猫の低温やけど - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

猫の低温やけど

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/06/24 12:45

猫は推定年齢12〜15歳位のメス・雑種です。鶏肉・大豆・牛肉・花粉症等のアレルギーがあります。歯石もかなりついています。目薬は常備薬です。5月22日に肛門のう炎の手術を受け、4日後に後右足近くのお腹を舐めて脱毛、表皮がはげてしまった状態に。ドルバロンを塗布後、二日後には状態が悪化した為、ホルモンと抗生剤の注射を毎日、一週間続け、飲み薬に変更しました。その間に胴体右側面一帯に大きくて硬く厚いカサブタができ、6月10日頃には後右足太もも?あたりに新たなカサブタができてきました。6月23日の診断で皮膚が壊死した部分を取る治療手術入院(長期)をする事になりました。床暖房を使ったのは5月初め位までと記憶してます。低温やけどが原因になることもあると言われましたが、低温やけどで、このような硬く分厚いカサブタができるまでに1ヶ月時間がかかるものでしょうか?他に原因は考えられないでしょうか?やけどが原因だとしたら自分の注意が足りなかった為に猫に辛い思いをさせてしまったと心が痛くてなりません。原因が何なのか、今後の為にもしりたいと思います。アドバイス頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

JJhachiさん ( 東京都 / 女性 / 44歳 )

回答:2件

RE:猫の低温やけど

2008/07/01 09:49 詳細リンク

低温やけどは、最初の症状はだんだんと青っぽくなったり、赤紫色になったりと皮膚の色が変わってくることが多いです。その後その部位の皮膚が壊死していき、最終的には脱落してしまうことが一般的です。範囲は保温器具により様々ですが、広範囲に及ぶことも珍しくありません。経過は長期間に及ぶことが多いですが、最初の症状が出るまではそんなに時間がかからないようです。
治療法としては壊死してしまった部分を切除してしまうのが一般的です。
症状をお聞きする限りでは体の右半分に病変部が集中しているようですし、低温やけどの可能性が高いとは思われますが、比較的稀な皮膚疾患でそういった皮膚の壊死が起こることもあるようです。
原因を追究するのであれば、切除の際に正常な皮膚と病変部の皮膚の境界部を病理検査等に提出することで診断がつくこともあります。
また最初の症状が見られる数日前に手術を行っていることからその関連性も否定できないと思います。
いずれにせよ、ご自宅での床暖房による保温が原因と決まったわけではありません。
かかりつけの先生とよくご相談されるのがよいかと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


低温やけど

2008/06/25 20:34 詳細リンク
(4.0)

もうかれこれ20年も前になるでしょうか。ドイツ製のペット保温器をたくさん購入して、術後のネコちゃんに使ったことがあります。すると、2,3日して皮膚が分厚くなり、完全に脱毛し、あるネコちゃんはそのまま回復しましたが、あるネコちゃんは4,5日して糜爛、潰瘍になり、ひどいネコちゃんは一週間で皮膚の脱落が始まりました。保温器の表面温度をメーカー立会いで測定したところ、中には50度を超える製品もありました。それで、メーカーが飼い主さんに謝罪をして、医療費を補償してくれて、お詫びの品を配ったようです。
今回のケースで、どのようにして低温やけどと診断したのか判りませんので、当院での事故について御紹介させていただきました。

評価・お礼

JJhachiさん

井上先生、お忙しい中、回答頂きましてありがとうございました。皮膚を病理検査に出しますが、原因までわかるかどうかもわかりません。体半分側にだけ出来た症状から、低温やけども考えられるという話でした。皮膚が壊死する前になんとかならなかったのかという思いでいっぱいです。
ありがとうございました。

質問者

JJhachiさん

大きなカサブタ

2008/07/01 13:33 固定リンク

お忙しい中、回答頂きましてありがとうございました。恐縮ですが、再質問お願い致します。お腹のカサブタは舐めて表皮剥がれの後できましたが、胴体右側一帯に次々と大きなカサブタができたのは、舐めたりすることなく出来たものです。初め、背骨付近から右側側面に皮膚が全体ではなく所々赤くなっていました。(湿疹はありません)ドルバロンを止めて注射に切り替えてから2日位で赤みは消えたのですが、次々にカサブタができ、一週間後には鎧でもつけてるかの様に硬くて大きなカサブタになってしまいました。皮膚病の診断は難しいとの事ですが、この様な状況から推測される皮膚病はありますか?

JJhachiさん (東京都/44歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

3歳と1ヶ月になるキンクマハムスターについて 朔夜さん  2015-07-02 16:29 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
猫の甲状腺機能亢進症の治療 ちゃんあいさん  2014-12-19 12:29 回答1件
猫の腫瘍、脳腫瘍について テキママさん  2011-05-04 19:11 回答1件
腎臓癌の摘出手術後、治療中に死亡 ハッピー1さん  2009-11-25 00:06 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)