夫婦の保険の入り方 - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦の保険の入り方

マネー 保険設計・保険見直し 2008/05/01 18:23

はじめまして。今まで全く保険に加入したことがなく、判断基準が全くわからないので相談させていただきました。
夫 28歳(会社員)年収400万位
私 28歳(専業主婦)収入なし
子ども 0歳。 学資保険のみ加入
(今後もう一人子どもが欲しいと考えています。)

この場合私たちはどのような保険に入ればよいのでしょうか?
生命保険や医療保険があるかと思いますが、まずはどんなことから考えて保険選びをする必要があるのでしょうか?

質問が漠然としすぎているかと思いますが、ご回答よろしくお願いいたします。

tigger_crashさん ( 愛知県 / 女性 / 28歳 )

回答:9件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の加入について

2008/05/01 18:48 詳細リンク

こんばんは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保険の加入の仕方ですが、メールでは基本的なことしかお話ができませんのでご了承ください。
保険は万が一のときにお金に困るから加入するのです。万が一の時を想定し、その場合の収入と支出を計算しましょう。(計算の仕方については、私のコラムをご覧ください)
そして、必要な死亡保険金額が決まったら目的にあった保険種類と保険会社選びです。
最後に保険料の検討になります。
保険料が高い場合には何か妥協しなくてはなりません。
医療関係の保険についても入院した場合にどのくらい保険でカバーするか検討しましょう。すべてカバーするのは保険料が高くなり難しいです。よって現金での支払が基本になります。
現在学資保険に加入していますが、貯蓄のつもりで加入したのであればあまりいい選択ではありません。学資保険は加入時の金利適用になり途中変わりません。そうすると長期運用になりますのでインフレリスクが発生します。
インフレリスクとは、物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。今年の消費者物価の予想値が1.1%と出ていましたが、たとえば物価が毎年平均1%上昇した場合に、預貯金などの運用が0.5%ですと実質マイナス0.5%になるということです。
あとは、私のコラムをご参照ください。

死亡保険の考え方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/25920

死亡保険金額の計算の仕方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22163

遺族年金について(サラリーマンの場合)
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22181

医療保険を選ぶポイント1
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2050

医療保険を選ぶポイント2
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2155

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

何の為の保険が必要なのか考えてみましょう

2008/05/01 22:31 詳細リンク

tigger-crashさん。はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの宮里と申します。

まず、保険に何の為に保険に加入するのか考えてみましょう。
例えば、ご主人にもしものことがあった場合を、どれだけ経済的に困るのか考えて死亡保障を検討しますよね。
その時に、社会保障制度の遺族基礎年金や遺族厚生年金(私のコラムをご覧ください)を考慮して足りない分のみ死亡保障に入ります。
これも、定期保険よりも、年金タイプで、保険金が出る家族収入保険のようなものが保険料も割安ですし、お勧めします。

入院などのもしもの時がご心配ならば、医療保険を検討しますが、これも、高額療養費制度や傷病手当金(私のコラムをご覧ください)等を考慮して、足りない分のみ医療保険を検討しましょう。
今まだお若いので、終身型のものをお勧めします。

また、経済的に大きな負担になるのを避ける為にもがん保険の検討もされてはいかがですか?

私でよろしければ、何でもお問い合わせください。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

生保加入の件

2008/05/01 22:47 詳細リンク

tigger_crashさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『この場合、私たちはどのような保険に入ればよいのでしょうか?』につきまして、
1.ご主人様に万が一のことがあった場合、経済的に困ってしまうということでしたら、ご主人様に死亡保険をかけておく必要があります。

さらにtigger_crashさんに万が一のことがあった場合はいかがでしょうか。
取り敢えず、大丈夫でしたら加入は見送ってもよろしいと考えます。

2.また、ご主人様が病気やケガで入院したときは、どうでしょうか。
手元の預貯金だけで十分に賄えるのでしたら、医療保険に加入する必要はありません。

こればtigger_crashさんについても、同様です。

生命保険につきましては、リスクをカバーするための金融商品となります。

よって、ご主人様やtigger_crashさんにとって、不安に思われる保障部分につきまして、加入しておけば十分です。

一般的にtigger_crashさんのようなご家庭の場合、
1.ご主人様には、『死亡保障』と『医療保障』
2.tigger_crashさんには、『医療保障』
を確保しておればよろしいと考えます。

『死亡保障』につきましては、『逓減定期』に加入することで、保険料が安く済みます。
『医療保障』につきましては、ご夫婦各々終身型の医療保険に加入しておくと、老後からの医療保障も確保できます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

後藤 吉尚 専門家

後藤 吉尚
ファイナンシャルプランナー

- good

保険選びについて。

2008/05/02 01:00 詳細リンク

tigger_crashさん、はじめまして。

tigger_crashさんご夫婦の場合、ご主人様が亡くなった場合のご家族の生活費になる保険とご主人が病気(ガン含む)やケガで入院した場合に備えた保険が必要と考えます。奥様は入院に備えた保険は必要でしょう。

