お金の運用の仕方 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お金の運用の仕方

マネー お金と資産の運用 2008/09/17 08:38

昨年一年間は今年一人暮らしをする為に、実家に住み貯金をしていました(約100万円)。
今年になり、両親は定年で田舎に帰り、独り暮らしを開始し、そのために家賃、家電、その他諸々を75万円程使いました。
今年になり、毎月6万円の貯金とボーナス(全額ではないですが)を含め、年内に100万円以上は貯まりそうです。
「毎月6万円貯める」には理由は無いですが、毎月そのくらいの余力があります。
今は「6万円×12ヶ月+ボーナス(約40万円)」を貯金するのみですが、
お金を増やす方法としてアドバイスをいただけたらと思います。
宜しくお願い致します。

okyuさん ( 東京都 / 女性 / 27歳 )

回答:5件

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

最初にきちんとプランを創ることをおすすめします

2008/09/17 11:38 詳細リンク

okyuさんはじめまして。
大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できるFP
の照井博美と申します。


計画的に資金を貯めて、1人暮らしを始められたのですね、
おめでとうございます。
1人暮らしをが始まり、今はいろいろな発見があって
楽しい時期なのではないでしょうか?


そんななかでも毎月6万円の貯金とボーナスで、年間112万円程度
の貯蓄を計画的にお考えとのこと、素晴らしいですね。
私の20代の頃とは大違いです、感心いたします。


okyuさんは、これからの30代・40代とどんな風に
過ごしていかれたいのでしょうか?


その希望を叶えるためには、これからどんなことにお金を使い、
いくらくらい準備していけばそれが実現できそうなのでしょうか?


まずそれをシミュレーションしてみましょう。
お金は増やすためにあるのではなく、okyuさんの思い描く
人生を送るための道具です。


それが見えてきたら、お金を増やすためのokyuさんに合った方法が
見つかりやすくなります。


資産形成を考えたときのokyuさんの一番の強みは「時間」です。
目標とする金額を準備する「時間」が長ければ長いほど、
資産形成をするには、この上ない強みとなります。


仮にokyuさんの希望を叶えるために必要な目標リターンが
3%だとしたら、年間112万円を毎年積立ながら、
3.0%で20年運用できると約3千万円になります。


できれば、リターンの向上だけでなく、リスクを軽減することや
インフレに負けないことにも等しく配慮できて、信頼できる
パートナーを得て、きちんとプランを創り、ご自身もしっかりと
理解をしたうえで資産形成を始められることができれば、
しっかりしたお考えをお持ちのokyuさんなら
きっと実現できると思いますよ。


okyuさんのご幸運をお祈りいたします。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
(岐阜県 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスシノワ 
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

ザックリとでも目標をたてましょう。

2008/09/17 12:36 詳細リンク

はじめまして、okyuさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


無理なく積み立てをする為に少しはすぐに引き出せるところへも預けながら積み立てされると良いでしょうね。

まず思いつくのは財形貯蓄だと思います。
これはお勤めの会社に制度があれば利用できますので、確認されると良いでしょうね。

流動性の高い金融商品で、何かあった時の為の資金をプールしながら、半年以上使わないような資金は、どのくらいの期間運用できるのか目標を立てて運用されると良いでしょうね。

この場合も、10年以上運用する資金と10年以内で使用目的がある資金を考えると良いでしょうね。

10年以上運用できる資金の運用先としては、積み立てで運用する事でドルコスト平均法でリスクを軽減できるので投資信託などで運用されてはいかがでしょうか。

上記の流動性も考えて、6万円のうち4万円から5万円を1万円ずつ4〜5銘柄のファンドで積立運用されると良いでしょう。

ボーナスは、毎月同額で積み立て運用していても、ファンド毎に運用実績が変わってきますので、リバランス資金や債券型投資信託の購入などに回されても良いでしょうね。

運用先も重要ですが、目的や目標も決めておく事も重要ですので、一度目的や目標を確認されてから運用先を考えてみましょう。

吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

毎月積み立ての分散投資をお勧めします。

2008/09/17 18:30 詳細リンク

okyu 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

毎月一定額の貯蓄が見込める場合、私は毎月積立で分散投資を図ることをお勧めします。

様々な実証研究によれば資産運用の成果の91%は資産配分によって決まると報告されています。

従いまして私は、定期預金(ネットバンクが金利が高めでお勧めです)、日本債券、日本株式、外国債券、外国株式という5資産クラスへの分散投資をお勧めします。
定期預金は流動性資産、日本債券は確実性資産、他は収益性資産にあたります。

