猫と子犬に噛み付こうとする犬 - ペットのしつけ・訓練 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

猫と子犬に噛み付こうとする犬

2007/01/12 18:43

2歳のミニチュアダックス、オスです。普段は言うことも良く聞くし公園にお散歩へ行っても他の犬に吠えることも全くありません。(遊ぼうともしませんが)ですが子犬と猫を見つけるとすごい勢いで吠えて追い掛け回し、噛み付いてしまいます。なぜ噛み付いてしまうのですか?夢中になると何も言うことを聞きません。他の犬と遊べないのも悩みです。

ゆきよさん ( 群馬県 / 女性 / 29歳 )

回答:8件

川野 なおこ

川野 なおこ
しつけインストラクター

- good

猫と子犬に噛み付こうとする犬

2007/01/12 22:46 詳細リンク

子犬の社会化に重要な時期に
上手く、慣れる事が出来なかった存在に対して、
ゆきよさんの愛犬の様な行動が、出る事があります。
(遊びでやっている場合もありますので、実際に様子を見てみないと原因の最終判断は出来ませんが、、、)

社会化期には、もう戻る事が出来ないので、
トレーニングをしても、決して猫が、
だーい好きになる事は
現実的には難しいですが

猫が居ても噛み付いたり追いかけたりしない様に教える事は可能です。

上手く社会化できなかった事を今、悔やんでも、どうこう言ってもしょうがないので、

愛犬の個性を受け止め、どのようにコントロールしてゆくかを考えましょう。

まず、オスワリとマテのコマンド(指示語)を徹底させて下さい。

どんな時でも、どんな場所でも、どんな興奮状態でも
瞬間的に飼い主さんのオスワリとマテの指示が入るように、色々なシチュエーションで練習を積むのです。

実際、しつけ教室に通うと(もちろん出張でトレーナーさんに来て頂いても良いですが)

ただの、マテではなく、色々なシチュエーションでのマテを練習します。

(目の前にボールを転がされても、食べ物を転がされても、犬が目の前を通っても、人が犬を撫でても、私はいつもフセマテをしている犬の上に跨って触ったり色々誘惑しちゃいます♪

実際、猫のぬいぐるみに紐をつけて
犬の目の前を魅力的に通過させたりもします)

何が起きても、飼い主さんのコマンドのマテを最優先にするように練習してゆきます。

しつけ教室に通うと、トレーナーさんもこのような練習を楽しくプログラミングしてくれますので、
是非、一度お近くのスクールに通われてみてはいかがでしょうか?

また、当スクールの無料相談室も参考になる答えが見つかるかもしれませんので覗いてみて下さい。
http://ameblo.jp/k-e-dog/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
中西 典子

中西 典子
しつけインストラクター

- good

優秀なハンターですね!

2007/01/16 09:10 詳細リンク

他の犬に吠えないなんて、羨ましいです!

遊ぼうとしないのは、遊びたいと思っていないのだと思います。
なので、彼にとっては、遊ばないことは、決して
不幸なことではないと思います。

もし、友だちが欲しかったら(飼い主さんが!?)
相性の良い子を見つけて、無理強いしないように
たくさん会わせて、慣らしていくと良いです。

優秀なハンターである、ミニチュアダックスは
子犬の動きや、猫の動きによって、ハンティングの本能が
呼び覚まされるのでしょう。

野良猫に噛みつけるとしたら、その素早さは
すばらしい能力だと思います。
我が家の駄犬にはムリです・・・

外では、追いかけ回さないように、リードを短く持って
コントロールしましょう。
子犬に対しては、ケガをさせてしまっては
いろいろとやっかいな問題になりますので、
今は接触させない方が良いと思います。

「さらに子犬を飼ってはどうか」

ということですが、子犬が危険な目にあってしまう
可能性は、高いと思います。
ダックスくんにも、ストレスになると思いますので、
今の状態を改善してから、お考えになるのが良いと思います。

