確定申告の仕方について - 税金 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

確定申告の仕方について

マネー 税金 2008/06/06 09:32

主人が医師なので、所属している大学以外に様々な所(健診や他病院の当直・外来など)から給与という名の収入があります。今までも確定申告はしてきましたが、他施設に行くための交通費も自費だし、会社と違って出張費も出ないので学会に行く費用も自費です(3回分は多少の補助が出るようですが、3回では足りません)。もちろん、医学書は高いので、数冊買うとかなりな金額です。そういったものを経費に出来ないのかと、前回の申告の時に聞いてみたのですが、「それはサラリーの中に全額含まれているので無理です。」と言われました。拘束時間や医師という職業を維持するためにかかっている費用に対して、とにかく税金を払ってばかりな気がしています。どうして経費として落とせないのか、落とすとしたらどのように手続きするのかを教えてください。

はっぴ〜ままちゃんさん ( 神奈川県 / 女性 / 32歳 )

回答:3件

必要経費を差し引くことはできません。

2008/06/06 11:12 詳細リンク

京都の税理士、佐々木です。
健診や他病院の当直,外来などの勤務は雇用契約によりますので、受け取る収入は税金の計算上給与所得に区分されます。給与所得については、その収入に要した必要経費を計算して差し引くのではなく、給与所得控除という控除を収入から計算上差し引くことはご存知のことと思います。この給与所得控除が概算経費的な性格のものと言えます。
特別な場合を除いて個別具体的に必要経費として収入から差し引くことはできません。
出張費、交通費や医学書などの任意の支出は医師としてのキャリアを維持するために必要なのですが、これらの支出も見込んで収入金額が決められているといえます。税金の計算上は一般のサラリーマンがキャリアを維持するために任意に支出する研修費や会費、書籍代などと取り扱いは同じになります。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

所得区分によって変わります。

2008/06/06 18:32 詳細リンク

はっぴ〜ままちゃんさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

所得区分が給与所得か事業所得(あるいは雑所得)になるかで、
経費の考え方も違ってきます。

一般的に雇用契約に基づくものであれば給与所得になりますし、
委任契約によるものは事業所得等となります。

具体的には、派遣医としての診察や地方公共団体等の開設する救急センター、
病院等において休日、夜間診療の委嘱料は給与所得となります。

給与所得に該当しますと給与所得控除という概算の経費しか原則認められていません。
例えば、給与収入が1,000万円としますと経費として認められているのは220万円になります。(額面の22%)

もちろん、実際の経費が220万円(給与所得控除)以下でも減らされることはありません。


もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

大黒たかのりが提供する商品・サービス

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

対面相談

相続税が心配!相続税の相談、税額試算サービス

相続税増税に備え、現状把握することは非常に重要です


一部は必要経費にすることが可能です

2008/06/06 12:46 詳細リンク

こんにちは、はっぴ〜ままちゃん。

コンサルタントの若宮光司です。

ドクターからの相談を沢山いただいておりますので、内情はよくわかります。
必要経費とならない支出と必要経費となる支出があるのです。
詳しく説明する必要があるので二部構成で回答いたします。

ご主人が大学からいただく給与は給与所得として申告することになり、給与受給者の必要経費分として給与所得控除がありますので、給与から必要経費を差し引くことは税法で定められた特定支出以外は経費となりません。
参考に見ていただく国税庁のホームページアドレスを下記に掲載しておきます。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1415.htm

大学以外からいただくお金には、二種類の所得があります。
一つは、給与所得として大学からの給与と合算して申告する収入。
もう一つが、雑所得又は事業所得として給与に合算しないで別項目で経費を含めて申告する収入。

続きを追記に回答します。

補足

毎年年末から1月にかけて依頼先、メーカーなどから届く『源泉徴収票』の用紙に違いがあります。
『給与所得に係る源泉徴収票』に記載された収入は、給与所得。
『報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書』に記載された収入は、雑所得又は事業所得。

薬品メーカーからもらう『原稿料』『講演料』などは、給与ではなく雑所得なのです。

この雑所得の収入を得るために必要な経費は、雑所得から差し引くことができるのです。
原稿執筆のために購入した医学書の本代、文房具、パソコン費用などや講演のための交通費、宿泊費、打ち合わせの飲食代などは当然に経費とすることができます。

経費で落とすからには、もらう交通費も収入として計上しなければいけません。

それらを一年分整理したうえで収入と収入を得るための必要経費を漏れなく確定申告書に記載して税金を納めてください。
必要経費として計上した請求書、領収証などは確定申告書に添付する必要はありませんが、後日税務調査の時に提示できるように保管が必要となります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1500.htm

http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2795.htm

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

130万未満給与+報酬 社会保険上の扱いは ヒメコさん  2007-07-28 01:23 回答1件
事業所得から給与所得への変更における税金について ヒガシさん  2010-08-28 13:13 回答1件
給与所得と雑所得の確定申告と扶養について muntin2013さん  2013-09-24 19:48 回答1件
源泉徴収票のない収入の確定申告の仕方を教えてください くゆりんごさん  2013-03-01 19:53 回答1件
年末調整時の妻の雑所得について パンサーズさん  2012-12-24 18:47 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

たったの30分!安心、らくらく、住宅ローン控除申請代行

サラリーマンの方へ。面倒な確定申告を税理士に任せませんか。余った時間は仕事や家族サービスに。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

その他サービス

安心、らくらく、ストックオプション確定申告代行

ストックオプション。確定申告しないと最悪懲役刑や罰金が科せられます。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)