生命保険や医療保険の保険選びについてですが、例えば、必要な生活費が月20万円だとして、既に用意されている保障(公的遺族年金など)が月にすると10万円あったとしますと、20万円から10万円を引いた部分を生命保険で用意すればよいことになります。

万が一ご主人が亡くなった場合の保険につきましては、生活費として月々受け取れる保険もありますので、こういった保険を選ばれるほうが無駄なく保険を用意できます。

医療保険につきましては、一生涯必要ですので、一生涯保障の保険が良いでしょう。
まだ若い年齢で保険料も低く、家計も考えやすいので、月々支払っていく保険料は変わらないもののほうがよいでしょう。
これらのことを、よく考慮した上で自分にあった保険を選択していくと良いでしょう。

保険は、わかりにくいところがたくさんあるとは思いますが、がんばってくださいね。
私でよろしければ、お気軽にご相談ください。

回答専門家

後藤 吉尚
後藤 吉尚
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社コンダクター 
0568-67-3966
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

一生付き合う保険には、一生付き合えるアドバイザーが必要です

生命保険は一生を通じて付き合っていく商品です。現在30代の私は、年齢的にも保険に入ったばかりの20代の方から、小さいお子さんを抱えた30代、ある程度家計にゆとりができた40代の方まで、同世代のお客様と、一生涯にわたるお付き合いをすることができます。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

今後のリスクについて考えましょう。

2008/05/01 18:51 詳細リンク

はじめまして、tigger_crashさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。


保険に入る目的を考えれば、どういった保険に加入すれば良いのか分かってくると思います。


*どんな時に保険は必要か?
なぜ保険が必要かというと、1番の理由は、万が一、稼ぎ手の方が亡くなられた場合に、残された遺族の方へが経済的に困る事を防ぐ為に保険に加入するのではないでしょうか。

また、経済的に資金が必要な時期は、末のお子様が大学を卒業されて独立されるまでだと思います。tigger_crashさんのご家族の場合、もう1人、お子様をお考えですので、その時期から22年間くらいが1番保障が必要な時期だと思います。
しかし、ご主人様の状況でも変わりますが、公的な年金もありますので、見積もり保障額から年金や現在の預貯金を引いた額が必要保障額になります。

*医療保険
次に考えなくてはならないのは、怪我や病気で一時的な収入の減少や医療費の負担に備える事を考えましょう。
こちらは、収入が無くても、入院などで家計の負担になる事がありますので、最低限の保険は加入しておきたいですよね。

また、病気や怪我は、若い時より年を取ってからの方が不安なものです。ですが、年を取ってからでは、それまでに病気などを患ってしまい保険に加入できなくなる事もあります。
健康な時、若い時に加入されて保障が一生続くものが良いでしょうね。


生命保険・医療保険で、「いついつまで加入すれば返戻金がこれだけあります」といった様に、保険と貯蓄を同時に考える方も多いですが、保険と貯蓄は分けて考えた方が良いでしょう。

学資保険などは金利が固定の商品ですので、現在の低金利時代ものを18年預け続けるようなものですので、私はお勧めしません。中には、払った金額より多く戻ってくる商品もありますが、ほとんどは払う保険料の方が多くなります。

また、何かあればご連絡下さい。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

必要保障の根拠を見出すためには!

2008/05/01 19:13 詳細リンク

tigger_crash様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回のtigger_crash様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
生命保険並び生存保険(医療、がん等)が必要保障の根拠を見出すためには、tigger_crash様家のライフプランを作成されることです。
その上で、tigger_crash様家に合った保険及びしっかりとした保全体制を確認されて、加入されることをお奨めいたします。尚、保険料はそれについて参ります。

以上

笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

保険の基本について

2008/05/02 08:30 詳細リンク

はじめましてtigger_crashさん。

それではお若いご夫婦のための保険加入の仕方についてお知らせい

たします。

1、ご夫婦それぞれが万一のときのお葬式代として100万円から500

万円の金額を終身保険で準備します。保険料は各社違いますが、大

きく分けてドル建て、円建て、変額(ファンド運用)の3種類がありま

す。

2、ご夫婦それぞれが病気やケガで入院されたときの備えとして医療

保険を準備します。日本の健康保険制度では医療費の自己負担額が

高額になったとき、一般所得者の場合は月間医療費の合計が限度額

の80,100円を超えた分について高額療養費として、あとから支給

(払戻し)されますので、医療保険として入院日額5,000円から10,000

円の範囲で、イザというときの安心料として掛けておいたほうがいい

でしょう。

3、ご夫婦それぞれがガンになられたときの備えとしてガン保険を準

備します。ガン保険についてはその治療法が日進月歩のため、健康

保険の対象とならない自費による治療法が現在増えてきている状況

です。そのため入院治療費のほかに300万円単位の一時金が出るタイ

プに入ったほうがいいでしょう。加入には終身タイプと更新型があり

ます。

補足

4、一家の大黒柱であるご主人に万一があったときに、その後の家族の

生活を支えていくための生活費として保険が必要になります。

この保険の計算方法は、

残された家族の毎月の生活費-遺族厚生年金の月割り額=保険で補填す

べき保険金額(不足金額)になります。遺族厚生年金が概算ですが、一

般的には12万円前後(ご主人の収入により前後します)が万一のとき給

付されます。

毎月の生活費が30万円分必要な場合は、30万円-12万円=18万円(1)

