給与所得控除と基礎控除について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

給与所得控除と基礎控除について

マネー 税金 2008/06/15 22:13

私は個人事業主をしながら、アルバイトをしようと思っているのですが、アルバイトにて給与所得控除65万円+基礎控除35万円は受けながら、青色申告10〜65万円+基礎控除35万円を受けれるのでしょうか、基礎控除や給与所得控除がどのようになっているのか、そのあたりの細かいことが良くわからないので、回答よろしくお願いいたします。

イチローさん ( 東京都 / 男性 / 22歳 )

回答:1件


基礎控除は一人につき38万円です

2008/06/16 08:58 詳細リンク
(5.0)

おはようございます、イチローさん。

コンサルタントの若宮光司です。

基礎控除は、国民一人ひとりに与えられたものですが、1人につき38万円(住民税は33万円)。

なので事業所得と給与所得の二種類の所得が合っても確定申告書に記載できる基礎控除額は38万円一回きりです。

給与所得控除は給与所得の計算の中で使用して、
青色申告特別控除は、事業所得の計算の中で使用できます。

評価・お礼

イチローさん

ありがとうございました。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

青色申告とアルバイト(給与所得)の場合の扶養について フィールさん  2013-12-02 09:15 回答1件
個人事業主としての確定申告のしかた ごん☆彡さん  2008-02-03 09:28 回答1件
経費、確定申告、個人事業主など こんばんはさん  2007-10-31 22:16 回答1件
給与所得と事業所得がある場合の確定申告 配偶者控除について アメジストさん  2013-10-09 06:03 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)