ちなみに、我が家のロックの最初の友だちは
アビシニアン(猫)のオスの子猫でした。
ヒゲにじゃれたり、並んで寝たり、一緒に
旅行にも出かけました。

そんなことがあってか、道ばたで猫と会っても
フンフン フンフン 鳴いて、
猫に「シャーッ」と怒られてしまうと、
傷つくみたいです(^_^;;

なさけないぞ、ロック・・・(=_=)


子犬と子猫を追い回し噛みつく

2007/01/12 19:48 詳細リンク

まず、私のコラム「脳の反応と行動について」をお読み下さい。

子犬と子猫を追い回し噛みつくのは、その結果「いいことが起きているか」(=脳の中が快状態になっているか)、「嫌なことがなくなっているか」(=脳の中の不快状態がなくなっているか)、のどちらかです。

前者は、子犬や子猫を追いかけ回すのが楽しい、その結果興奮してつい噛みついてしまう、ということです。
(食べ物だと思って追いかけ噛みついているということも考えられますが、一般の家庭犬であればまず無いと考えてもいいでしょう)

後者は、子犬や子猫が嫌な存在なのでなくそうと、追い回したり噛みついたりして、追い払おうとしているのです。

で、ご質問では他の犬と遊べないと言うことですから、おそらく後者でしょう。

犬や猫全般に慣れていないはずです。
社会化期からのしつけトレーニングをやってこなかった結果です。
成犬や成猫は反撃されるリスク(自分がやられてしまうリスク)を感じ取っているのかも知れませんね。だから、子犬や子猫を襲うのかも。

今からでも遅くありませんので、しつけ教室などに通われることです。プライベートレッスンでは、社会化のトレーニングは十分に出来ませんので、グループレッスンの教室を探してください。

東京近郊であれば、Can ! Do ! [[http://www.petcom.jpまでお問い合わせいただければいいのですが(教室は世田谷と杉並と新宿にありますので)、東京近郊以外であれば、JAHA認定のインストラクターの教室[[http://www.jaha.or.jp/capp/instructor.htmlをお勧めします。


**犬と遊べない件に関してはコラム「Q7:よその犬と遊べない」にアップしました。そちらも参考に。

**拙書「犬は知的にしつける」をお読みいただけるれば、原因と解決策のヒントはもっと詳しくおわかりいただけます。ぜひご一読を。

補足

本回答で、「猫と子犬」を「子犬と子猫」と間違えて回答してしまいました。

本文中の修正が不可能のため、当追記にて訂正させていただきます。

子犬に関しては回答通りですが、猫に関しては、はっきりとは言えませんが、おそらく追いかけると逃げるのでそれが楽しいのだと思います。

もちろん、いいことが起きる、嫌なことがなくなる、そのいいことや嫌なことが何かという可能性は、ここにあげたこと以外にもたくさんあります。

本来問題行動は、カウンセリングを受けていただき、アドバイスをいたします。カウンセリングには通常2時間前後の時間が必要で、その半分近くはプロファイル取りおよび実際の犬の行動の観察に費やされます。

こうしたQ&Aで適切なアドバイスをすることは不可能とご理解下さい。

質問者

ゆきよさん

もう1頭犬を飼いたいのですが・・・

2007/01/12 23:25 固定リンク

子犬を嫌っている今の状態のまま、もう1頭犬を飼ったらずっと吠えたり虐めたりするでしょうか?逆効果ですか?

ゆきよさん (群馬県/29歳/女性)

質問者

ゆきよさん

もう1頭犬を飼いたいのですが・・・

2007/01/13 00:05 固定リンク

子犬を嫌っている今の状態のまま、もう1頭犬を飼ったらずっと吠えたり虐めたりするでしょうか?逆効果ですか?

