全く貯金ができません。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

全く貯金ができません。

マネー 家計・ライフプラン 2008/05/05 22:38

家計診断をお願い致します。
家族構成:夫(31)契約社員
妻(31)専業主婦
子(1)
<収入>
月収: 220000円(手取)
ボーナス:150000円(年3回合計)
借金・ローンなし
車2台所有:2台とも今年8月に車検。田舎なので車なしではどこにも移動できない。
<支出>
家賃 50000円
食費 30000円
雑費 20000円
携帯 10000円
光熱費 12000円
電話・インターネット 7000円
NHK 1350円
ガソリン 15000円
小遣い(夫) 10000円
小遣い(妻) 5000円
生命保険(夫) 11000円
生命保険(妻) 10000円
生命保険(子) 1600円
学資保険(子) 10000円
自動車保険(夫) 4000円
自動車保険(妻) 3950円

支出については、保険等は年間払いにし少しでも安くなるよう心がけております。
またできるだけ支出を減らすためにも外食はほとんどせず、実家で食べたりなどして
工夫したりと決してぜいたくはしてないのですが、貯金が全くできていない状態です。
夫は現在契約社員ですが会社的に正社員雇用はしないので、転職も考えていますが
現在の収入よりも高くなることは難しいので妻が乗り気ではありません。
かといって現在の会社で続けていくにはこの先不安でいっぱいです。
妻は教育上子供が3歳になるまでは働かないつもりでいます。
今後2人目の子供も欲しいのですが、今の現状だと家計を圧迫するのは目に見えてます。
今後どうしていけば宜しいでしょうか。宜しくお願い致します。

シュンパパさん ( 宮崎県 / 男性 / 31歳 )

回答:8件

上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

あなたの理想の父親像は?

2008/05/06 00:21 詳細リンク

シュンパパさんへ

こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。
今の収入で何とかやりくりされようとしている様子、
文面からも非常に良く分かります。

家計そのものは、私が見る限り問題ないように見えます。

ただ、実家に住むことが出来れば、いろいろな面で家計が楽になるかもしれません。
こればかりはシュンパパさんの価値観の問題だと思いますので、
もし出来るようであれば、ご家族やご実家ともよく相談してください。


「どうしていけばよいか」というよりは、

あなたが「どうなりたいのか」が今後の家計の大きなポイントになりそうです。

例えば、
「子どもが3人欲しい」
「将来、今の両親に代わって実家を守っていく」
「予算を気にすることなく車が欲しい」
といったようなことです。

あなたのなりたいことをかなえるために、どんな仕事をしたいのか、
実家との関係はどのようにすれば一番良いのか、
そこの所から考えられてはいかがでしょうか。やれば出来ます。

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

支出の改善点と毎月積立をお勧めします

2008/05/06 09:15 詳細リンク

シュンパパ 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

家計はとてもシンプルな構造です。
1.収入 - 2.支出 + 3. (資産×運用利率) = 4.貯蓄(年間の増・減)
で表されます。
1.は現状のままですから、2.の支出を節約し、3.の方法をアドバイスします。

支出面では
生命保険の見直しをお勧めします。現状の生命保険の保障額が分かりませんが、年間271,200円お支払になられています。一度、月々2,000から4,000円で、一定の保証が得られるもこくみん共済か県民共済の検討をお勧めします。

また、支出を書き出して支出額の大きなものから、改善の方法を検討されるようお勧めします。

貯蓄面では、
毎月積み立てを組まれて、収入口座から予め貯蓄に回される様お勧めします。毎月1万円でも積み重なると大きなものになります。
積み立ての対象は、1万円の場合には定期預金(ネットバンクが利率が高くお勧めです)、2万円以上の場合は、1万円を投資信託で積み立てては如何でしょう。

なお、1万円積立の複利運用表を掲載します。

補足

家計管理表のサンプルを下記コラムとして掲載しています。
宜しければ参照下さい。

家計管理表ファーム
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30901

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

奥様とよく話し合いましょう。

2008/05/06 10:06 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

現状かなり厳しそうですね。家計の状況について奥様と話し合っていますか。一度将来の目標や夢など話し合いいくらぐらいお金が必要なのか話し合いましょう。そして、そのお金をどのようにためるのか検討してみてください。お金をためるには、収入を増やすか。支出を減らすか。運用するしかありません。
シュンパパさんの場合には、収入を増やすのは奥様が働くことになるでしょう。もし、ご実家が近いのであれば、お子さんを預けて奥様もすぐに働いたほうがいいでしょう。また、シュンパパさんの収入の将来にわたっての安定も必要かと思います。
支出については、生命保険でしょう。奥様の保険料が少し高いように思えます。また、学資保険は現状金利が低いので長期で金利を固定するとインフレリスクがありやめたほうがいいでしょう。インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の低下リスクです。
運用については、今後、ある程度お金がたまったら経済情勢を考え検討してみてください。介在情勢により、預け先が変わってきます。先ほどの学資保険みたいな商品は、金利が高いときに預ける商品です。
目標を決めがんばってください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の件

