家計診断と、住宅購入可能かどうか診断してください。 - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

家計診断と、住宅購入可能かどうか診断してください。

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/09/09 12:37

主人 40歳 年収1300万円
妻(私)30歳 専業主婦
第一子 7歳 私立小学校
第二子 3歳

居住費 11万
食費 約4万
外食 約2.5万
光熱費 1.7万
ガソリン代 1.8万
教育費 7.3万
雑費 約5万
保険料 主人 54万(年払い)
妻 2.1万(月払い)
子 0.4万(2人分 月払い)
現在、月に25万から30万位の貯金をしております。
最近家計簿をつけ始め、だいぶ無駄遣いを認識し始めましたが、まだまだ削れるのではと思っておりますが、どのあたりを見直したほうがよいのか、プロの方にお聞きしたいと思いご相談させていただきました。

また、近々住宅を購入したいと思っており、約9000万のローンを組みたいと思っておりますが、月々の返済に無理が生じてくるでしょうか?
ローン返済と同時に子供の進学のための資金も貯蓄したいと思っております。
診断よろしくお願いいたします。

ウンベラータさん ( 神奈川県 / 女性 / 29歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入について

2008/09/09 13:27 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

住宅購入ですが、9000万円のローンはかなりきついと思われます。
一度将来の予定も含め当社、またはお近くのファイナンシャルプランナーにシミュレーションを作成してもらったほうがいいでしょう。

支出の削減ですが、無駄=余裕ですのでどのくらいまでならばがまんできるのか、またはどのくらいまで我慢しないとならないのか。将来にわたって家計の収支、及び貯蓄残高を確認しないとわかいりません。

書いていただいた家計の内訳から大幅に落とせそうなのは保険料でしょう。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2008/09/09 17:42 詳細リンク

ウンベラータさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『近々住宅を購入したいと思っており、約9,000万円のローンを組みたいと思っております、月々の返済に無理が生じてくるでしょうか?』につきまして、例えば、9,000万円をローン金利3.0%・35年返済とした場合、毎月の住宅ローン返済額は346,000円以上にもなってしまい、現在行っている毎月の貯蓄分がそっくりそのまま住宅ローンの返済資金に充当されてしまうことになります。

毎月無理なく住宅ローンを返済していくためにも、手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合として28%程度に収まるように、住宅ローンを組むようにしてください。

手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄ができなくなってしまい、将来予定しているライフイベント資金にも支障をきたす可能性があります。

また、毎月の貯蓄金額につきまして、手取り月収金額の15%程度はしっかりと貯蓄するようにしてください。

ウンベラータさんの場合、住宅ローンを支払いながら毎月確実に貯蓄をしていけるかどうかで判断をするようにしていただくとよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

大友 武

大友 武
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の考え方につきまして。

2008/09/11 10:07 詳細リンク

こんにちは。今回は、ご質問いただきまして、ありがとうございます。

住宅ローンに使える原資の考え方としましては、現在の住宅費、現在の貯蓄額のうち住宅購入のための貯蓄額、生命保険(団体信用保険が付加される場合)があります。

ただ、今回のケースの場合、お子様が私立の小学校に通われています。
今後、中学、高校も私立に進学されるのではないでしょうか?

また、第二子のお子様も私立に進学されるのではないでしょうか?

そうしますと、教育費で一人につき年間100万円かかると予想されます。
二人ですので、毎年200万円が教育費として必要になります。

これらを加味しますと、月々、ボーナスから住宅ローンに充当できる金額が見えてきます。

9000万のローンですと、厳しい状況であると思います。
(9000万の物件ではないのですよね?)

また、上記以外にも車の買い替え、旅行計画、老後資金など、いろいろ盛り込んでライフプラン作成をしてみることをお勧めします。

それから住宅を決めてみてはいかがでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と住宅購入の相談です。 よっつんさん  2009-07-12 01:19 回答6件
住宅購入予定 家計診断お願いします koikoiさん  2008-10-23 00:47 回答7件
購入できる価格を教えてください!! オレンジアイスさん  2010-07-01 02:41 回答7件
終身保険を解約して住宅ローンに充てるべき? りとるまめきちさん  2009-12-22 11:09 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)