商品の良さが伝わる文章を書くコツ - 文章制作・編集 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

商品の良さが伝わる文章を書くコツ

法人・ビジネス 文章制作・編集 2008/08/14 11:50

ECサイトを運営しています。どのような文章表現をすれば、商品の良さがお客様に的確に伝わるか悩んでいます。文章が硬く、説明しすぎてしまう傾向にあるのですが、あまりにラフすぎると、信頼度が薄くなってしまうのではないかと心配しています。お客様に魅力が伝わるような文章を書くポイントについて教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:15件

小坂 淳 専門家

小坂 淳
ウェブ解析士マスター

- good

商品の特徴・ターゲットによります。

2008/08/14 13:23 詳細リンク

難しいですね。
一概にはいえません。

商品の認知度が高かったり、見ればわかるものであれば、
ラフでもそんなに問題はないと思います。

逆に使い方が難しいものや高価なものですぐに判断できないものであれば
情報量は多いほうがいいと思います。

信頼度は文章のテイストだけで決まるものではないので、
写真・デザイン・販売方法・サポートなど様々な要素を
含めて検討してください。

回答専門家

小坂 淳
小坂 淳
(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
藍原 節文 専門家

藍原 節文
経営コンサルタント

- good

写真・コピー・デザイン総合的に考えましょう

2008/08/14 22:03 詳細リンク

ECサイトでのコピーライティングって重要ですよね。でもコピーライ
ティングだけでなく、写真・デザインなども含めて総合的に考えて
いったほうが良いと思います。

販売促進支援・経営支援とデザイン制作を行っております
ファースト・シンボリーの藍原です。

質問の中身からしますと、どのような文章を書くと良いか、という
質問ですので、コピーライティングに関していくつかポイントを絞って
回答できればと思います。

コピーライティングのポイント

【キャッチコピーに関して】
■分かりやすいキャッチコピーにする
■顧客ターゲットが興味・関心をひくようなキャッチコピーにする
■具体的な例えがあると良い
■○○必見、○○限定、産地直送、初登場などのキャッチに関しては
全ての商品につけるのではなく、売りたい商品に対してつける

【説明コピーに関して】
■長々とした文章ではなく、箇条書きでポイントをまとめる
■実際に購入した方のコメントなどを掲載する
■数字を使った文章により、分かりやすさをUPさせる
■顧客が知りたいことを説明するコピーにする

こんな感じでしょうか?

実際に何を主に販売していて、価格帯はどのくらいで、説明商品なのか
日用品なのか、顧客ターゲットの年代層はどのくらいなのか、認知度が
高いのか低いのか、などによって、コピーライティングは大きく変わっ
てきます。

文章が硬く、説明しすぎる傾向にあるのであれば、それを箇条書きで
説明し、キャッチコピーはラフにするなどの工夫も必要かと思います。

具体的な情報をいただければ、さらに突っ込んだアドバイスも可能かと
思います。参考にしてみて下さい。


株式会社ファースト・シンボリー

回答専門家

藍原 節文
藍原 節文
(経営コンサルタント)
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

岸澤 秀憲 専門家

岸澤 秀憲
Webプロデューサー

- good

その商品説明をどんな方に読んでいただきたいのですか

2008/08/18 18:30 詳細リンク

WEB制作.comの岸澤です。


*まずその商品のターゲット層が明確になっているか確認してください。
ネットビジネスでは、ご存知の通り「言葉」つまり「文章」がすべてです。
これですべてが判断されてしまいます。ですから非常に奥が深く難しいです。
ネットの世界では、ターゲットを明確にしないと商品は売れません。
ですから、「商品説明」はターゲットとなる方に語りかけるような文章表現に
しなければなりません。また自分自身が買う側にたって表現し、買う前に考える
ことすべてを文章で表現し、その文章で「不安」をすべて解消できるように作る
のが最高の「商品説明」になります。
ポイントは、購買者の気持ちになって文章を書くことです。

