社会保険加入について質問です。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険加入について質問です。

マネー 年金・社会保険 2008/06/18 11:39

6月17日よりパートとして仕事を始めました。
厚生年金と健康保険について、入る時期は本人の希望と言われました。
すぐ入るつもりでおりましたが、6月からの入社ですと、今年中は主人の扶養としていた方がよいのでしょうか?
年収130万以下というのは、今年1月〜12月までの年収をさすのでしょうか?

月収は予定として10〜12万程度になります。
よろしくお願い致します。

ヨッシー1さん ( 東京都 / 女性 / 30歳 )

回答:2件


ファイナンシャルプランナー

- good

早い方がいいでしょう。

2008/06/18 17:30 詳細リンク

ヨッシー1さん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

社会保険の扶養の要件は1〜12月の収入ではなく、将来にわたる収入です。
つまり130÷12か月≒108,334円の収入が確定した段階で扶養を抜ける必要があります。

入る時期は本人の希望ということですと、早く加入して保険証をもらい
扶養をはずす手続きをしたほうがいいでしょうね。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

考え方として。

2008/06/18 17:49 詳細リンク

はじめまして、ヨッシー1さん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。


私は、社会保険労務士や税理士の資格を持っていませんので、FPとして考え方をお伝えしたいと思います。

まず、年収というのは、おっしゃられているように1月から12月までの収入を指します。

ですので、ヨッシー1さんがこれまでにも収入がありましたら、それを合算して計算します。

年収103万円以下でしたら、所得税の扶養になれますし、年収130万円以下でしたら健康保険の扶養にもなれます。

またすぐに社会保険に加入されれば、将来の老齢厚生年金の加入期間が増えますので、その分がご自身の老齢厚生年金額に反映されてきます。

目の前の節税か将来の年金かを考えられて、選ばれてはいかがでしょう。

質問者

ヨッシー1さん

月の途中の加入について

2008/06/18 18:15 固定リンク

回答ありがとうございます。

会社にはほぼ7月から加入と言ってしまったのですが、6月17日からでも早めの手続きの方がよかったのでしょうか?

月初でも月末でも、保険料は丸々、差し引かれるので、手取りが少なくなると聞きました。
旦那の扶養から抜けるのはどのタイミングで行えばよろしいのでしょうか?

6月から加入とすると、健康保険の加入が二重になったりはしないのでしょうか?

ヨッシー1さん (東京都/30歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

健康保険・年金の扶養 wedaniv000さん  2008-11-20 00:34 回答1件
【至急】失業保険受給中に扶養に入っていました。 みっこみっこさん  2013-08-05 23:24 回答1件
夫の扶養に入るタイミングについて 桃りんさん  2009-06-27 15:36 回答2件
扶養について ぐーぐーさん  2008-10-15 13:32 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)