妻が起業 夫が個人事業主 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妻が起業 夫が個人事業主

法人・ビジネス 独立開業 2008/07/31 15:03

こんにちは。自分で色々調べているつもりですが、微妙にまだわからないことがあるのでお願いします。

私は会社員の夫の扶養に入っている専業主婦です。今年から自宅で自分デザインした小物をコツコツと制作し、店頭に営業を始めるところにきました。開業届けはまだ出していませんが、そのことでお聞きしたいことがあります。

実際にこの起業を始めるのは妻の私なのですが、個人事業主の名前を夫にして、そのまま彼は会社員として、私はその事業をやっていくことは可能なのでしょうか?

また、もし私(妻)が個人事業主として開業届けを出さなければならない場合、タイミングはいつが良いのでしょうか?今年の売り上げは赤字、もしくは使った経費などを返上してプラスマイナス0、また運良く少しの売り上げが期待されます。

よろしくお願いします。

カワさん ( 埼玉県 / 女性 / 27歳 )

回答:1件


経営の意思決定は誰がするのか

2008/08/01 15:23 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、カワさん。

コンサルタントの若宮光司です。

開業当初はいろいろな費用もかさみカワさんが言われているように赤字になることが多いのです。
今年だけのことで判断すれば、会社勤務して給与収入があるご主人が事業主となれば赤字と給与所得を損益通算できるので給与の税金が還付されることになります。

しかし、大事なのは『経営の意思決定は誰がするのか』ということ。
その人が事業主であり税務署に対して「開業届」を提出する人なのです。

その事業のことがなにもわからなかったり、契約、支払など大事な要素で関わりをもっていないのであれば事業主とは言えません。
とうぜん税務署もそのような状態を確認すると「本当の事業主は違う」ということになります。

もうひとつ、来年以降のことも考えましょう。

今年の赤字は、『青色申告承認申請』をきっちりと提出しておれば三年間繰り越すことができます。
つまり、来年黒字で課税されるところが今年の赤字分減額してもらえるということです。
来年も赤字であれば今年と来年の赤字を三年目の所得と相殺です。

さらに事業がどんどん大きくなった場合、ご主人が事業主だと会社からの給与と合算されて高い税率で税金が計算されてしまいます。(累進課税制度)

カワさんの事業の将来性もよく検討する必要がありますね。

まず、『経営の意思決定は誰がするのか』という視点で判断しましょう。

評価・お礼

カワさん

お忙しい中、ご回答いただきありがとうございました。

モヤモヤしていた気持ちが晴れました。目先のことだけに捕らわれず、将来のことも視野に入れて考えて行動していきたいと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
個人事業主申請のタイミング rumi7さん  2013-09-02 13:44 回答1件
妻の開業に当たる賃貸の名義に関して oktknrさん  2012-10-10 11:14 回答1件
個人事業主の名義について なゆたさん  2012-08-30 22:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)