ゆきよさん (群馬県/29歳/女性)


生まれ持った性格というのもあります

2007/01/13 00:44 詳細リンク

『他の犬と遊べない・・・』子犬の頃から全く遊ぶことがない子もいます(性格的に内向的)。
ゆきよさんのワンちゃんは社会化学習が足りない点もあるかもしれませんが、そのワンちゃんの性格はどうでしょう?
家に迎え入れてからの環境や体験によって成犬になるにつれ、学習以外のことが起こると対処する行動に混乱が生じます。
でも大丈夫ですよ、グループレッスンでは子犬が多く参加している教室で習ったり、出張トレーニングでまずは基礎のスワレ・マテやフセ・マテの強化を行なってから、さまざまな誘惑をかけて、散歩トレーニングで現場学習をするプログラムもあります。
子犬と猫という特定が決まっているからこそ、その点に絞ったスクール選びをおすすめします。


お散歩中のコントロール!

2007/01/14 10:54 詳細リンク

子犬ちゃん、子猫ちゃんを追いかけましてしまうんですね。
追いかけてしまう時の様子を見ていないので、そのわんちゃんがどんな行動をとっているのかが良くわかりませんが、ママは日常の生活のなかでわんちゃんをコントロール出来ていますか?
オスワリや待て、呼び戻しなどを刺激の少ないおうちの中から完璧に出来る様にしていきましょう。それからお庭、刺激の少ないお外という風にランクをあげていきましょう。おうちの中で出来てもお外の刺激のなかで出来ないことはたくさんあります。
そして、待てには時間、距離、刺激があります。子猫ちゃん、子犬ちゃんを見ても静かに待てが出来る様になるのには時間がかかると思いますが、時間や距離の簡単な待てから少しずつでもいいので、失敗をしないように成功を重ねて練習していくのが良いと思います。
日常の生活のなかでもちょっとしたことでママとのルールを作っていくのも大切だと思います。
遊びを始るのも終わるのもママの指示で、お散歩に出る時もママから先に玄関を出ます。そんなちょっとしたことでもわんちゃんはママという存在の意識を変えてきますよ。お外での問題もまずはおうちでママとの信頼関係を深めることが大切だと思います。
そして、もう一頭わんちゃんを飼うということはお勧めしません。幼稚園でも、『えっ!』と思う相談をされに来る方は多頭飼いの方がとても多いです。1+1=2ではないということです。多頭飼いはとても難しい問題を起こしやすいです。お散歩やお出かけも1頭ずつをお勧めしますし、それぞれのわんちゃんがママを独占できる時間を作ることはとっても大変ですよ。
トレーニングに関しては、2才のわんちゃんということもありますのでトレーナーさんに付いていただくことをお勧めします。おうちの中の環境など全てにアドバイスをしていただけると良いと思います。


だってダックスだもん!

2007/01/15 15:03 詳細リンク

私の実家にもダックスがいますが、猫に対する執着はすごいです。許してしまえばどこまでも追い続け待ち続けるでしょう。ちなみに彼は山の中で野ウサギを捕まえたこともあるハンターです。

ダックスは狩猟犬として選択交配されてきた犬種ですから、小動物を見つけたときの反応はもともと強くて当然です。
獲物に執着してどこまでも追う様に、と作られた犬なのに、今は無視しろと教えられる。人間って非情ですね。。
とはいえ狩猟犬だって人の静止は聞かなければなりません。そして本能で反応してしまう行動を抑えるには強い理性が必要です。

ゆきよさんのワンちゃん、普段はよく言うことを聞くということですから、その状態で我慢できる弱い刺激(遠くでじっとしている猫など)から「我慢する」練習を積み重ねてみてはいかがでしょうか?猫が視界に入ってもアイコンタクトが取れれば楽に静止できるようになるはずです。我慢できたら必ず褒める。根気強く頑張って下さい。

私の愛犬ノアは同居猫を追いかけ押さえつけて遊んでいます。とても興奮していますが、静止すれば離れますし、これだけ猫が大好きでも散歩中に出会う猫は無視して通り過ぎることができます。しかしながら、もし何も教えてこなければ、ノアもゆきよさんのワンちゃんと同じ反応をしてるかもしれません。

だって犬ってそういう動物ですもの!


