老後の夫婦年金金額算出とこれからの生活 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

老後の夫婦年金金額算出とこれからの生活

マネー 家計・ライフプラン 2008/05/20 14:49

最近夫婦で話し合っています。65歳からいくらもらえるのか、そのためには今からどうすればいいか。私は主婦です。田舎で自営の英語教室をしていますが、それからは月に3〜4万のみです。主人は4年以上も単身赴任で大阪にいて完全な2重生活です。それはこれからも続くそうです。子供は2人、8歳と7歳です。私が月に3万、主人の年収は450万。いろいろ引かれて振り込まれるのは月に33万ちょっとです。主人の生活費で10万送って、あとはこちらで使うんですが、車のローン、学資保険、主人の生命保険、携帯や子供の学費用積み立てや習い事等で月15万くらいを振り分けて振り込んでいます。その他に田舎の大家族ならではの食費と電気代、主人が外国人が故の国際電話代を払っています。それらがしめて6万くらいでしょうか。その残りから毎月の学校に支払う学級費や子供に必要な物品等を買い、残らないため貯金はほとんどありません。毎年1回は主人の実家に子供たちを連れて行く費用を何とか算出するので精一杯です。(12万くらい)この状態でこれから例えばJAの年金積み立ても考えていますが、せいぜいかけれるのは5000円くらい、何とか頑張って1万です。1年くらいしか外で働いてない私は国民年金ですがほとんどないでしょう。今33で主人が36、あと30年にどれだけの苦労をしていけば普通に暮らせるだけのお金が手元に入るのか計算していただければありがたいです。実際まだJAとか郵便局とか年金積み立てをしても老後いくら毎月落ちるのか、そこまで調べてはいませんが両親が言うに早めに(30代のうちに)入らないと高くなるというんです。このような感じの情報で果たして計算できるかどうか分かりませんがどうかよろしくお願いします。

韓国人の妻さん ( 広島県 / 女性 / 33歳 )

回答:3件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

ご質問にお答えします。

2008/05/20 18:15 詳細リンク

韓国人の妻さんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

ご主人が単身赴任ということで、家計のやりくりも大変なことと存じます。

まず、公的年金についてお話します。
ここでは、ご主人が厚生年金に加入されていることを前提にしてお話します。

ご主人が厚生年金、奥様が国民年金(または第3号被保険者)の場合、
厚生労働省が言っている標準的な年金の額は、およそ238000円です。
(20歳から40年間公的年金の掛け金を支払うとして)
ちなみに、韓国人の妻さんとご主人の場合は、
65歳から公的年金が支給されることになります。

次に、老後の備えをどうするかについてお話します。

現在の生活費ですが、かなりつましくされているようにお見受けします。
子どもさんが進学されるにつれてふえてくる教育費が気になりますが、ご主人の給料が上がる見込みであれば何とかなるかもしれません。

公的年金が支給される時は子どもさんも成人され、家族構成も変わっておられるでしょう。
老後の生活費は、ご主人の生活費を差し引いた現在の金額よりも少なくなることも十分に考えられます。
ご主人が退職されご夫婦同居となった時の家計を、現在の家計を参考にしながら一度試算されてはいかがでしょうか。

最後に、年金積み立ての件についてお話します。
年金積み立ての利率<車のローンの利率 であれば、年金の積み立てのお金を次回の車の購入の積み立てとするのもひとつの方法です。年金積み立てよりも、マイカーローンに依存している状態からの脱却するほうが先だと思われます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

今からでも大丈夫です

2008/05/21 23:31 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティングの岡崎です。

しっかりと先を考えておられるので、今後もきちんと家計管理していけば大丈夫です。
しかし今後はお子さんの教育費が重みはじめ、今以上に厳しくなることが予想されます。
よってまずはもう少し家計の引き締め(例えば国際電話も安くする方法はあるのでしょうし、保険も見直しできるでしょう)して、少しでもキャッシュを残し、まずは夫婦で1万円ずつでよいですから貯蓄して行きましょう。退職金額がどれくらいかわかりませんが、約3000万あれば安心です。
英会話教室されている自営業ですからしっかりと事業計画立てて売上伸ばすのも重要でしょう。一度ライフプラン表を作成されて、今後のシュミレーションされてはいかがでしょうか。
そうすれば今後どのくらいお金が必要で老後はどのくらい必要か目に見えてきます。
参考にhttp://www.fp-con.co.jpにライフプラン表があります

ぜひ安心した豊かな生活送ってください。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

収入を増やすことは、できませんか?

2008/05/20 22:38 詳細リンク

韓国人の妻さん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

単身赴任で、二重生活が続くとなると、家計はきついですよね。

大家族ということは、ご両親と同居なのでしょうか。

お子様も小学校に入っているのでしたら、ご両親に面倒をみてもらって、フルタイムでお仕事をすることはできませんか?

厚生年金に加入できる職場でしたら、その分老後の安心も増えます。

お子様の教育費も、かかるようになりますから、職探しをしてみてください。

質問者

韓国人の妻さん

回答の詳しい詳細について

2008/05/21 12:05 固定リンク

上津原さん、早速に分かりやすく私の理にかなった回答をありがとうございました。私たちの気持ちをよく理解していらっしゃると感じました。その上で再度質問があります。まず公的年金についてですが私に関しては2年ほど前に17万くらい未納分があると知らせがきましたが払えないのでそのままにしていますので結局40年いっぱいは払ってありません。主人にしても結婚して国家資格を取ってからの今の仕事なので厚生年金もまだ8年弱くらいですので40年間の支払いには10年くらい足りないと思います。そして私はこれからの人生も出来れば自分の英語面での領域は広げても韓国では子供の教育に重視し、それを中心で生きて行くのでどこかにフルタイムで働きに出るということはないかもしれません。従ってずっと国民年金の可能性が強いです。およそ238000円の支給とありますが実際そんなにはでないですよね。二人で1ヶ月に20万でないくらいになるんじゃないですか?今より物価は上がるでしょうし、この家賃のかからないうちの田舎の実家か韓国の実家に住むか、はたまた海外に移住するか子供がいないんですからその辺はお金さえあれば自由ですよね。日本に帰化することのない主人でも日本人と同じように年金はでるんですね!?それとマイカーローンからの脱却についてですが今の車は今年車検で2年半くらい払いましたけど主人にはボーナスがないので均等割りで月22800円くらいです。毎月23000円ずつ振り込んでいます。外国人がゆえに銀行などでお金がなかなか借りれないしクレジットカードも作れないです。困るんですよ。親の名前で借りてもらって毎月必ず振り込んでいます。上津原さんが言われたのは積み立て月1万として5年分60万を車購入資金の足しにして支払い金額を減らすということでいいんですか?またご返答をお待ちしています。

韓国人の妻さん (広島県/33歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

赤字家計を脱出したい(中学受験をめざして) くろみちゃんさん  2009-05-08 01:06 回答4件
家計のどこを節約すればよいでしょうか? fukufukuさん  2009-01-28 14:25 回答6件
毎月赤字で貯金ができません めぐぱそさん  2007-07-18 13:46 回答4件
貯蓄・保険の割合は適していますか? 3939ハハハさん  2012-01-22 23:55 回答2件
どんどん家計が苦しく・・・ minminmamさん  2011-06-02 18:23 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)