投資配分 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

投資配分

マネー お金と資産の運用 2008/06/23 16:22

先日運用と貯蓄について質問したものです。あのあと、ネット銀行の口座を開設し、とりあえず100万を一年1%の定期預金に預ける予定です。また、ボーナスのうち、30万を投資信託へと思います。
?外貨MMFか、外国債券の投資信託 5万
?外国株式 5万
?国内株式(インデックスファンド225にする予定) 10万
?国内債券 10万
の予定です。モーニングスターでも配分をやってみたのですが、初めてのため、なかなか踏み込みにくく、この配分がどうなのか質問します。また、このうち、?か?に月1万くらいで積立を、と思っています。ご意見よろしくお願いします。

サコサコさん ( 愛知県 / 女性 / 27歳 )

回答:6件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

資産配分の期待リターンです

2008/06/23 16:59 詳細リンク

サコサコ様

CFP(R)の吉野充巨です。

<外貨MMFか、外国債券の投資信託 5万>につきましては
外貨MMFの購入では通貨分散が難しくなります。外国債券を対象とするインデックス・ファンドをお勧めします。

他の記載とあわせて、企業年金連合会が公表する各資産の期待リターンで試算しますと、期待リターンは4.08%になります。
債券と株式は1:1、国内と海外は2:1のバランスでリスクは8.7%未満と推計します。バランスは整っている配分と拝察いたします。

このバランスを維持されるためには、毎期積立の1万円は、同じ配分のバランス型投信で信託報酬の安いものの購入をお勧めします。

私のHPに資産配分検討表とともに、年金を運用している、国民年金基金連合会(均等配分型)、企業年金連合会(株式重点型)、年金積立金管理・運用(独行法)(日本債券型)の資産配分、各資産別の期待リターン(収益率)を掲載しています。宜しければご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

投資配分の決定には、プロセスが必要です。

2008/06/23 17:52 詳細リンク

サコサコ様、こんにちは。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

資産運用は、車の運転に例えると、わかりやすいと思います。

車の運転なら、まず、出掛ける前の準備として、目的地までのマップを見て、距離を把握し、時間までに到着できる速度を計算し、どんな運転をすべきかをイメージし、最後に、乗る車を決定しますよね。

資産運用も、それと同じように、運用目的を設定して、運用期間を把握し、どの程度のリスクを取るべきかを計算し、資産配分を決め、最後に、投資銘柄を決定する、といったプロセスが必要です。

はじめてご相談に見える方のほとんどは、どんな車に乗るかばかりが、気になって、肝心な運転のイメージができていないように思うことが、多いです。

実は、どんな車に乗るかは、それほど重要ではなく、運転の仕方が重要なのです。車種は、燃費の良い車、有名メーカーの車等々、いろいろありますが、個人的には、それは、お好みの選択でよいと思っています。

話が、やや抽象的になってしまいましたが、要するに、上記のようなプロセスを踏まないと、最適な投資配分は、決められないということです。

アクセルを踏み込む前に、できれば、専門家と相談しながら、投資プロセスを固められるのが、ベターと思います。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

リスク許容度を考えながら・・・・

2008/06/23 17:44 詳細リンク

こんにちは、サコサコさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。


そうですね、やはり最初は一歩を踏み出すのに時間がかかってしまう事がありますね。
しかし、後になってもっと早く始めればよかったと思う事もありますよ。


さて、現在お考えの資産配分ですが、国内の比率が多いようですね。
また、今後も国内へ積立を考えておられますが、あまり国内ばかりに投資するのは分散という観点からお勧めしません。

出来れば、国内も世界の中の、一地域と考えて海外とバランスを取られて方が良いでしょう。

リスク許容度を考えた場合は、リスクを小さくするために債券投資信託の比率を高められて、運用されれば良いでしょうね。

また、国内の債券への投資は、考えなくても良いかも分りませんね。
債券は海外債券として、国内と海外の株式投信をもっと分散されてはいかがでしょう。

積立も出来れば、最低でも月額2万円くらいで2銘柄を購入されていかれればと思いますが、どうしても1万円しか無理でしたら、積立分と初期購入を併せたポートフォリオを考えられても良いでしょう。

