終身年金を検討しています。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

終身年金を検討しています。

マネー 年金・社会保険 2008/05/12 11:58

30歳独身です。
将来家族を持つ予定もありません。
個人年金などで年額60万円ほど確保したいと
思っています。
保険料は月額5−6万円まで可。
長生きリスクに一番の不安があり、
終身年金を検討中です。


・勤め先が企業年金に加入していないので、
個人型の確定拠出年金(元本保証型)に
限度額いっぱい入るつもりです。
終身受取(保障期間を短めに)にすると、
仮に元本以上の利回りができなかったとして
一般的に受給額は定額年金保険とほぼ同じと
なるのでしょうか。


・確定拠出年金加入後、余裕があれば定額型の
個人年金にも加入予定です。
受給額分が所得とみなされ、
税金・国民健康保険料が
高くなってしまうのか心配です。


・個人年金はインフレに対応できないことなど、
あまり勧められる商品でないことは理解しています。
ただ、長生きしてしまうことがとても不安なので
どうしても終身型の商品に加入したいのです。
長生きの不安に対応できるほかの方法があれば
教えて頂きたいと思います。


・手に職もないので将来の安心のために
55歳から受取開始の終身年金に加入したい
とも考えています。
(かんぽ・JA・全労災の3つに分散して加入を検討)
少々保険料金が高くても構わないと
思っています。
55歳で払込が済めば、安心できます。
(その分保険料が高いのは仕方ないと考えています。)
55歳〜60歳まで十分に収入があれば、
年金受給分は60〜65歳までの生活費として
貯蓄しておけるし、少しは将来に安心が
増えるかなと考えています。
この方法だと税金面などで損なのでしょうか。

いろいろと指摘をお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

たえさん ( 北海道 / 女性 / 30歳 )

回答:5件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

老後について

2008/05/12 12:28 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

老後が心配であるのならば、経済の勉強を少ししましょう。個人年金保険については、まだやらないほうがいいです。金利が低すぎます。
金利を長期で固定するのは、金利が高いときです。インフレリスクのことをご存知ならば、やるべきではありません。現状も物価が上がっていますが、物価上昇とはたとえば10000万円で購入できるものが減るということです。物価が毎年1%上昇するのであれば運用はそれ以上しないとお金が減ってきます。まだ、30歳ですのでそんなにあせる必要はありません。金利上昇を待ちましょう。そのときまでお金をためておき、金利の高くなった個人年金など一括支払でやるといいでしょう。
また、いろいろな商品への分散投資をされるといいですね。
経済の勉強の仕方ですが、日経新聞を毎日読みましょう。そして、なぜ株価や債券価格が上がったり、下がったりするのか書いてありますので読んでください。また、他の情報についても読んでおきましょう。そうするとだんだんお金の流れがわかってきて、運用に対しても怖くなくなるでしょう。お金をかけられるのであれば、ファイナンシャルプランナーの資格を取られるとお金に関しての基本がまとまっていますので勉強としては手っ取り早いですね。

評価・お礼

たえさん

ありがとうございました。

経済の勉強をして、
確定拠出年金から始めてみます。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

終身年金の件

2008/05/12 16:12 詳細リンク
(5.0)

たえさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

老後の資金確保の方法として、確定拠出年金に加入をご検討されていますが、年間の管理コストが決して安くはありませんので、この点を十分に理解したうえで加入するようにしてください。

管理コスト以上の運用成績をあげられない場合、絶えず元本割れの状態になってしまいます。

確定拠出年金に加入しなくても、『勤め先が企業年金に加入していないので...』となっていますが、現在、国民年金に加入しているのでしたら、国民年金基金に加入することをご検討していただくことをおすすめいたします。

国民年金基金の場合、終身支給タイプにも加入できますし、確定給付型ということで支払い保険料以上の年金給付が期待できるため、こちらに加入していただくことをおすすめいたします。

そのうえで、さらに不足と思われる年金部分につきましては、まず、毎月しっかりと積み立てていって、元本を大きくするようにしてください。

ある程度資金が確保できた頃に、改めてご相談していただければ、そのときに最適な金融商品などを差し障りのない範囲内で、アドバイスいたします。

まだ、人生はこれからなのですから、今からあれこれ金融商品に投資したり、慌てて保険に加入したりする必要はありません。

長い目でじっくりと自分に最適な金融商品を、ゆっくり自分のペースで組み入れていただければ十分に老後には間に合いますよ。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

たえさん

丁寧に回答して頂き、勉強になりました。
ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

401K,終身年金について

2008/05/12 16:45 詳細リンク
(5.0)

こんにちわ。FPコンサルティングの岡崎です。

長生きされる自信(長生きを考える)あるのでしたら、終身年金もよいと思います。だいたいが80歳超えると得になる計算が多いですね。所得控除ありますし活用されたらいいでしょう。

