ツーバイフォーの窓のリフォーム - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ツーバイフォーの窓のリフォーム

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2006/02/03 11:55

アドバイスをお願いします。
ツーバイフォーで5年前に建てたのですが、間口が狭いため
少しでも明るい1階リビングをと隣家まで50cmの東側の窓を
225cmの掃きだしの窓にしたのですが、効果は殆どなく、
腰高の窓(できれば出窓)に変更できたらと思います。
主人はシャッター付きを望んでいます。
ツーバイフォーでもそのようなリフォームは可能なのでしょうか。

補足

2006/02/03 11:55

可能な場合ですが、採光は今より少なってしまうでしょうか。また費用の概算を教えていただけたら幸いです。

フリージアさん ( 東京都 / 女性 / 38歳 )

回答:1件

リフォームできます

2006/02/03 13:07 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。大塚です。

まず、ご要望どおりの出窓は作ることが可能です。
周りの環境にもよりけりですが、そこからの採光は思っている程とれないかもしれません。
でも出窓にすることで飾棚が増えるので、空間が少し楽しくなるかもしれませんね。

気になる金額ですが、
窓の撤去、外壁の補修、内装工事(既存の壁と新規壁をつけるところをどのように調和させるか?)サッシュとその取り付け費用など、意外と費用がかかると思います。材料の仕様にもよるのでなんとも言えませんが、50万円〜100万くらいの幅が考えられます。

金額に関しては状況を見ていませんので、
あくまでも参考程度に。
詳細に関しては工務店さんなどにご相談されると
よろしいかと思います。

評価・お礼

フリージアさん

大塚様 ご回答ありがとうございました。
結構費用がかかるものですね。
空間を有効活用する点、既存の壁との調和も考慮しなければならない点など参考になりました。

回答専門家

大塚 泰子
大塚 泰子
(東京都 / 建築家)
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

毎日何かを感じたり、気づいたり、安らいだり――あなたが自然体でいられる空間を作ることが私の仕事です。素敵な詩や写真、絵に出会ったときのような、わくわくする世界が感じられる建築を作っていきたい。それが私の目指す「建築」です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

コンクリート打ち放しRC住宅の外断熱について ルー太郎さん  2016-04-03 18:40 回答1件
窓枠・巾木・内窓の色 anyanya-kittyさん  2015-05-21 04:31 回答1件
防音窓、防音壁リフォームについて sarutaro-さん  2013-09-30 23:34 回答1件
結露対策 ワクチャンさん  2009-12-15 13:00 回答2件
LDK部分にトイレを取り込むのは!? ボンボンさん  2009-02-28 00:40 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)