すべて書ききれないですが、基本的なことを4つご説明しておきます。



*フックを見つける
興味というものを書き立てて、続きを知らずにはいられないという気持ちにさせるもの。


*読んでもらう
「読まない」という壁を何で越えさせるかというのはヘッド部です。
パッと開いた瞬間に、目に飛び込んでくるヘッド部、ここに強烈なフックがないと、その時点で下を読まなくなります。もう読まずにはいられないという強力なフックが必要になります。


*信じてもらう
一番良いのがデータの引用。数字を出してくるってことです。それも公の機関が取ったデータ。これを出してくるのが最も効果的。
その場合、出典元を必ず明記する。表・グラフを引用するのも効果的。


*行動を促す
行動させるということですが、気になって仕方が無いと思わせること。
この衝動をかきたてるような文章があってはじめて、次のステップ「お問い合わせ」や「注文」につながります。


これらはセールス技法の分野になりますので、とても奥が深くここで
語りきれないのが残念ですが、少しでもご参考になれば幸いです。

回答専門家

岸澤 秀憲
岸澤 秀憲
(Webプロデューサー)
株式会社オールマネージ 代表取締役
06-6539-0505
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業にとって価値のあるホームページとは!

常に検索エンジンの特性を検証し、「集客できるサイトづくり」をご提案、制作、効果検証、アフターフォローまでトータルに実施。また、関西圏の企業を中心に、業種・会社規模に関わりなくご商売へのIT利用に関することであれば何でもご相談に応じます。

志水 雅眉 専門家

志水 雅眉
Webプロデューサー

- good

その商品について、コピーを何本考えましたか?

2008/09/12 01:08 詳細リンク

コツを掴むには、先ず何本、何百本、何千本とコピーを書いてみることです。

広告のコピーライターは、日々、一商品について、何百本と書いていたりします。
そうやって、スキルを磨いていきます。
実際に私もそうやって、コピーのスキルを磨いた時期がありました。

一朝一夕にコピーがうまくなるなんてことはありません。
先ずはもうアイデアがでない、その先の先まで頭を絞って書いてみることです。
その先にこそ、コツが見つかるとおもいます。
質を高めるには、先ず量をこなすことです。
あとは、コピーを見る能力があるアドバイザーにコピーをみてもらうことです。
へたにアドバイスを受けると上手くなることがありません。
気をつけてください。
柴田常文さんあたりに見てもらう機会があるといいかもしれません。


ちなみに
このアドバイザーの中でどれだけの人が
そのようにコピーに取り組んだことがあるのでしょうか。

回答専門家

志水 雅眉
志水 雅眉
(Webプロデューサー)
コンテンツ庵 クリエイティブ・プロデューサー

効果的なコミュニケーションのために先進性あるコンテンツを企画

世の中よりも少し先行くエンターテイメント性の高い企画に自信があります。企業ブランディングの過程には、ワクワクする仕掛けや表現が必要となります。ゲームや動画などだけでなく、新しい仕掛けをご提供いたします。

武本 之近

武本 之近
Webプロデューサー

- good

全体的なバランスが大事

2008/08/14 15:50 詳細リンク

グルコムの武本です。

サイトの構成により、一概には言えませんが、

商品が多く、1ページで紹介するにはあまりにボリュームが多くなってしまう場合などは、
特徴や要点だけを短く記載し、詳細は別ページに誘導して訴求する事が必要だったり、
文章表現がバラバラの場合、ユーザーは不安を抱くケースもありますから、
サイト全体で共通させる事が必要だったり。とサイト構成により原因も様々だと思います。

「説明しすぎてしまう」事に関しては、必ずしも悪い事ではなく、
それをドコで行っているかが大事なのだと思います。


文章だけをあげると前述の内容になりますが、結局は、
文章がどんなに良くても、サイト構成やデザインなどが悪ければ
意味がないワケですから、全体的なバランスが大事だと思います。

