扶養認定について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養認定について

マネー 年金・社会保険 2008/05/22 21:28

はじめまして。唐突ですが、妻を扶養に入れようと手続きをしたところ、入れないと言われました。
妻はアルバイトで収入は月13万前後でしたが、現在時間を減らし、月5〜6万ほどになっています。
しかし、直近3カ月の給与明細から判断するらしく入れないということのようです。
年間の給与としては103万は全く超えない予定ですが、それでも難しいのでしょうか。
保険証の関係上、早く扶養に入れて保険証を取得したいのですが・・・

はややんさん ( 埼玉県 / 男性 / 24歳 )

回答:3件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養について

2008/05/23 08:00 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です。

よくあることですが、扶養は被扶養者の年間収入が130万円未満が基本ですが、
多くの健康保険組合(共済組合)は 直近3ヶ月の給与明細上の総額の月平均額
【 (今月の給与+先月の給与+先々月の給与)/3】が108334円以上、
になれば扶養をはずす、というきていのところが多いです。

現在は5〜6万でしたら平均はさがるでしょうから、2ケ月後には扶養認定できると思います。詳細は所属の健保組合に聞く必要がありますんので、一度確認をお勧めします。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山宮 達也 専門家

山宮 達也
ファイナンシャルプランナー

- good

もう一度確認してみましょう

2008/05/23 17:20 詳細リンク

はややん様はじめましてFPの山宮と申します。

ご質問はおそらく健康保険の扶養の件と思われますが、
健康保険の扶養認定は収入が''130万未満''であれば扶養に入れられるのですが、
細部の基準は健康保険組合によって異なっています。
従って手続きを会社でされた時には直近の給与明細で判断されたとのこと
なので、はややん様の会社の基準に従って手続きをせざるを得ないとは
思います。
ただもう一度会社の担当者に再確認するか直接健康保険組合に確認をされ
た方が良いと思います。(何か方法はないか)

確認後やはり無理であれば、会社の基準に合う給与明細が揃った段階で
速やかに再度手続きをしていただくことしかないようです。

なお、今年の1月から12月までの奥さまの収入が''103万以下''になりそうであれば、
所得税上の扶養だけ先に手続きしたらいかがでしょうか。
(会社にもよりますが、税扶養はすぐに手続きできる会社もありますし、毎月の
税金額も少なくなりますので)

回答専門家

山宮 達也
山宮 達也
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
070-4004-0236
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

相談者自身が考えて行動を起こせることを目指します

知らないと損することが多い世の中です。保険や公的な手続きは、自分からアクションを起こさないと得られるものはありません。相談者のお話をよくお聞きして、相談者自身が自らアクションを起こせるようなアドバイスを行ってまいります。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養家族(保険の被扶養者)への加入可能!

2008/05/23 11:21 詳細リンク

はややん様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回のはややん様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。
(ご参考)
1.年収〜103万円以下の場合、
所得税は非課税かつ扶養家族(保険の被扶養者)への加入可能です。

2.年収103万円超〜130万円未満まで、
所得税は課税されますが、扶養家族(保険の被扶養者)への加入可能です。

3.又、家族手当は、
年収〜103万円以下を基に会社から支給されると考えます。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

特定理由離職者の短期アルバイト ちーぞうさん  2012-12-07 18:31 回答1件
産休後、一時的に短時間勤務を行った場合について 奈緒子さん  2010-10-06 12:44 回答1件
税の扶養について chu0406さん  2011-02-08 09:19 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)