公的年金と私的年金の特徴を教えてください - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

公的年金と私的年金の特徴を教えてください

マネー 年金・社会保険 2006/02/15 13:46

公的年金と私的年金の違いはなんですか?私的年金は、どういった場合に加入したらよいのでしょうか。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:1件


公的年金と私的年金の最大の違い

2006/02/15 14:07 詳細リンク

こんにちは。お問い合わせありがとうございます。
公的年金と私的年金の最大の違いは、公的年金は強制加入、私的年金は任意加入ということでしょう。
「強制加入」とは、法律で決まっている要件を満たせば当然加入しなければならない、という意味です。
国民年金の場合、日本に住んでいる20歳〜60歳までの自営業者さんなどは強制加入です。
私的年金にどういう場合に入った方がいいかについてはいろいろな考え方があると思います。まず、すでに報道等でご存知かと思いますが、これからは若い世代の方ほど年金額が低く抑えられ、公的年金だけでは老後の生活費を賄えない可能性がありますので、その不足を補うという目的が考えられます。また、年金の支給開始は原則65歳ですが、現在の定年は60歳というところが多く、公的年金が支給されるまでの「つなぎ」として私的年金を利用することもできます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

共働きだと、年金分割でもらえる額は少ない? 専門家プロファイルさん  2007-04-05 02:09 回答2件
年金分割とは?どのくらいもらえるの? 専門家プロファイルさん  2007-04-05 02:03 回答2件
短時間労働でも社会保険は適用される? 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
年金にも税金がかかるの? 専門家プロファイルさん  2006-02-15 13:46 回答1件
国民年金はいつからもらえるの? 専門家プロファイルさん  2006-02-15 13:46 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

お気軽!無料メール相談

気軽にお金のプロに相談をしてみよう!

田中 佑輝

アルファ・ファイナンシャルプランナーズ

田中 佑輝

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

非上場株式売却の節税相談

上場株式だけでなく、非上場株式にも節税方法はあります

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)