(1)の毎月の生活費の不足金額の18万円から、奥様のパートによる月

収を引くと、本当に不足した生活費の月額がはじき出されます。

したがって、子供が小さいうちはなかなか働けないので、パート収

入が月5万円程度とみると、18万円-5万円=13万円となり、不足金

額の合計は、

13万円×12ヶ月×22年(ご子息が大学卒業までの期間)=3,432万円

となります。

この不足金額を定期保険、収入保障保険、逓減定期保険という保険

で準備することになります。保険期間は22年から30年の間で見ると

よいでしょう。

5、これから先、一戸建やマンションを購入した際の借入金には、

ご主人に万一があった場合の備えとして、団体信用生命保険という

保険、略して団信が自動的についてきますので、この分を生命保険

で準備する必要はありません。

以上、ご夫婦のこれからを守る保険のアラカルトでした。

お役に立てれば幸いです。

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます。

2008/05/02 15:16 詳細リンク

tigger_crashさん、こんにちは、フォートラストの大関です。

まずは、私のコラムをご覧下さい。

http://profile.allabout.co.jp/pf/ohzeki/column/detail/22616

上記コラムにありますように、いきなり「商品(パンフレット)」の選定から入る
のは避けましょう。

学資保険や、あれもこれもとなりますと、家計の圧迫になってしまいますので
まずは、ご主人の保険が最優先ですね。

そこで、保険の目的の整理ですが、

・ご主人に万が一のことが起こった時の生活保障
・ご夫婦の医療保障

の2つでとりあえずは十分でしょう。

死亡保障は、「社会保険の遺族年金の上乗せ」と考えれば効率的です。

そこで最も効率的な保障の掛け方(最低限度)の事例を下記に記します。

・収入保障保険(25年間) 月額12〜15万円(生活費の補填として20〜25万円)
⇒月額保険料:3,200〜4,000円

・終身医療保険(65歳払) 日額:5,000円
⇒ご夫妻両方で、月額保険料:3,900〜4,500円

以上、是非参考にしてみて下さい。

ご不明な点がございましたら、個別にお問い合わせ下さい。


RE 夫婦の保険の入り方

2008/05/02 01:05 詳細リンク

「まいど!!・おおきに!!」の大阪から書かせていただきます

まずはなぜ生命保険というものが存在するのかです。
それは経済的に困らないようにです。

それと生命保険加入で大事なのは優先順位です、あれもこれもは無理です。
ご主人さまの死亡と入院時の医療保険がまず優先でしょう。

もうひとつ大事なのは「国は何もしてくれないのか?」があります。
第一子誕生おめでとうございます、これで自動的に現在、約1800万円の
保険に加入したことになります、お分かりですか?

そう、「遺族年金」です、国民年金に加入されてれば万一のときに「遺族年金」
が支給されます、自動的に加入した「国の生命保険」のようなものです。
遺族年金は年金額1020000円×お子様が18歳になるまで支給されます。

では、まずご主人様が若くして万一が場合を考えましょう!
何が困りますか?

これからの生活費ですね、ではどのくらいかといいますと、
天国からお給料がはいいてくるような死亡保険に加入されればいいと思います。
保険会社には「収入保障保険」というものがありますので検討されればとお勧めします。

死亡保険を考える場合「国の保障」「職場の保障」「生命保険」を考えます。

年収400万円必要だとすると、18歳まで毎年遺族年金が1020000円ほど支給
されます、また厚生年金ですとさらに上乗せされますからその分を考慮して加入することになり ます約300万円だとすると毎月25万前後の収入保障保険に加入することになります。
上記の算出は一度、FP資格の持った保険営業マンに相談すると試算してくれるでしょう。
考え方を覚えておいてくださいね。


生命保険加入に関して・・
「何が困るのか」「優先順位」「国の保障は低下の一方」これだけは重要です・。

私の話が少しでもお役に立てたら幸いです。
ブログは http://takabou.blogzine.jp/

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

加入予定の保険について memememeさん  2012-03-12 23:30 回答1件
必要補償額(死亡保障額)の設定について memememeさん  2012-02-15 02:25 回答1件
第一子誕生後の保険の見直し たかとらさん  2014-04-28 17:43 回答1件
生命保険のことで見直し カメママさん  2013-10-17 12:34 回答2件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)