簡単ではございますが、ご参考頂ければ幸いです。

岡本 興一

岡本 興一
ITコンサルタント

- good

小学校5年生が15秒以内で理解できる文章

2008/08/14 22:57 詳細リンク

まず、伝えるべきは、商品の良さではなく、その商品によってもたらされる価値、メリットです。
そして、店主の「想い」です。

それが伝わる文章にすること最も大切な事であると想います。


また、文章の書き方ですが、キャッチコピー、概要、本文の大きく3つのパートに分けるとよいでしょう。
そして、キャッチコピー、概要については、小学校5年生の子供が読んで、15秒以内に理解できる文章にすることで、誰にでも伝わる文章になります。

本文そのものについては、長くなっても構いません。

そして、良い文章を書くには、良い文章をたくさん見て真似をすることです。

たとえば、ティーズ リンアン シンプレックスケトルをみてください。

長文ですが、この文章を読んだら、ケトルを欲しくなったりしませんか?

ここには、分かり易いこと、「想い」が伝わること、キャッチコピーで惹きつける 等々が随所に使われています。
こうしたお手本をネットで捜して、どんどん真似するのです。

そうすることで、良い文章、売れる文章になっていきます。

ご参考になれば幸いです。

集客につながるホームページ
ネットとセキュリティ〜ウィジット株式会社
岡本興一

ウジ トモコ

ウジ トモコ
アートディレクター

- good

コミュニケーションの速度と深度を意識しましょう。

2008/08/16 13:55 詳細リンク

こんにちは ウジトモコです。

ECサイトでの商品コピーということですが、もう少し枠を広げて広告で商品の良さを伝え、実績をあげるプロモーションとマーケティング戦略ということでお話をさせて頂ければと思います。


**最終到達点の確認
目的が「今すぐこれを売りたい!」だけなのか、今後の自社の売上に大きく貢献する優良な顧客を引きつけたいのかでは、書き方も内容も異なります。「売って」その後どうなりたいのか、という中長期の経営戦略と広告計画を軸に「戦略としてのコピーライティング」を目指しましょう。


**コミュニケーションの速度
前述の専門家の方がすでに有益な回答をされていると思いますが、「読み手」の都合を常に意識しておきましょう。言いたい事を言うのではなく、「伝えなけれなければならない情報を最も分かりやすく、最も早く伝える」ためにはビジュアルとの連携は必須ですね。


**コミュニケーションの深度
まずは興味を持ってもらう事が一番ですが、最終的には顧客からの信頼を勝ち取らなければリピートしてもらえません。情報の質と量をコントロールする事で、本当に来て欲しいお客様をフィルタリングする事が可能です。そうして、お客様にファンになってもらうことで「ブランド化」をし、お客様から常に求められる存在を目指しましょう。毎回毎回、必死のプロモーションを続けるよりも、お客様の潜在意識の中で特別な存在や価値を見いだしてもらえば、最終的にはコミュニケーションコストの減少にも繋がり、効率が良く高パフォーマンスなプロモーションが可能です。



ご参考になれば幸いです。


▼出来る等で出来ない?
『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール』堀内 伸浩 (著)

▼コピーとデザインは最強のパートナー
『視覚マーケティングのススメ 』ウジ トモコ (著)

谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

イメージしやすい『動機付け』を提供すること

2008/08/17 22:36 詳細リンク

こうして、こちらにご質問までされているわけですから、サイトにおけるライティングは、今、あなたにとって大きな課題なんですよね?