積立は、ドルコスト平均法という手法を取れますので、多少リスクのあるものでやられても良いでしょうね。

また、ありましたらご相談ください。

私の方でも投資信託の取り扱いはやっておりますので・・・。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

10年以上の運用期間がある場合は・・・

2008/06/23 17:54 詳細リンク

サコサコさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

30万円+月1万円の運用期間は10年以上あるということでしょうか?
5〜6年後位に住宅を購入する予定で、もしかしたらその時使うかも?とお考えでしたら
円建てのMMFが無難です。

10年以上の運用期間がある場合は
外国債券、外国株式、日本株式の3配分でいいかと思われます。
なぜなら預貯金やすでに運用されている個人向け国債は日本債券に分類されるからです。

30万円を均等に3配分して株式型積立で行くのでもいいでしょうし、
海外債券と日本株式を半々で後の積み立てを外国株式という方法もあります。
15ヶ月後には15万円ずつの投資額となりますね。

運用状況を見極めながら積立を変更していくといいでしょう。

なお本格的な運用をご希望でしたら、キャッシュフロー分析をして期待リターンを割り出して配分をきめることになりますが、住宅購入が決まった段階で住宅ローンを含めFPに相談されるといいと思います。

恩田 雅之

恩田 雅之
ファイナンシャルプランナー

- good

バランス型の投資信託を検討されてはいかがですか。

2008/06/26 15:29 詳細リンク

サコサコ さん

こんにちは、FPの恩田と申します。

投資配分についていろいろと考えられていますね。
株式・債券・国内・海外に分散投資をすることで収益の機会を安定させようとする努力が伺われます。質問いただいた内容から考えますと4種類の投資信託での運用を考えられているのでしょうか?

初めての方が4つの投資信託を管理されるのは結構手間がかかることかと思います。
バランス型の投資信託で株式・債券・国内・国外に投資しているものから選択されたらいかがでしょうか。

投資信託によって異なりますが、運用レポートを毎週、毎月作成してインターネットで公開しているものもあります。そのようなレポートを丹念に読んで勉強されてから、運用する投資信託の数を増やしていかれたらいかがでしょう。

質問者

サコサコさん

ありがとうございます

2008/06/23 17:19 固定リンク

早速の回答ありがとうございます。同じ配分のバランス型の投資信託、というのは考えていなかったので、早速調べてみたいと思います

サコサコさん (愛知県/27歳/女性)


配分は全く問題ありません

2008/06/23 17:38 詳細リンク

サコサコ様 バームスコーポレーションの杉山です。

5月に質問いただいたときより、ずっと現実的になったように感じます。

資産配分はそれほど気にすることはありません。これで十分です。あとは、1年に1回程度バランスを再調整してあげることです。株式と債券が期待通りの値動きをすれば、当然、株式の配分が大きくなってしまいます。そのとき、債券の割合を少し多くしてあげる。その手間が必要です。この手間をリバランスといいます。資産配分よりリバランスに気をつけたほうがよいでしょう。

(1)については、外国債券がよいでしょう。理由は、日本株式と外国債券を併せ持つと分散投資の効果が大きくなると期待できるからです。

(3)については、できればTOPIX(東証株価指数)のベンチマークにするファンドがよいでしょう。機関投資家のベンチマークは、ほぼTOPIXになっていると思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用について はるかママさん  2008-06-19 17:28 回答7件
初めての資産運用 おコメさん  2010-01-19 12:11 回答4件
200万円を18年で400万円に kanachaさん  2008-12-10 21:12 回答7件
プランの内容 リネさん  2008-11-10 22:49 回答6件
初めての投資 sayurinnkoさん  2008-05-23 20:28 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)