽぽんたさん  2016-01-08 14:28 回答1件
肉芽腫性髄膜脳炎について beni0213さん  2012-06-14 12:22 回答1件
ペットのストレスについて。 kmkさん  2008-07-24 04:34 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)