繰上げ返済か、学資保険か - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

繰上げ返済か、学資保険か

マネー 家計・ライフプラン 2008/05/20 00:29

夫37歳(会社員)、妻37歳(専業主婦)
子供 長女7歳(小学2年)、長男 2歳の4人家族。

夫の年収、手取りで約650万

住宅は10年前に、3500万で購入。
うち住宅ローンが2950万。
繰上げ返済を何度かして、
残りは480万(2014年完済)と
260万(2018年完済)です。

今年新車を購入し、340万ほど貯蓄が減額しました。
150万程度しか残っていません。

その他、保険で妻50歳の満期で500万、夫60歳の満期で500万。
その他の医療、死亡保障等の保険は掛け捨てで入っています。

学資保険を検討中で、
現在検討中の内容は、18才満期で長男が総額480万 受け取り。
長女は加入が遅くなり、保険の支払額がかなり増えるため、18歳満期で総額320万の受け取り、

保険金が、二人で年間58万程度になります。
夫の死亡時の保障も考えると、貯金より、こちらの方が学費を工面できると思い、また、いずれは学費がかかるので、少し無理してでも、保険金の支払をしたいと思っています。

長女が小学生のうち、なるべく早いうちに、ローンを完済て、その分を貯金に回したい、とも考えています。
貯金も少ないのでしないといけないし、ローン完済も、学資保険も・・・、と

何を重要視していいのか、悩んでいます。

長男が小学校高学年くらいで、パートへでようとは考えています。

はらけさん ( 兵庫県 / 女性 / 37歳 )

回答:4件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

繰上返済か、学資保険か

2008/05/20 06:58 詳細リンク

こんにちわ、FPコンサルティング岡崎です

しっかりと繰上げ返済をされ、しっかりと養老保険も加入されていますね、素晴らしい。

学資保険を検討されているとのことですが、他の保険(掛捨て)にどれくらい加入されているかによっては、学資保険(特に育英年金付き)は不要でしょう。元本割れる可能性高いですし。もっと効率的な学資形成もあります。

住宅ローンがどれだけの金利かなどお聞きしないと、栗毛返済もいいのかどうかなどの正確な回答できませんが、最終的にはライフプランをたてると、整理でき先が見えて安心できますのでお勧めです。参考までに→
http://www.fp-con.co.jp/life-plan.pdf

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

学資保険について

2008/05/20 09:22 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

学資保険は、現状では加入しないほうがいいです。確定利回りの保険で長期でお金をためるのは、金利が低いときにはやめましょう。インフレリスクがあり、かなり損をすることも考えられます。ご主人が亡くなったときの保障については、ご主人の保険できちんとカバーされているのですよね?それならば2重で保険をかける必要はありません。

今後ですが、現状では貯蓄額が150万円ということなので住宅ローンの繰上げ返済はやらないほうがいいと思いますが、今後貯蓄がたまってきたら住宅ローンの繰上げ返済を期間短縮する方法ではなく、毎月の返済を下げる方法をとると子供が教育費がかかるころに支出が減っているので楽になるのではないでしょうか。子供の教育費がかかるときは、期間短縮よりも毎月の返済額を軽減する方法のほうがいいと思われます。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

家計と保険の考え方と学習費です

2008/05/20 09:33 詳細リンク

はらけ 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3. (資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。

これに沿って収支と運用をお考えください。
収入では、お子様が高学年になりましたら、はらけ様の収入確保で家計の余裕を得られるようお勧めします。
まず支出面では保険の見直しをお勧めします。
保険は、ご主人が若しもの際に、公的な遺族年金+死亡退職金+貯蓄とはらけ様がお働きになる収入で不足する分を保障するだけで足ります。また住宅ローンのために団信に加入されていませんか?
加入されていれば若しもの場合はローンは完済されます。
また、保険と貯蓄は別々にお考えになる必要があります。保険は掛け捨て、貯蓄は別途積み立てをお勧めします。

医療保険も、公的な保障である高額療養費制度があります。このため多くの保障は不要と考えます。私のHPに高額療養費制度、差額ベット代、入院日数などを掲載しています。宜しければご一読ください。
http://www.officemyfp.com/kougakuryouyou.htm
それでもご心配な場合は、2,000円〜3,000円で一定の保障が得られる、こくみん共済か県民共済などをお勧めします。

資産の運用は、無リスクで利子率が運用益になる住宅ローンが有利です。
お子様の学資を確保の後にはローン返済してください。
お子様の学習費は下記コラムをお読みください。
子供の教育費
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30894

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

優先順位をつけてみましょう

2008/05/20 06:45 詳細リンク

はらけさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

「貯金も少ないのでしないといけないし、ローン完済も、学資保険も・・・、と何を重要視していいのか、悩んでいます。」

焦るお気持ちもわかりますが、優先順位をつけてみましょう。

貯金が少ない・・・確かに150万円では少ないです。もう少し貯金しておいたほうがいいですね。

ローン完済・・・・すでに繰り上げ返済をされて完済までもう一息というところですが、急ぐ必要はありません。はらけさんがお仕事をされるようになってからでもいいと思いますよ。

学資保険・・・・・教育費の準備ということですから払っただけ戻ってこない学資保険ではなく貯蓄をしましょう。お父さんに万が一の場合の保障として死亡保険で担保されているのであればダブルで死亡時の学費を考えることもないと思います。

よって、今は貯蓄を増やすことに専念しましょう。学費を貯蓄で積み立てることで貯蓄が少ないという悩みも同時に解消されます。

万が一の場合だけでなく病気やけがでお仕事ができなくなる、給与が減ることがないわけではありません。そのためには貯蓄が必要です。学資保険であればきちんと学費の準備はできるかもしれませんが、給与が減って払えない、どうしてもお金が必要になって解約となった場合は大幅に元本割れします。

50歳満期の養老保険も学費に充当できますね。

お子さんの進路によっても準備したい金額は異なりますが、少なくとも18歳を目安に500万円はほしいものです。計画的に積み立てをしましょう。

月4万円を5%で10年間積み立てると623万円になります。養老保険とあわせると1000万円以上になりますね。積み立ては投資信託などを考えるといいでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
どんどん家計が苦しく・・・ minminmamさん  2011-06-02 18:23 回答3件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)