独身者の貯蓄目安について - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

独身者の貯蓄目安について

マネー 家計・ライフプラン 2008/04/14 21:58

はじめまして。宜しくお願い致します。
32才独身です。老後のことや、親の面倒をこれから見ていかなければならない、
という点や結婚できそうもないことから、色々不安があり、お金を使うより
貯蓄をしてしまいます。
いくらあっても安心、ということはないと思うのですが、一般的にどのぐらい
貯蓄ができていればよいか(ex.手取り年収の何%)ご教示ください。

あゆあゆさん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

回答:6件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

収入に対する貯蓄額をお知らせします

2008/04/14 22:36 詳細リンク

あゆあゆ様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

生活スタイル、ライフステージや年収、親と同居等で個々の貯蓄額・貯蓄率は異なりますが、目処として収入の10〜20%をお勧めしています。多い方は30%の方も居ます。
独身の時代は20%程度を目処として、毎月積み立てで定期預金や投資信託での資産形成をお勧めします。

なお、総務省家計調査H18年から、収入と別の貯蓄額(年間収入5分位階級貯蓄の種類別現在高(平成18年)と、貯蓄額の分布を載せますので参考としてください。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

楽しく暮らすには!

2008/04/15 10:13 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

貯蓄目標については人それぞれ違います。今後どんなことをやりたいのか。一度紙に書いてみるといいでしょう。夢や目標、楽しく暮らすためにまずは書きだしましょう。次に夢や目標などのためにいくら必要なのか、そのお金はどのようにためたらいいのか検討です。
お金をためる=収入-支出+運用利益です。どうしたら達成できるのを考えましょう。
まだ、32歳なのでいろいろな方法が考えられるでしょう。がんばってください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄の目安の件

2008/04/15 10:15 詳細リンク

あゆあゆさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『いくらあっても安心、ということはないと思うのですが、一般的にどのくらい貯蓄ができていればよいかご教示ください。』につきまして、あゆあゆさんのお考えの通り、将来のライフイベントを考慮した場合、今の生活を楽しみながらもある程度は貯蓄もしていく必要があります。

毎月の貯蓄の目安として、ひとり暮らしの方の場合は、最低でも手取り月収金額の10%は毎月必ず貯蓄に充当してください。
そして、できることならば手取り月収金額の20%を貯蓄に充当することができると、毎年相当貯めることができます。

また、ご両親と同居ということでしたら、住居費用がかからなくて済む分、毎月の積立金額を上乗せすることができます。

尚、毎月の貯蓄も大切ですが、今の生活の延長線上に将来がありますので、趣味や自己啓発をはじめ、今の生活を充実させることにも心がけていただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

「65歳までに3000万円」をひとつの目安に。

2008/04/15 14:26 詳細リンク

あゆあゆ様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。貯蓄目標については、「65歳までに3000万円」をひとつの目安にしてみては、いかがでしょうか。

計算根拠は、65歳からの公的年金だけでは不足する金額が、毎月10万円生じるという最悪のシナリオを想定し、ざっくりと、その25年分(90歳まで)というものです。

もし、生涯独身で過ごすつもりの場合は、ご自身の老後の面倒をお子さんに見てもらうというシナリオがなくなりますので、その場合は、もう少し多めの方が、安心かもしれません。

手取り年収の何%かについては、投資・運用に対する心理的なリスク許容度に応じて、2つのケースを想定します。

仮に運用期間を33年として、その間、年1%の複利運用をしていくとすると、毎月の必要積立額は、約6万4千円です。一方、その間、年5%の複利運用ができるとすると、毎月の必要積立額は、約3万円で大丈夫です。手取り給与に対する割合は、電卓で計算してみてください。

もちろん、必要な資金は、ご自身の老後資金だけではありませんし、今は、元本保証で年5%の運用はできません。具体的には、ファイナンシャル・プランナーと相談しながら、貯蓄・運用計画を考えてみるのもひとつの方法です。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

いくら必要かを考えてみましょう

2008/04/15 08:36 詳細リンク

あゆあゆさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

貯蓄目安は様々です。
自宅通勤と一人暮らしではまったく違ってきます。
人と比べて安心するより、ご自身の目標を持ちましょう。

もし、独身のままだったら
いつごろいくらのお金が必要となるかを考えてみましょう。
それを考えてみないといくらあっても不安と言うことになりますよ。

例えば
ご自身の老後資金として60歳(28年後)を目標に2000万円とすると

1%の積立ならば 51,600円/月
3% 38,000円/月
5% 27,300円/月

これをみる限りでは『いくら貯金ができていれば安心か』という問題ではなく
どういう商品でいくら積み立てるかを考えることが必要だと思いませんか?

よっていつ、いくら必要かを考えてそのための資金計画を立てることが大切です。


5千万円をまず目標に資産形成してみましょう

2008/04/15 08:44 詳細リンク

おはようございます あゆあゆさん。

コンサルタントの若宮光司です。

いくら貯蓄しているという質問の回答は難しいです。
特にあゆあゆさんの年代ですと既に子どもさんがいたり、まだ独身だったりと生活様式が様々です。
それから家庭によっては貯蓄に近い満期返戻金がある生命保険に加入してその保険料のウェイトが重かったりもします。
独身の場合は、毎月の収入の15%〜25%というところが平均ではないでしょうか。

30代の世帯の場合、年収の10%から15%貯蓄している割合が25.5%となっています。
(平成18年分の金融広報中央委員会調査)

5千万円をまず目標に資産形成してみましょう。

ご質問の回答とは少しずれますが参考にされる数値をお教えしましょう。

30代の世帯平均貯蓄保有額 約465万円

これから大事なのは、
1.貯蓄する目的を明確にする (マイホーム資金とか老後生活資金とか)
2.目的を達成するための必要額を算出する
3.目標達成時期を設定する
4.目標達成手段を決定する (預金なのか投資信託なのかなど)
運用方法で年間数%以上の開きが出てきます
5.ここまでが決まって初めて種類毎の毎月貯蓄額が決まってくるのです。

この1.〜5.までの意思決定を私を始めとするFPがサポートしています。

今回、回答した数値以外にも興味がありましたら下記のHPアドレスを開いてみてください。

金融広報中央委員会ホームページ

http://www.shiruporuto.jp/

http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron/index.html

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
子供の養育…ライフプランに不安があります。 ansandareyaさん  2015-10-30 19:06 回答3件
定年時の貯金 kumikkeさん  2015-09-20 18:31 回答1件
結婚式にかかる費用について はーと8さん  2014-01-09 16:20 回答1件
家建築に使ってよい資金は?老後用の貯蓄も心配です。 みいみいママさん  2013-01-02 17:19 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)