社会保険事務所への給与額過少申告について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険事務所への給与額過少申告について

マネー 年金・社会保険 2008/07/15 17:55

従業員数70名ほどのシステム会社に勤めております。

最近会社が社会保険事務所への個人給与額を過少申告していることをしりました。

会社から社員に毎月送ってくる給与明細には社会保険料と雇用保険料と厚生年金の金額が書いてありますが、その金額は実際の給与額の会社との折半分の金額が記載されていましたが、実際会社は折半して払っているはずの残りの社会保険料、雇用保険料、厚生年金を払っていません。

社会保険事務所に確認にいったところ、自分の給与額が半額で申告されていました。
ですので、過少申告額での社会保険料等をおさめていると思われます。

会社はこのことを隠すため、入院した人には傷病手当を申請させずに会社が給料を全額負担していたりしており、いまだ全社員には公表されていません。

その事実を知ってしまった社員が一人辞めされられたということがあるようで、その事実を知っている私を含む数名の社員たちは社長に知られないようにしています。

年金に関わることなので、どうにかしないといけないのですが、どうしたらいいのかわからなく困っています。

通常、年金は遡って2年まで払うことができるとおもうのですが、こういうケースの場合入社してからの厚生年金を全額会社に払ってもらうことは可能でしょうか?

ご回答宜しくお願いいたします。

tom21065さん ( 兵庫県 / 男性 / 27歳 )

回答:1件

小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

社外の専門機関を交えた対応が必要と思います

2008/07/17 18:00 詳細リンク

問題として大きくは二点で、一つは年金額を正常な形に戻すにはどうするかということ、もう一つは社員が会社から不当な扱いを受けないためにどうするか、ということではないかと思います。

年金保険料については、最近厚生年金特例法という法律が成立していて、これによると事業主が従業員から厚生年金保険料を天引きしているのに、納付したことが明らかでないと第三者委員会が認定した場合は、認定事実により年金記録を訂正して年金額に反映し、事業主は時効となる2年を経過した後であっても保険料を納付でき、社保庁はその納付を勧奨するとのことです。また事業主が納付に応じない場合は最終的に国が保険料を負担するとのことです。よって年金記録を正す手段はあるということで、社会保険事務所が対応窓口になるはずです。
ただし給与明細その他によって事実を証明する必要があり、該当する社員一人ひとりが自分の証明をしなければならないと思いますので、証明できる資料がない場合は認定されないこともあるでしょうし、それなりの時間もかかると思われます。

また申し立てをすることに伴って、会社が社員に不当な扱いをする懸念がありますが、身を守るためには社員全体が連帯し、社外の専門機関などを交えて法律に基づいて行動する必要があると思います。ご質問の通りだとすると会社負担の社会保険料をほとんど踏み倒している状況ですし、70名という企業規模から考えても悪質な部類ではないかと思います。社外の専門機関としてはまず労基署だと思いますが、このケースでは場合によっては刑事告発や賠償請求などの必要性も考えられ、法律的な幅広い知識が必要と思いますので、できれば弁護士に相談しながら対応するのが一番良いように思います。

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

小笠原 隆夫が提供する商品・サービス

対面相談

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

対面相談

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

国保への切り換えについて のんきだるまさん  2008-01-19 11:56 回答2件
年収300万円でも扶養に入れる? u6u602さん  2008-08-11 11:38 回答4件
雇用保険について教えて下さい。 みゅーうさん  2013-09-04 00:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)