財産分与について - 離婚問題 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

財産分与について

2007/02/04 07:34

この度、妻から離婚を言い渡されました。妻も自分も離婚には前向きに進めていくつもりで、慰謝料については請求しない方向でまとまりました。
次に財産分与ですが話し合いの結果、自分のほうが妻よりも1500万ほど多く取得する形となっています。妻もこの財産分与に対して異論はなく、双方が納得したものとなりました。
このとき、社会通念上明らかに多すぎる財産分与に該当し、贈与税が課せられてしまうのでしょうか。
回答をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。

ももっちさん ( 埼玉県 / 男性 / 33歳 )

回答:1件


離婚の財産分与

2007/02/04 09:27 詳細リンク

行政書士吉田です。
離婚の決断とは辛い決断をされたとまずは心中を
お察しいたします。
財産分与の額が、夫婦が協力して得た婚姻中の財産の額や社会的地位からして、夫婦の共有財産の清算として相当な額であれば、贈与税は一切かかりません。
今回は1500万ほど多いとのことですが、収入や地位、旦那様や奥様の寄与の割合、婚姻期間などからの判断となりますのでこのあたりは明言はいたしかねます。ですので、税務署等で一度聞いてみても良いでしょう。
なお原則現金で支払う場合には、課税されません。
ただし例えばマンションや土地などの現金以外の物で分与する場合には、譲渡所得税という税金がかかる場合があります。
また、株式、ゴルフの会員権などの有価証券を譲渡した場合にも課税されることがあります。
仮にご自身でまとめて分与の金額を払う事ができずに例えば、ご両親などに代わりに支払ってもらうと、親からの贈与を受けたとして、贈与税が課せられることもあります。
又受け取る側は財産分与を現金で受け取る場合には、所得税も贈与税もかからないのが原則です。
ただこちらもマンションなどの不動産を譲渡される側は、譲渡された後で不動産取得税がかかります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外単身赴任者としての離婚手続き 3326さん  2007-06-13 11:41 回答1件
慰謝料と財産分与 MN71さん  2013-11-28 16:28 回答1件
離婚は決まったものの・・揉めています! ゆきうさぎさん  2013-02-17 15:08 回答1件
離婚による財産分与について さななさん  2009-06-07 16:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

【夫婦・恋人関係修復】絶対ムリと言われてもあきらめないで!

誰からもムリと言われたケースでも修復できた実績が何件もあります。ご相談下さい。

杉本 まき

セラピー&カウンセリング はぁとすとりんぐす

杉本 まき

(心理カウンセラー)

マーチン

恋愛クリエイション

マーチン

(恋愛アドバイザー)

対面相談

初回対面相談

初めての対面相談の方は、お試し料金で行います。

堀江 健一

カウンセリングルーム エンパシィ

堀江 健一

(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

電話相談 電話 離婚回避・夫婦円満コンサルティング
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)
対面相談 柏の葉キャンパス・離婚回避・夫婦円満コンサルティング
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)