ネコと子犬って玩具??

2007/01/22 12:40 詳細リンク

ネコは逃げるので犬にとっては楽しい玩具です。
子犬の動きも慣れていない子にとっては不思議な様で興味津々です。
どちらも 興味をそそる動きをするようです。

まず必要になの事はどんな状況においても きちんとコマンドが入る様にする事ですね。
我が家のメスバニはネコが大好きで やはり外でネコを見ると行きたがります。
でも「いいよ」と言われない限り フニフニ泣いて座っています。
それで充分だと思っています。

子犬に対しては正しい接し方を教えてあげ 玩具ではないと言う事を教えて上げましょう。
犬同士のご挨拶は出来るのでしょうか?

他の犬に対しては 私のコラムにも書きましたが どんな子とでも仲良く出来る事は良い事だとは思いますが 人間と同じで好き嫌いもあります。
気の会う子をゆっくり探してみてあげて下さい。
きっかけを作って上げる事で 少しずつ慣れてきます。
実際 お店で預かっていた子達の中にも犬が苦手と言う子も居ましたが 上手に誘導して上げる事で慣れて来ますし 気の会う子も見つかります。

のんびり構えてみましょう。


すごい!

2007/02/05 08:20 詳細リンク

猫を追っかけて噛む!?
犬が猫を捕まえられる!ってすっごい身体能力ですね。
その方が凄いかも・・・

文面から、悩んでいるのは
「猫と子犬に噛み付こうとするダックス君」ではなく、
コミュニケーションを上手くとれない、ゆきよさんの方
のように感じます。

とりあえず「追う」ことはおいておいて、何故噛むのか?
その「?」は本人も分かっていないと思います。
一度、その対象物に固執してしまうと
そこからは、本能の赴くまま・・・
飼い主として考えるべき事は、そこまで
興奮度合いが高まってしまう前に、「事前に」
対応しようと努められたかどうか?ということ。
せっかく、その様な傾向があることが分かっているのですから
その様な対象物が介在する場面において、出来ること、すべき事を
考えるべきです。

我々人間でも・・・
DVD を観ながら食べるスナック菓子。
途中からは、美味しいから食べる・・・ではないはず。
何故、そんなに食べるの?といわれてもとまらないものは
止められないものはやめられない。

一度スイッチが入ってからの対処の仕方も大事ですが
環境を作ってあげること、事前に出来る対処について
まずは考えてみるべきだと思います。

また、動物園では、肉食獣には定期的に生きた小動物をあたえます。
「追う」という本能を刺激することは、動物の免疫力を高めると
いいます。お困りだと思われますが、犬という動物の本能も
理解できないことはないですよね。
動物としての本能を持ち合わせている犬と
現実としての、我々人間との共存のために「しつけ」が
必要となっているのです。

そういったことを理解した上で、対処方法を考えられると
明瞭な反応と観察眼を持つことが出来ると思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

散歩中に他の犬に攻撃的 かっちゃん4さん  2015-09-20 19:48 回答2件
トイレトレーニング 留守中 左京さん  2015-07-16 06:12 回答1件
他の犬にたいして威嚇する mamamomoさん  2015-02-17 11:49 回答1件
一人遊びができない6か月の子犬について ここあパンさん  2013-11-19 16:02 回答2件
飼い犬にかまれます。 バクさん  2013-11-04 11:54 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

お筝(琴)教室 レッスン&作法

お筝(琴)教室 レッスン&作法  お教室は広尾ガーデンヒルズ

松井 千恵美

桜ことスクール

松井 千恵美

(マナーコンサルタント)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)