こんにちは。
チームデルタの谷口です。



そして、あなたの質問に対し、誠実に専門家たちが答えようとしています。
読んでみて、どんな感想を抱いたでしょうか?
あなたの課題は解決しましたか?
これからのライティングに活かせるノウハウを得ることができたでしょうか?
であるならば、このサイトの文章は、少なくともあなたにとって「○」ということになりますよね。
そして、あなたのサイトもそうあってほしいものです。



さて、イメージしてみてください。


「こだわりがある」
「品質がいい」
「他社とは違う」


を人に伝えたいと思うとき、あなたはどういう文章を書こうと考えますか?
僕なら、少なくとも、上記3フレーズを決して使うことなく作文します。
少し ”??” でしょうか?
もっと端的にお伝えしますね。
「おいしい」のなら、「おいしい」と言わないということです。
興味を喚起するプロセスで最も大切なのは、当事者が能動的に想像しやすい『動機付け』を提供することなんです。


人の感情に影響を与える文章には、ある種のメカニズムがあります。
その1つが上記です。
「売れる」ショップオーナー達は体感的にこのことに気づいています。


信頼感、安心感、あるいは、ファン心理を醸成するには、『言葉を駆使して言葉を封印する努力』をしてみてください。
また、『おいしいを裏付ける』コンテンツを用意することを心がけてみてください。
きっと、あなたのサイトを訪問する人たちの興味を喚起するトリガーになるはずですよ。



ご参考になれば幸いです。
成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一


自分にとってどんなメリットがあるのか?

2008/08/14 15:34 詳細リンク

こんにちは、リブラ・スタッフ 鈴木です。

説明しすぎてしまうことは、決して悪いことではないと思いますが、
ダラダラと文章が続いても、読みにくく、飽きてしまうので
小見出しをつけて、小見出しを追って読むだけでもわかるようにするなど
次の文章を読みたくなるような、一工夫も必要ですね。

ラフに書くというよりも、
小学校高学年に説明してもわかるような文章にすると
必然的に硬い文章ではなくなると思います。

子供に説明したら、言葉の意味がわからないとなるようならば
イラストや画像を効果的に活用するといいと思います。

売り手側になると商品の良さなど
伝えたいことがたくさんあるお気持ちはお察ししますが、
自分が伝えたいことは、一旦脇に置いて、
まず、お客様が知りたいことは何かに焦点をあて

''この商品は、お客様にどんなメリットがあるのか?''

を伝えていくことがお客様にとって、魅力的な文章になるでしょう。

いくら商品自体が良いとわかっても
自分へのメリットを感じられなければ購買意欲にはつながりません。

お客様は自分のことに興味があるわけですから、
自分にとってどうなのか?
という視点で見ています。

どんなサイトでも、
お客様をどれだけ理解しているかに尽きると思います。

ご参考になれば幸いです。


女性視点のホームページ制作


商品ライプサイクルとAIDMAのAIDを意識するといいかも

2008/08/14 15:53 詳細リンク

専門家と言いながら、当然自社のサイトを持ち、自社のサービスをホームページで公開する際、同じようなことを常々感じています。

チェックポイントとして私が考えるのは、【商品・ライフサイクル】という視点と、【AIDMA(顧客消費行動における心理プロセス)】を合わせて考えるようにしています。

主題となる要素を検討する際、商品ライフサイクルで絞り込むようにします。
「導入期」の商品サービスは認知度が低いので、どうしても対象となる商品・サービスの特性や使い道、ソリューション等を丁寧に書く必要が出てきます。
「成長期」の商品・サービスであれば、競合他社との差別化に関する特徴や価格や顧客ベネフィットに重点を置く必要が出てきます。

次に、実際のコンテンツ内容ですが、AIDMAの【Attention(注意)】【Interest(興味、関心)】【Desire(欲求)】の要素を、上記の主題でここに練るようにしています。

【Attention(注意)】では、商品・サービスを使わなかった結果や、まだ使っていない顧客の現状の問題などを箇条書きにし、【Interest(興味、関心)】で顧客が今抱える問題に、解決方法が存在することを伝える。【Desire(欲求)】で、具体的な解決策やユーザーの声を紹介する。
このような流れで書かれた分は、自分の問題や課題にマッチしていると可能性に喜びドーパミンを分泌し【Memory(記憶)】される。

