屋根の塗装工事 - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

屋根の塗装工事

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/04/25 21:02

最近、サイディング屋根の塗装工事のセールスがよく来ます。雨漏りはしていませんが、築11年の木造2階建ての建売住宅です。
塗装は10年が目安と聞いた覚えがあります。実際に、いつごろ行うべきか、予算の目安を教えてください。
また、複数業者から見積もりを取るつもりでいますが、見積もりのため屋根に上がり、壊して工事をさせる悪徳業者もいると聞いています。いい業者の選び方もご助言ください。

ヴォータンさん ( 埼玉県 / 男性 / 47歳 )

回答:2件

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

屋根はこう配がある方が雨漏りはしにくい

2008/05/13 08:55 詳細リンク

おはようございます。ヴォーダンさん。

外断熱リフォームを専門にしています。深澤煕之と言います。

回答が遅くなり申し訳ありませんでした。

ここのところ屋根の雨漏りをしているお宅からのご相談や外断熱リフォームの見積もり相談が多くありまして、やっと手がが空き、質問の内容を今見ました。

屋根やサイディングの外壁塗装のメンテナンスの時期ですが、その目安に於いてですが。

今、世間一般に行われているパターンで行きますとご近所で塗装をしている家を見て、そろそろうちも塗装の時期なのかなぁ?

塗装業者も沢山営業にくるし、しなくてはならないのかぁ・・という意識・判断で一般的に塗装されているのが、今の市場なのです。

ところが、果たしてそれで、良いのか?というとそうではありません。

外壁・屋根の塗装にはいろんな塗料や塗装工事の種類があり、その塗装の種類に応じて、塗装のメンテナンスのサイクルや耐久年数が変わってきます。

まず、塗装は何の為にするかという事を正しく、認識されてからご判断をされたほうが良いかと存じます。

今の住宅の見た目を綺麗する目的でするのか? それとも外からの雨風から守る為にするのか?という目的をはっきりさせ、その目的にあわせてされたら良いと思います。

今の住宅を外からの雨風から守っているのが屋根材や外壁材です。

その屋根材や外壁材を守る為に塗装を施してあり、その塗装が劣化すれば、メンテナンスが必要になってきます。

実際に雨漏りがしている住宅は塗装でその雨漏りの原因は直らないと認識されたら、間違いはないです。

簡単に言えば、外壁材や屋根材が痛んで雨漏りするようにならないように事前に塗装をする事が大事です。

住宅を外からの風雨から守っている外壁、屋根材が痛んだり、すき間やひび割れがしてくるのはメンテナンスをしないでほっとくとそのようになり、雨漏りの原因になってきます。

補足

それ故、塗装のメンテナンスというのは、外壁材や屋根材の素材に応じて変わってきます。

2〜3年毎に塗装をしないと駄目になってしまう外壁材や屋根材、5年毎にしていけば、良い外壁材、屋根材、また、少ないですがアルミ金属屋根材やアルミ外壁材などに焼付け加工されたものは20年、30年経っても大丈夫なものもあります。

一般的には今の外壁材や屋根材の耐久性を考えた場合、5年毎に塗装をしていった方が良いとされています。

今回は屋根塗装と言う事に関しての問合せですが、屋根にはカラーベストコロニアル等(石綿スレート葺き)、日本瓦、セメント瓦(和瓦・洋瓦)、トタン葺き(ハゼ工法瓦棒)、金属ルーフ(鋼板金属ルーフ・アルミルーフ)という屋根種類があります。

この中で耐久性といった面でまめに必要な屋根材は通称コロニアルというスレート葺きの屋根材でしょう。

この屋根材の場合、3〜4年にしたほうが良い場合と5年毎で良い場合とまた7〜8年毎で良い場合とがあります。

それは、その屋根材の環境や施工方法によって、傷み具合がどのくらいのサイクルでしていけば良いかによって変わってきます。

基本的に屋根は住宅それぞれ、こう配という屋根の角度があり、その角度が急になっていれば、屋根材に含まれている湿気や水分が早く乾燥されて、屋根材自体の耐久性が長いという事であれば、そのメンテナンスの時期もサイクルは長くても済むと言う事になります。

過去10年間の全国からの雨漏りの相談に於いて、一番多いのは外壁からの雨漏りが約80%の八割、屋根からの雨漏りは全体の20%の2割になっており、その2割の雨漏りは屋根こう配の角度が低い屋根が殆どという結果、統計がとれています。

このコーナーへの回答が許される文字数に制限がありますので、回答として途中になってしまいますが、下記に参考ブログサイトを参照して下さい。

昭和アルミ公式ブログサイト

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


屋根塗装の時期と施工単価の目安について

2008/04/30 03:33 詳細リンク

ご質問ありがとうございます。屋根塗装のお問い合わせですね。
築10年ともなれば、一般的には確かに1回目の屋根塗装の時期に来ています。
ただ、個別さがあるので、屋根の色あせが見始めてきたら、そろそろ考え時かと思います。
多分セールスの人が来るようになったのは外から見て、屋根が色あせてきたかだと推測します。
ただ、雨漏れなどの現象がおきていなければ、そんなにあわてる必要がありません。
あと1-2年待って、外壁塗装と併せて施工すると、足場代が1回だけで済みます。
現在の外壁の状態はいかがでしょうか?外壁のシーリングが切れていたら、時期かもしれません。
屋根塗装の金額のめどは、足場代を除いて、屋根の実際の平米数×2,000円から2,500円
です。これで通常の屋根塗装が可能です。断熱塗装などを実施しても平米3000円で可能です。
足場代は、屋根勾配と、お住まいの大きさにもよりますが、おおよそ12-20万円くらいです。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

屋根の補修 のぶながさん  2014-08-27 02:04 回答2件
足場代が高い屋根リフォームは塗装かガンバリウム鋼板か 房総の年金老人さん  2013-01-14 23:04 回答1件
屋根塗り替え後の雨漏り みのじろうさん  2011-02-11 20:25 回答5件
マンションの全体リフォーム(外壁・屋上防水) チョロ太さん  2011-01-26 23:18 回答2件
RC造のサッシリフォーム 木造用サッシの使用は? とむじぇりさん  2009-05-30 18:55 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)