引越し後に元隣家の方より通知書が届きました。 - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

引越し後に元隣家の方より通知書が届きました。

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2008/04/03 19:21

3月10日に引越しをし、27日に物件の売却決済を行ないました。そして、本日23日づけの通知書が引っ越し先に届きました。内容は「プライバシーの保護」。隣家に面したベランダと窓が境界線近くに建築されているために、屋内まで見渡せれる状況のため、プライバシーが侵害されているというものでした。そして目隠しを請求されており、開閉不可能で敷地が見渡せないものを要求すると記載されていました。対応しない場合は法的処置をとるといったものでした。弁護士を通しているものではないようです。2年前に前の方より築8年で購入した物件であり、今まで一度ももめた事はありません。また購入前にそのようなトラブルを聞いた事もありませんでした。現在、隣家は私達の2階部分のベランダの前には目隠しをされています。3階部分には目隠しはありません。もう売却した物件なので、次の物件購入者に任せるべきなのでしょうか?それともこの要求自体を無視すればよいのでしょうか?どう対応すればよいか教えてください。よろしくおねがいします。

補足

2008/04/03 19:21

追記:我が家は北東の角地で問題の家は私の家の南側にあります。問題のベランダ等は南向きに位置しています。
_______道路________
________ ________
○|道| ○:我が家
□■|路| ■:隣家の駐車場
□□| | □:隣家
大阪市内で狭小地です。私の土地も20坪しかないです。道路も4mないです。上手く地図が書けないのですがT字路の道路です。

なおさらさん ( 大阪府 / 女性 / 26歳 )

回答:1件

内田 清隆

内田 清隆
弁護士

- good

目隠し要求への対応

2008/04/04 10:39 詳細リンク

前提として,民法235条では境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側を設ける者は,目隠しを付けなければならないと規定しています。
したがって,まず宅地=人が住居として使用する建物の敷地との境界線から問題となるベランダが1メートル以内かどうかが問題となります。1メートル以内でしたら,原則として,目隠しを要求する権利は隣人は持っていることになります。

隣人が目隠しを要求する権利があることを前提として,どのように対応すべきかという点ですが,法律的には,引越ししてしまっている以上隣人に対応する義務はありませんし,物件の買主に対しても,今まで一度ももめたことがないのでしたら,何らの責任もないと思います。

しかし,法的には責任がないとはいっても,物件の買主としては,今まで一度ももめたことがないのかどうかは知りませんので,あなたに不満をもつ可能性は十分にあります。
そこで,通知書を送った隣人に対しては,既に引越ししていることを伝え,物件の買主に対しては,通知書を見せにいき,「自分で調べたら法律的には○○ということらしい。今まで一度もこんなことは言われていないし,自分の購入前に一度も言われていない。急になぜ・・」と伝えておいたらいかがとは思います。

結論として,法的には,要求は無視し,対応は物件の買主に任せれば構わないと思いますが,物件の買主には誠意は示しておいた方が後々よいのではないでしょうかということになります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

仲介業者とのトラブル たんばさん  2014-12-08 21:35 回答1件
【立退きキャンセル被害】賃借人:賃貸マンション契約者 あーひ0519さん  2013-10-04 18:22 回答1件
退去について nyaoさん  2013-06-07 12:37 回答1件
不動産売却トラブルについて pinkynon7さん  2012-12-05 01:31 回答1件
土地の権利および建物の契約解除について 土地所有権さん  2008-04-30 19:09 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)