例えば、5資産に均等配分では、期待リターンは3.5%、リスクは8.0%になり、年間の運用が68%の確率で-4.5%〜+11.5%の範囲になります。最悪ケースでも-12.5%に収まります。

リスクを抑えるには定期預金と日本国債の比率を上げ、収益を求めるには日本株式と外国株式への配分を高めることでコントロールします。

私のHPに資産配分検討表とともに、年金を運用している、国民年金基金連合会(均等配分型)、企業年金連合会(株式重点型)、年金積立金管理・運用(独行法)(日本債券型)の資産配分、各資産別の期待リターン(収益率)を掲載しています。参考のためご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

また、現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、インデックス・ファンドをなるべく安く購入して、長期間保有し続けることとされています。

上記でお決めになられた、資産配分の方針に基づき、毎月積み立てとボーナス時の買い増しで、定期預金を除く4資産を対象とする夫々のインデックス・ファンドの購入をお勧めします。
毎月6万円との事ですので、定期預金に2万円をいれ他は1万円の配分をお勧めします。

私のHPにインデックス・ファンドを掲載しています。参照下さい。

http://www.officemyfp.com/toushishintaku-7.html

恩田 雅之

恩田 雅之
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄を3つに分けて考えましょう

2008/09/18 11:16 詳細リンク

okyu さん

こんにちは、FPの恩田と申します。

貯蓄を3つの種類に分けて考えましょう。

1つ目が万が一のための生活費(3ヶ月〜6か月分)を確保しておきましょう。この資金は、すぐに引き出しができるよう普通預金や証券会社のMRF、MMFを活用します。

2つ目は5年以内使う予定がある資金になります。これは、定期預金や償還期間の短い国債などを活用します。

3つ目が10年以内に使う予定がない資金になります。この資金をお金を増やす運用に回します。
最初のうちは、この資金の中の何割かを運用に回します。残りは安全な定期預金や国債などを活用します。
運用は、毎月同じ金額を同じ投資商品に投資する「ドルコスト平均法」を活用されるとよろしいでしょう。

好利回りでお金を増やすには元本割れにリスクが伴います、それを軽減するために分散効果の高い投資信託で運用を検討されてはいかがですか。

また、投資に慣れるためには上がる原因、下がる原因がわかりやすい投資対象に投資をする商品を選ぶことをお勧めします。

日経平均やTOPIXに連動するようなインデックスタイプのものを検討されるのもよろしいかと思います。

お金を増やす運用をするには勉強が必要です、がんばってください。

ご不明な点がありましたらご質問ください。

オンダFP事務所 恩田雅之


退屈だけど着実に資産を築く王道の方法とは

2008/09/18 08:41 詳細リンク

okyuさん、はじめまして。
''オールアバウトフィナンシャルサービス登録IFAの田口智隆 ''です。

毎月6万円を貯金できるokyuさんは、しっかりと貯蓄体質が身について
いらっしゃいます。
また、この時期に運用をスタートしようとするokyuさんはとっても賢い
投資家です。

そんな賢い投資家okyuさんにおすすめの運用方法は、ズバリ、、、
低コストの投資信託を毎月一定額で積み立てをするスタイルです。

積み立て・・というと退屈でつまらないと思われるかもしれませんが
資産を着実に築く王道の方法です。

しかし、投資信託をしっかりと見極める必要があります。
投資信託なら何でも良いという訳にはいきません。

今、日本では約3000本の投資信託が販売をされていますが、
本当に''投資家の利益''を考えて運用をしているものは、残念なことですが
ほとんどありません。ほとんどは''販売者の利益''が優先されています。

そんな中、投資家の利益を最優先に販売手数料ゼロ、信託報酬1%以下
という低コストで国際分散投資ができる''投信 ''があります。
私自身も実際に毎月定額購入をしている投資信託で、両親や兄弟にも
自信を持ってオススメしている数少ない投資信託です。

資料請求は''コチラ ''からできます。
ぜひこの機会に資料請求していただき、ご自身の目で確かめてみてください。

私からのアドバイスがokyuさんに少しでもお役に立てると嬉しいです。
ご不明な点や心配なことがございました、気軽に声をかけてくださいね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

お金と資産運用・投資 なやみますよさん  2016-08-03 14:43 回答2件
家計のやりくりのための資産運用 ぴぐもんさん  2015-04-21 17:08 回答3件
29歳女性 留学と資産運用について k8277さん  2007-12-04 13:04 回答6件
老後にむけ資産運用方法 こたろうのハハさん  2009-03-03 11:42 回答4件
今あるお金2000万くらい、何にしておけば? 普通の会社員さん  2008-09-03 02:08 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)