【Action(行動)】に繋がる、カートボタンなどはECサイトなら必ずあるはずですから、ホームページの商品ページの作成は出来るだけこのように進めるようにしています。


ターゲットによって方向を決める

2008/08/14 17:55 詳細リンク

若い人向けだからラフにする、年配の方向けだから硬い文章という分け方だけでなく、扱っている商品群のテイストに合わせる必要があると思います。

例えば、B to B向けであれば、硬い文章の方が信頼感を得られる事もあります。
逆にフランクに買えるような商品であれば、ある程度ラフ感、親しい人に語りかけるような文章も必要かと思います。

文章を魅力的にしたいのであれば、遠回りですが、良い文章をたくさん読む事ではないかと思います。また、読んで吸収するだけでなく、実際に書いて公開してみることが、文章のうまくなるコツですね。

どうしてもうまくかけない・・とお悩みでしたら、コピーライターなどの専門家に一度頼んでみるのも手です。
おそらく、新鮮なコピーが出来てきます。
それを参考にして、そのあとご自分で慣れてくるという方法もありますね。


伝わる文章表現とは・・・

2008/08/18 00:30 詳細リンク

こんにちは。
パワーソースの杉田です。
人に伝わる文章表現ですが、簡単そうで奥が深く難しい事ですよね。
弊社でも常々頭を悩ませる部分でもあります。

商品やターゲットとするユーザー属性等により様々あるかと思います。
しかしながら、全てに共通する事は、自分自身が思ったとおりに書く事ではないでしょうか。
ダラダラと文章を並べるよりも、分かりやすく短文で。
専門的な言葉や業界用語等は極力使用せず一般的に分かる言葉でまとめる事がいいかと思います。

そして重要なのは自分の言葉で伝える事ではないでしょうか。
心を込めると言うか、熱意を伝えると言うか・・・
上記が最も重要な部分だと思います。

後はそれらを踏まえて、言葉を分かりやすくまとめる技術的な部分も必要だと思います。
とりあえず思うように作り、そして改善し再び改善していく・・・
このような繰り返しをする事により、熱意のこもった伝わる文章ができるのではないかと思います。


Web媒体であってもFace to Faceの気持が基本です

2008/08/18 12:53 詳細リンク

こんにちは、ライズプロダクションの佐藤です。
気持ちを相手に伝える。と言う行動は、恋愛でも、広告でも、Webでも変わりはありません。恋愛でしたら好きな人のことを知り、自分の気持ちも相手に受け入れてもらえる言葉として発言します。サイト上で商品説明文を書くとしても、実際に自分が店舗で買っていただくお客様に、商品の特徴などを説明する事を頭の中で、シミュレーションして見てはいかがでしょうか。


私の仕事でもある広告制作では、整理されていない文章は嫌われています。当然表現する紙面には限りがあり、全てのことを表現できる物ではありません。広告では伝えるべき情報に、他の商品と比べた差別化から導かれた、優先順位が付いています。今の社会的要求から例えるなら ●値段が安い ●小型コンパクト ●色が豊富 ●省エネルギーなどでしょうか。


この優先順位は、社会的関心の違いで大きく変わります。社会の中で生活するお客様の、興味のある項目を掴むための仕事がマーケティングです。新聞やテレビニュースなど社会と触れていれば、ある程度は身につき、それを元に優先順位の項目を並べるだけで説明は出来ます。起承転結と言った文章が難しいのでしたら、箇条書きがわかりやすいでしょう。


箇条書きで一番伝えたいことが、キャッチコピーにしても良いでしょう。また本文に関しては、ブランディングを目的とした意図がない限り「文章は専門用語などを使わず、平易な文章で」が基本です。自分では格好いい文章が出来たと思っても、読む人に理解されなければ元も子もありませんから。


文章が硬い?、説明しすぎ?は、自信が足りないから感じることで、本などを沢山読み、サイトに書き込んでいくなど運営を続け、お客様とコミュニケーションを繰り返すことで、あなたも成長します。その内に自信も得られると思いますよ。


文章だけで伝える必要がありますか?