2008/05/06 18:35 詳細リンク

シュンパパさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『今後どうしていけば宜しいでしょうか。』につきまして、毎月の家計を維持していくためにも、最低限の支出金額はあります。

シュンパパさんの場合、家計簿データを拝見する限り、決して過剰な支出項目があるわけではありませんので、これ以上家計支出をおさえることは難しいと思われます。

家計支出をこれ以上はおさえることが難しいのであれば、収入を増やすしか方法はありません。

よって、奥様にも収入を確保してもらう方向でご検討していただくことをおすすめいたします。

奥様も収入を確保できるようになれば、加入している生命保険につきまして、死亡保障部分を見直すことも可能になりますので、毎月の支払い保険料を抑えることもできます。

シュンパパさんに限らず、今は共働きでないと家計が成り立たない家庭が増えていますので、シュンパパさんも奥様と良く話し合ってください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

家計診断の結果をお知らせします。

2008/05/07 13:24 詳細リンク

シュンパパ様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

家計データ拝見しました。

まず、支出の部ですが、生命保険の内容が気になります。必要保障額をきちんと計算すれば、適正な保障を確保しながら、保険料を削減できる可能性があります。

それから、学資保険を含めて、もし、保険に貯蓄性を求めているのなら、その部分を投資信託等のリスク商品に置き換える方法もご検討ください。投資リスクは、きちんと勉強すれば、それほど怖いものではありません。本当に怖いのは、将来の“お金が足りなくなるリスク”です。

あとは、車ですね。NYの原油先物相場は、今月に入り史上最高値を更新し、ガソリン代の値上がりも予想されています。今の収入で、車2台を維持していくのは、かなり厳しくなると思います。自転車などに置き換えられるなら、それも真剣に検討しましょう。

続いて、収入の部ですが、現在、契約社員とのことですが、正社員雇用を目指すのもひとつの方法です。また、手に職をつけるという発想で、生涯働けるような職種で頑張るのも良いでしょう。

奥様は、今は専業主婦ですが、働く気がないという訳ではなく、お子さんが3歳までというルールを決めておられるようなので、安心です。しばらく家計は、厳しい状況が続きますが、なんとか、借金だけはしないようにしのぎきりましょう。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランの見直しのポイントは!

2008/05/06 01:32 詳細リンク

シュンパパ様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回のシュンパパ様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
シュンパパ様家のライフプランの見直しのポイントは下記のとおりです。

(ご参考)
1.自動車2台所有につきまして、
・自動車1台はそのままにして、その他1台をオートバイに変更されて経費を抑える(ご提案)。

2.生命保険につきまして、
・医療保険やがん保険は生前給付保険とした充実した保障内容です。死亡保険の死亡保障は1年更新ですので、手ごろな保障の活用を目指します(ご提案)。

以上

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の見直し

2008/05/06 09:02 詳細リンク

シュンパパさん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

まず、生命保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
共済の掛け捨てタイプのものですと、安い保険料ですみます。

現在ご加入のものは、どのようなものなのでしょうか?

あとは、天引き貯金方式で、先に、毎月1万でも、積み立てるようにしてください。
「残ったら貯金」では、貯金はできません。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

改善方法はこの3つしかありません。

2008/05/06 09:35 詳細リンク

シュンパパさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

家計改善の方法は3つしかありません。。
1.支出を減らす
2.収入を増やす
3.運用する

1.支出を減らす・・保険の見直しができそうです。

生命保険(妻)10000円 →もっと安くできそうです。見直しを考えましょう。
生命保険(子)1600円 →キッズ共済でしょうか?900円でもいいのでは?
学資保険(子)10000円 →払う保険料総額ともらう金額を比較しましょう。元本割しませんか?

