社長と社会保険加入について - 経営コンサルティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:経営コンサルティング

社長と社会保険加入について

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/07/22 12:24

零細企業を経営しています。
社長の社会保険について質問させていただきます。
今社員は5名ほどおり、雇用保険や健康保険などひととおりの保険に入っていますが、社長である私は国民健康保険と国民年金のままです。
会社の社長は雇用保険には入れないので、その他の保険についても未加入の状態です。
こちらで拝見したQ&Aでは、健康保険や厚生年金の方が得ば場合もあることを知りました。
やはり、会社の社長は健康保険などに入れないものでしょうか。
また、入れるとしたら、よく言われているように、働く時間が一般の社員の4分の3以上必要になるのでしょうか。
社長もタイムカードで時間を記録しなければならないということでしょうか。
初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

ばんばさん ( 大阪府 / 男性 / 39歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2008/07/22 21:36 詳細リンク

*''▼ 回答''
''社長であるばんばさんが、職務の対価として会社より何らかの「報酬」を受けているのであれば、職務に従事する時間にかかわらず社会保険 (健康保険 + 厚生年金保険) に加入しなければなりません。''

**''☆ 解説''
ご質問では、「加入できるか?」と 『可否』 を問われていますが、上の回答にあるような事情が存在すれば、逆に「加入しなければならない」 『義務』 となります。

ばんばさんの働く時間と社会保険加入との関係ですが、社長であるばんばさんは、いわゆる労働基準法上の 「労働者」 とはならず、よって労働時間の概念もないことから、一般の従業員の方と同じ労働時間の基準 (4分の3以上) を考慮する余地はありません。

したがって、ばんばさんのような会社代表者の場合は、もっぱら 「報酬」 の有無のみをもって加入の要否を判定すれば足り、社会保険加入にあたっては、ご質問のタイムカードによる労働時間の記録は不要ということになります。


ご質問ありがとうございます。
今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。





*''◆◇ 労務問題はYSCのビジネスソリューションで予防・解決を ! ◆◇''
''ご相談は「無料」 まずはお気軽にお問い合わせください!''
''弊社WEBサイトはコチラ'' → http://www.ysc-business.com

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
小岩 広宣

小岩 広宣
社会保険労務士

- good

法人の代表者の社会保険の加入について。

2008/08/09 14:57 詳細リンク

ばんばさんのご質問にお答えします。


従業員さんが5人ほどおられ、いずれも社会保険に加入されているということですが、法人の場合は、経営者の方も社会保険に加入することが義務となっています。

したがって、経営者であるばんばさんは、雇用保険には加入できませんが、社会保険については、従業員さんと同様に、健康保険と厚生年金保険に加入していただくことになります。

現在、国民健康保険と国民年金に加入されているということですが、まず、国民健康保険については、各自治体によって保険料等の仕組みが異なりますから、いちがいに比較は難しいですが、一般的には、ご家族(扶養家族)が多くなればなるなるほど、健康保険の方が有利となります。

国民年金と厚生年金保険については、国民年金が基礎年金だけの給付なのに対して、厚生年金保険は、それに報酬比例部分が加算された2階立ての給付を受けることができますので、将来受けることができる年金給付という点についていえば、厚生年金保険の方が有利となります。


労働時間の4分の3の要件については、経営者は労働者ではありませんので、基本的には、このような基準に関わりなく、加入する必要があります。

ただし、いくつかの会社の役員を兼任されていて、一方が非常勤というような場合には、常勤の役員を務める会社で社会保険に加入し、非常勤の会社から受ける報酬も合算して、保険料を納めることになります。


経営者は、労働者とは異なり、労働時間という概念はありませんので、基本的には、タイムカードによる時間管理は不要です。


ご質問、ありがとうございました。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

国民健康保険税と社会保険税 けい2さん  2014-06-17 22:59 回答1件
零細企業のグループ化?提携? KAZBEATさん  2010-01-09 20:48 回答4件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
資金を確保するのにはどうするのがよいですか? にしりんさん  2007-06-09 22:09 回答2件
ストックオプションの導入について だるさん  2010-03-11 07:46 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

飯塚 浩一

法人エフピー株式会社

飯塚 浩一

(経営コンサルタント)

対面相談

企業のお悩みを解決します

企業の経営と運営についての相談

森田 勝

森田 勝

(経営コンサルタント)

対面相談 法人保険のご相談
澤田 勉
(保険アドバイザー)