2008/08/20 11:36 詳細リンク

Magnetic-Labo
田中です。

先ず、ホームページは文章だけで内容を表現する必要は無いということを忘れてはいけないと思います。

「美しい」「きれい」「カッコいい」等という形容詞は、いくら羅列したところでどんな風に「美しく」「きれいで」「カッコいいか」は伝わらないのです。

商品の良さを伝えようと思ったらやはり、ビジュアルと言葉の両方を駆使することが大切です。

貴方が商品を購入するときに、注意することを当てはめてみましょう。
衣類や装飾品であれば実際に試着して具体的なイメージをつかもうとするはずです。
しかし、実際に商品を手に取ることができないインターネットでは、より具体的に商品を試着したときのイメージをさせるようなビジュアルが必要になります。

ですから、ターゲットユーザのペルソナに近いモデルに商品を身に付けてもらった画像1枚を載せるだけでもグンと商品の魅力を表現できます。
文章はそれらの説明に添えるだけで、画像とテキストが役割を補完しあって一層、商品を良く見せてくれるでしょう。

例えば、Tシャツを売るのであれば、買ってもらいたいターゲットユーザに近い印象のモデルに試着してもらった写真を掲載し、文章で「デニムにもあわせられるフェミニンTシャツは今年のマスト・アイテム」と書くだけで、「こういう風にコーディネートすればいいのか」というような感想を、瞬時に抱かせることが出来ます。

また、文章については基本的に口語体で書くことが良いと思います。
言葉使いに関してはターゲット・ユーザで使い分ける必要があります。
女子高生がターゲットであれば、あまりに堅苦しい言葉では問題がありますが、逆に、BtoBなどの場合、軽すぎると軽薄なイメージを与えてしまいます。

文章だけではなくホームページのあらゆる機能を駆使して、全ての文章を読まなくても写真と見出しだけで商品イメージがつかめるくらいの演出が必要だと思います。


硬くてよいと思います

2008/09/30 10:01 詳細リンク

商品を見ないで買うECサイトでは
情報は足りないより「これでもか!」と多い方がいいのは明らかと思います。
(さすがに分かりにくい説明ではだめですが。。笑)

でも情報は量とクオリティが両輪となってはじめて成果に繋がります。

量は前述の通りですが、私たち中小企業の場合は
クオリティはほとんど人柄によるものだと感じます。

お客さんが同じ情報量の条件下で
商品をウェブ上で比べるときには
最終的には「好き」だった方で買うと思います。

だから長すぎて堅すぎるという自己評価は別にマイナスではなく
自身のそのままのキャラクターが
活きる文章が最善だと思います。

今の路線ではラフなフレンドリーな文章が好きな人は去るかもしれません。

でも今回大事なのは「真面目な人が好きなお客さん」を
しっかり捕まえることだと貴社の印象から感じます。


この議題は私も含めてみんな試行錯誤しているものだと思いますが
私の結論としては自分の(自社の)個性を
どれだけ表現し伝えられるか・・がキーだと思います。
注文ボタンを押してもらうための・・笑


サイトを拝見していないのであくまで想像での回答ですが
参考になるところがあればうれしいです。


中村のコンサルティングサービス

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

メルマガ原稿執筆を、どこに依頼すべきか迷っています 専門家プロファイルさん  2008-12-26 11:25 回答2件
原稿執筆を発注する際、業界や分野は重要ですか? 専門家プロファイルさん  2008-11-27 13:00 回答1件
執筆した文章を管理するソフト 金ちゃん^^さん  2013-05-27 18:43 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)