日本経済の行く末について - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本経済の行く末について

マネー 投資相談 2008/03/30 19:22

日本の健在は現在、長期成長を続けているといわれたり、一部しか回復していない等、様々な意見が飛び交っていますが、自分が心配しているのは、日本がかかえる先進国の中でも最大の借金大国だということです。

一部の専門家の中では、このままの状態が続けば100年もたたないうちに、日本経済は破綻すると言われています。

そうなると、いくら財テクで貯蓄をしても国家が破綻してしまえば意味が無くなってしまうと言う事ですが、この点についてどうお考えになっているかお伺いしたいと思います。

タカピロさん ( 愛知県 / 男性 / 37歳 )

回答:5件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

日本はこれからも経済大国の一員と考えます

2008/03/30 20:52 詳細リンク

タカピロ 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

現在の日本は、債権・債務という観点では、世界最大の債権国です。また、外貨保有も中国に次ぎ1兆円を超える第二の大国です。

多分先進国で最大の借金国というのは、日本政府が発行した国債(国民からの借金)を指しているのだと思われます。確かに平成19年末の国の公債残高は547兆円で、地方と合わせ773兆円の長期債務残高になります。政府=国民の借金は膨大ですが、一方我々国民の保有する金融資産残高は1400兆円もあります。
また、国と地方の債務は単年度で全て返済するのではなく、10年、20年、30年という長期国債や地方債が主です。
国には徴税権がありますから、いざとなれば増税が出来ますし、インフレで債務残高の負担が減ることも予想されます。
また、景気が回復し税州が増えることも有るでしょうし、構造改革で国と地方の支出を減らせます。
従いまして、このことで日本経済の破綻は無いものと考えます。あまり心配なさらないほうが良いと思います。

個人資産を残すという観点から考えれば、財テクには外国通貨や外貨建ての資産を保有することも出来ますから、日本経済が破綻する予測であれば、一層財テクに励まなければなりません。

これを機会に、国内外の株式や債券への投資・運用で将来の資産を形成されるようお勧めします。

なお、日本は先端技術、工業の生産力、環境対応技術等々世界的にも強い技術大国です。従いまして、グローバル経済の中で長期的にはシェアを落としますがこれからも、経済大国であることには変わりありません。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

自分の資産は自分で守る時代です。

2008/03/31 16:32 詳細リンク

タカピロさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

100年後の日本は、タカピロさんのおっしゃるとおりになるかもしれませんし、
またならないかもしれません。

つまり、将来のことは誰にも分からないのです。

では、分からない状態でどのような投資行動をすべきかというと、
俗にいう長期分散投資になります。

ある一国の、ある特定の資産だけに投資をするということはある意味ギャンブルに近い考え方です。
それよりも、様々な国の、様々な資産に投資をすることで分散効果が得られ、リスクを軽減できます。

これからは、自分の資産は自分で守る時代です。
身を任せるだけでなく、能動的に行動してみてはいかがでしょうか。


もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

大黒たかのりが提供する商品・サービス

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

対面相談

相続税が心配!相続税の相談、税額試算サービス

相続税増税に備え、現状把握することは非常に重要です

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

将来は、誰にも正確に分かりませんが・・

2008/03/30 20:37 詳細リンク

はじめまして、タカピロさん。
''FP事務所 MoneySmith''の吉野です。


愛知県は元気が良いと言われていますが、ホントに愛知県全体が景気が良いと実感していますか?
私は、二極化が進んでいるだけに感じます。

こういったように、見る人の視点によっても見解は変わりますね。

ただ、ご質問にある専門家の意見では100年先まで持たないという事ですが、それまで私どもは生きていけませんね。しかし、生涯を全うするまでは生きていかなくてはいけないのです。
そうすると生きていくための資産運用は必要です。

また、これまでに国債のデフォルトと言う、国債を無効にした事が二度ほどあったという事を聞いたことがあります。
最近でも、またデフォルトされるという噂も立っています。

ですので、日本だけの投資や運用ではなく、世界分散の運用を考えたほうが良いでしょうね。

また、国が破綻したとしても、その国に住んでいる人は生きていかなくてはいけませんし、自浄作用がそれまでにある可能性もあります。


日本も我々も、今が勝負です。

2008/03/30 20:48 詳細リンク

タカピロさま

はじめまして。芳川幸子です。

確かに日本の借金はとても大きいです。
だからといって、100年後には破綻しているかな?と考えると、
きっと、そんなことは無いでしょう。
''『このままだと100年後には破綻するかもしれない!』''という認識と緊張感が、
今、我々国民に必要だということです。

もし、タカピロさんに借金があって、
このままの生活だと、あと2年後には自己破産するかもしれないと思った時には、
借金を返済するために、生活を変える努力をするでしょう。

今、私たちは、日本経済の今後を憂うのではなく、
現状をしっかり把握して、経済の建て直しに協力する気構えを持つことが大切です。
私には3人の子どもがおりますので、借金を子供達に先送りしたくはありません。

また、財テクで貯蓄をしても意味がないという言葉に同調するのではなく、
1500兆円という個人の資産をいかに活かしてくかについて、
知恵を絞っていくべきではないでしょうか?

今までの生き方のままで良い時代は終わりました。
国がなんとかしてくれるという場合ではありまん。
個人個人が世界経済や金融についての、関心と理解を深め、
個人レベルで国に頼らない生活を送れるような資産作りをしていきましょう。

4月19日(土曜日)に
ゆたかな生活とお財布を手に入れるマネーセミナー
を開催します。
是非いらしてみてください。


予測に踊らされないようにしましょう

2008/03/30 21:59 詳細リンク

タカピロ 様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

>日本がかかえる先進国の中でも最大の借金大国<
というのは事実です。

>このままの状態が続けば100年もたたないうちに、日本経済は破綻する<
というのは勝手ですが、誰も100年後には生きていません。そういう無責任な予想は無視しましょう。

大切なことは、事実と予想を区別すること。予想についてはタカピロ様自身が判断すること。そして、タカピロ様自身ができること(実行可能解)を整理すること。

日本の国債発行残高の対GDP比は先進国の中で群を抜いて高い数値です。これは事実です。それで、日本の国が破綻すると思うのであれば、それは予想であり判断が必要になります。その判断に対して、(1)日本を捨てて移住する(2)日本経済に価値が左右されない金などを保有するという選択肢は実行可能解です。

特に、他人の予測を聞いて右往左往するのは止めましょう。予測というものはあくまで予測です。予測をしたことのある人ならわかりますが、予測というのは仮定によって著しく結果の異なるものです。ちなみに100年先まで予測するなどという大胆な予測はありません。

私自身の考え方はこちらに書いてあります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

投資信託積立の運用方法 あき99さん  2009-08-26 09:59 回答7件
定期預金はどこの銀行が利率が良くて安心でしょうか? ちびトトロさん  2010-02-20 01:33 回答2件
確定拠出年金の配分について こたつねこさん  2009-12-09 02:16 回答6件
外貨MMFで通貨バスケットを作るには? Moriya, Tomoさん  2009-06-26 02:05 回答2件
終身医療保険選び Kはじめさん  2008-09-30 20:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)