401Kに関してですが、運営管理会社の取扱商品により異なりますが、元本確保でも利率変動型にすれば金利上昇にも対応できるので良いと思います。ちなみに運営管理会社から、毎月手数料が500円くらいかかります。所得控除なるしいいと思います。

もし401Kされるのでしたらお勧めの本です。運用や制度概要だけでなく、ライフプランを中心に401Kをうまく運用しようという本です→http://www.fp-con.co.jp/modules/news/article.php?storyid=25

評価・お礼

たえさん

ありがとうございました。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6251-4856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

関西圏でお金の相談3000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

使途を限定した商品はほどほどに。

2008/05/13 07:57 詳細リンク
(5.0)

たえさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

長生きのリスクに備えて終身年金を。
とのお考えよくわかります。

しかし最初から終身年金を選ぶ必要はありません。
55歳まではしっかり積極運用、その資金を元に終身年金などに加入すればいいのです。
最初から年金保険タイプではご存じのようにあまり利回りは良くありません。

55歳までは元本保証型でなく積極運用で大きく増やし、その時点で終身受取タイプの年金に加入。
それをお勧めします。

終身の年金に加入することよりも十分な老後資金を作ることを考えましょう。

また確定拠出年金は途中で引き出すことができません。
年金保険では途中で解約すると元本割れます。

たえさんはまだお若いので今後お金が必要となるようなことが発生するかもしれません。
使途を限定した商品での運用はほどほどに。

評価・お礼

たえさん

ありがとうございました。

一番不安に思っていた、長生きリスクについて
受け止めて頂いて嬉しかったです。

終身年金に入るための資金を今から運用していくという心構えでがんばります。

ありがとうございます

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/05/13 08:25 詳細リンク
(5.0)

たえさん、こんにちは。[[フォートラスト:http:www//fourtrust.co.jpの大関です。

長生きリスクのために、終身年金という考え方は適切ですし、確定拠出年金
(401K)の検討もいいでしょう。

ただ、安心のために「元本保証型」や「定額」の個人年金を優先とする考え方
は、早計だと思われます。

25年以上の運用ですから、しっかり「お金に働いてもらう=運用による利殖」
ことも考えてみてはいかがでしょうか。

特に今のような低金利の時に、一般の定額の個人年金(終身年金)に入ってしまう
ことは、+αを切り捨てること、25年以上のお金の働き場を奪うこと、ひいては
資産の目減りを招く可能性に繋がってしまいます。

どうしても元本保証タイプの終身年金を選択されるようでしたら、

・「積立利率変動型個人年金」・・・元本保証で運用成果で+αが付く

・「変額年金」・・・・・・・・・年金原資の元本保証タイプ
⇒いわば、投資信託型年金ですので、25年間しっかりお金に働いてもらいましょう。

・「年金移行特約付終身保険」・・年金移行や、介護保障などを後から選択できる

なども有効手段と思われますので、参考にしてみて下さい。


ご不明な点がありましたら、個別にお問い合わせ下さい。

評価・お礼

たえさん

わかりやすく教えて頂き、ありがとうございます。
いろいろな商品を勉強し資金運用を
してみようとおもいます。

質問者

たえさん

資金をどこに分散して預けるべきでしょうか。

2008/05/12 18:04 固定リンク

わかりやすいアドバイスありがとうございました。

将来について急に不安になってしまい、
不勉強のまま年金保険だけに加入するところでした。確定拠出年金についても、落ち着いて勉強してから加入を検討することにします。

「企業年金に加入していない…」と書いてしまいましとが、誤りでした。
厚生年金には加入していますが、企業型確定拠出年金には加入していません。

現在ある100万円の貯蓄預金と今後毎月5‐6万円
を元手として、老後の資金を作りたいと思っています。60歳まで大きな買い物の予定はありません。
ネット銀行の定期、投資信託、国債、確定拠出年金、個人年金など、運用というかお金をどこにどのくらいの割合で分散して預けたらいいかアドバイス頂けますか。
大幅な元本割れは避けたいです。

現在は銀行の貯蓄預金に自動的に引き落とされる
様にしてあるだけで、他に特別な運用はしていません。

たえさん (北海道/30歳/女性)

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

最適の個人年金について ビリケンさんさん  2008-03-31 22:51 回答1件
個人年金保険について・・・ りりーさん  2008-10-01 13:03 回答2件
自営業の夫と派遣社員の妻の個人型401Kについて じぇんさん  2008-07-24 13:27 回答1件
個人年金保険解約について natsu2206さん  2016-07-28 17:49 回答2件
父と私、どちらの扶養家族にすればよいでしょうか? kobutasosさん  2013-10-31 12:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)