貯蓄の運用など - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯蓄の運用など

マネー 家計・ライフプラン 2007/02/08 17:34

36歳男性です。共働きの妻と2歳の子がいます。年収は妻と合わせて大体900万弱です。
普通預金の口座に妻と合わせて1000万ほどあります。
別に数年前に300万ほどを外貨(ドル)で10年満期の変額年金というものに移しました。ヨーロッパの田舎(旧共産圏側の別荘地)
に不動産物件を持っており、今それを売りに出しているのですが、数年間買い手が現れません。もし売れたとすれば500万〜600万位にはなると思っているのですが・・。
賃貸暮らしで、家賃が月に11万5千円です。家を購入するつもりは今のところありませんが、来年にはもう一人子供が増えそうで、住まいも手狭になるので引っ越すか、将来的には実家を建替えて両親と住むこともぼんやり考え始めています。しかし、そうなると、二人とも今の職場を離れなくてはならなくなるので、今のところはそれも現実的ではありません。両親に同居を求められているわけではありません。

ヤンスリーさん ( 東京都 / 男性 / 36歳 )

回答:2件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

長期・分散の資産運用をお勧めします

2007/02/09 08:57 詳細リンク

ヤンスリー様、初めましてファイナンシャルプランナーの吉野充巨です。
ご質問有難うございました。ご質問はを資産運用全般に関してのものと考えお答えします。
お二人の900万円の収支バランスは毎年度貯蓄可能なものと思います。従いまして
資産総額の1800万円(1000万円+300万円+500万円)を下記のような資産配分にてご検討ください。

間の生活費×(3〜6カ月)+この先1年間で予定されている出費(引越し費用など)を普通預金として確保ください。残高が余裕資金です。この余裕資金での長期・分散運用をお勧めします。

長期の分散投資は通常、国内の債券・株式、海外の債券・株式の4分野に資産配分するのですが、既に海外に800万円(44%分)投資されていますので、国内の債券(国債)と株式対象の投資信託の購入をお勧めします。
国債は個人向け国債10年変動金利と5年固定金利の2種類の組み合わせと4月、7月の2回に分けた購入をお勧めします。(利子が4.7.10.1月入ります)
また、国内株式対象の投資信託では、インデックスファンドや日経225やTOPIXに連動する上場投信ETFも分かりやすさとコストの安さからお勧めします。

海外の投資は不動産の売却で得た資金で、債券、株式対象の投資信託をお選びになることをお勧めします。それまでは、国内への資産配分が良いのではと考えます。

そして今後の貯蓄金額から、投資信託や株式の毎月積立にまわすことも長期・分散投資の手段としてお勧めします。

私のホームページに投資信託と上場投信についてシリーズで掲載していますので宜しければご参照ください。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


資産運用の前にライフプランをしっかり立てましょう!

2007/02/09 15:54 詳細リンク

ヤンスリーさん、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー、共働きコンサルタントの城木きよ子です。

独立系FP事務所 N&Kコンサルティング
http://www.norikiyo.com/

資産運用は、将来やりたいこと、やらなければいけないことのための
準備の一つです。

将来やりたいこと、やらなければいけないこととは、
ライフプランともいいます。

・お子さまの教育はどうするのか?

・もう1人家族が増えるのか?

・ずっと共働きでいくのか?

・共働きを続けるために、
親との同居または転居も考えなくて大丈夫か?

・将来、親の介護に手助けをするのか?

など、今後様々な状況変化が予想されます。

そういうことを考えて、

例えば子どもの私立中学費用の準備として、
10年後に300万円。

自分たちの老後費用として、
30年後に1000万円。

と目標を明確にして資産運用を行うべきだと思いますよ。

私は共働きコンサルタントとして、
共働き家族のライフプランニングを得意としています。

お子様を連れて相談にいらっしゃる方も多いです。

将来のことを真剣に考えたい、とお思いでしたら
ぜひどうぞ。



共働きコンサルタント、ファイナンシャルプランナー
N&Kコンサルティング 城木きよ子
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-18-8 新宿スカイビル6F
TEL: 03-6904-7027 FAX: 050-3398-0053
URL: http://www.norikiyo.com/

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

選択肢が多く、貯蓄運用方針を決められません わわんさん  2007-05-11 01:04 回答2件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
今後のお金との付き合い方について 錦戸さん  2007-09-05 09:31 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)