2.収入を増やす

ご主人の転職も考えてみたほうがいいでしょう。
契約社員という立場は不安定ですね。業績が悪くなるときられるかもしれません。
景気がそれほど悪くない今のうちに将来のことも考えて転職先を探したほうがいいと思います。

奥さまですが、二人目が3歳まで専業主婦を続けるとなるとあと5年以上ですか?
小さい間は家にいて子どもと一緒に・・・とお考えになるのもわかりますが、お子さんの教育費をしっかりと積み立てて準備することも親の勤めではないでしょうか?
月1万円の学資保険では不足します。

二人目のお子さんができるまで働くことも考えてみましょう。
奥様の収入が安定したら転職活動に入っていいのではないかと思います。
しかしやめてから探すのではなく、転職先が決まってからやめたほうがいいですね。

3.運用する
教育資金など10年以上の運用期間があるものは投資信託などによる積み立てを考えましょう。
学資保険よりはずっと利回りが良くなります。

質問者

シュンパパさん

同居も考えてました。

2008/05/06 09:25 固定リンク

ご返答ありがとうございます!
家計は問題ないということなので安心しました♪
実は私もこれ以上支出を減らすには家賃しかないと思っていました。
現在はアパートに住んでおりますが、毎年家賃が安い県営住宅等に申し込みしてるのですが、抽選倍率が20〜30倍と厳しい現状でなかなか当選見込めませんが、申し込みだけはしております。
また一戸建ても考えたのですが、私が契約社員という理由から住宅ローンを組むことができないこともあり、ゆくゆくは両親と同居を考えています。
今までお世話になった分恩返しをしたいというのもありますが、経済的にも良いだけでなく、子供のためにもいろんなことが経験をさせてあげれますよね。
しかし、私の実家はあまり広くないため両親(2人)+私たち(3人)が一緒に住む事は難しいです。また妻は私の両親と折り合いがあまり良くなく、同居となったらうまくやってはいけない状況です。
私の妻の実家は女姉妹でみんなお嫁にいっているので両親2人で住んでおり、私たち家族が住めるスペースも問題なく、人間関係も良いので私的には同居しても良いと考えております。
しかし、私は2人兄弟の長男(下は妹)なので、そういうことが許されるのかという問題があります。 私の両親に相談したいのですが、その後の関係がぎくしゃくしてしまうことが一番心配でなかなか踏みけれない状態です。
なんか人生相談みたいな感じになってどうもすみません。

シュンパパさん (宮崎県/31歳/男性)

質問者

シュンパパさん

生命保険について

2008/05/07 23:52 固定リンク

阿部雅代様

早速のご回答ありがとうございます!
生命保険についてですが、私は第一生命の「堂々人生」に加入しております。
親戚が社員だったため勧められるがままに入りました。
内容を確認してみると、確かに掛け捨てではないみたいですが、10年後に生存給付金として10万円、40年後に70万円還ってくるみたいです。
勉強不足で申し訳ございませんが、様々な生命保険があるなかで、どういった内容で選んで良いか悩んでしまいます。
また注意点等ありましたら教えて頂けると幸いです。
宜しくお願い致します。

シュンパパさん (宮崎県/31歳/男性)

質問者

シュンパパさん

見直しについて

2008/05/08 00:07 固定リンク

山中三佐夫様

早速のご回答ありがとうございます!
1番目の自動用車をバイクにしてはという事ですが、確かに維持費や税金や保険料の事を考えるとバイクの方が魅力的です。
しかし私は平日は主に通勤の為に使っており、約1時間の道のりなのでバイクだとちょっと大変です。
妻は子供をチャイルドシートに乗せてではないと移動ができないので、この案はちょっと難しいですね。
2番目の保険の見直しですが、私は第一生命の「新堂々人生」に加入しております。三大疾病にかかった時点で保険料を支払わなくても保障を受けることができるという内容です。
しかし今の私では疾病にかかるリスクも少ないので、もう少し手頃な保障内容に変更し掛け金を削減した方が良いということなのですね。
そこで教えて頂きたいのですが、最小限必要な保障内容等を教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

シュンパパさん (宮崎県/31歳/男性)

質問者

シュンパパさん

診断ありがとうございます!

2008/05/11 09:55 固定リンク

森本直人様

保険の見直しですが、私は第一生命の「新堂々人生」に加入しております。三大疾病にかかった時点で保険料を支払わなくても保障を受けることができるという内容です。
しかし今の私では疾病にかかるリスクも少ないので、もう少し手頃な保障内容に変更し掛け金を削減した方が良いということでしょうか?
そこで教えて頂きたいのですが、適正な保障の確保とは具体的な保障内容等(入院日額等)を教えて頂けないでしょうか?

また、学資保険は郵政公社の「生存保険金付学資保険」に加入しております。内容を確認すると、満期の保険金額は元本割れしてしまいます。投資信託にて運用した方が貯蓄性があるようです。リスクがあるとのことですが、そうやって勉強すればよいのか教えて頂けますでしょうか?
宜しくお願い致します。

シュンパパさん (宮崎県/31歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断二人目と引っ越しに関して kekkkさん  2009-06-19 02:53 回答3件
給料7万減。家計診断お願いします。 hitsujiさん  2009-05-26 22:56 回答4件
家計診断お願いします。 QP2さん  2016-08-31 00:47 回答1件
2人目の子供は難しいでしょうか さくらぎさん  2016-01-30 00:10 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)