扶養範囲の金額について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養範囲の金額について

法人・ビジネス 独立開業 2008/05/22 09:52

昨年から事業を始め青色申告をしております。
昨年度は売上がなくマイナスの申告でしたので今の所夫の扶養にしております。

夫の会社にどの時点で扶養から外れた方が良いか確認した所、130万を事業所得で超えた時との回答がきました。
?これは38万円の間違いでしょうか、事業所が130万円という見解であればそれに準ずれば良いのでしょうか。(青色申告者ということは伝えてあります)

?昨年度の確定申告を見て判断ということであれば、どのタイミングで扶養から外れたら良いのでしょうか、自分の判断で構いませんか?

びるちゃーどさん ( 東京都 / 女性 / 38歳 )

回答:1件


扶養範囲は二つあります

2008/05/24 20:37 詳細リンク

こんばんは びるちゃーどさん。

コンサルタントの若宮光司です。

実は、扶養範囲には二つあります。

ひとつは、社会保険に家族として入れる扶養範囲
もうひとつは、税法上の配偶者控除または扶養控除に入れるかの範囲

社会保険の扶養範囲は、年収130万円までとなっています。
(ただし、恒常的にという条件が付きます)
税法上の扶養範囲は、年収ではなく所得額が38万円までとなっています。

これは法律で定められたものですから、ご主人の会社が判断するものではありません。

びるちゃーどさんがご主人の社会保険家族から外れるのは、びるちゃーどさんの事業の売上が恒常的に130万円を超えると見込まれた時点となります。
(この恒常的になったかどうかは会社の判断にゆだねられるところです)

びるちゃーどさんが税法上の扶養範囲から外れるのは、確定申告の結果、申告書の9番の所得額が38万円を超えていた場合となります。
確定するのが翌年の申告ですのでご主人の会社への報告が遅れることも考えられます。
その場合は、前年末のご主人の年末調整をやり直してもらうことになります。

簡易に判断するとすれば、びるちゃーどさんの事業の利益が38万円を超えると扶養から外れることになりますので11月末の時点で利益が38万円を超えていればご主人の会社で年末調整する時に扶養から外してもらっておく方がいいでしょう。
もしも確定申告した結果、38万円を下回ったらご主人がびるちゃーどさんを扶養にする確定申告をすれば良いのです。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
開業前の確定申告 anbeeさん  2014-12-15 16:03 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
個人事業開始のタイミング サンクルクルさん  2012-05-23 00:24 回答1件
会社に所属したほうがいいか、開業したほうがいいか shihorigonさん  2011-02-25 08:51 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)