保険の見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険の見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2008/03/29 09:20

よろしくおねがいします。
現在加入している保険を見直すことを検討しているものです。

■保険内容
夫36歳=特別養老保険(5倍型)10年
平成14年4月に加入 月々116,00円
満期保険金 1,000,000円 死亡保険金 5,000,000円
災害特約・入院特約

妻36歳=普通養老保険 10年
平成13年5月に加入 月々20,416円
保険金額 2,200,000円

上記を払い済みにして、別の掛け捨てタイプの医療保険に変えるつもりです。

そこで質問です・・・
?払い済みにした場合、現時点で夫の分が609.688円、妻1.566.918円となるとのことでしたが、得策でしょうか?

?簡保を払い済みにすると医療保障がゼロになってしまうので、新たに加入するするつもりではありますが、現在勧められているのが医療保障のみの掛け捨てタイプと(夫婦で掛金6.000円くらい)のものと、死亡保障が50万円ついたもの(夫婦で掛金12.000円ほど)です。内容はそんなに変わらないです。(・・・と思います)

?現在貯蓄を毎月14万円していますが、そのうちの50.000円ほどを老後のために貯蓄していくということで、長割り終身保険に入ろうか検討中です。死亡保障があるということと、貯蓄性も高いということで考えているのですが、得策でしょうか?

上記3点についてご解答宜しくお願いいたします。

お願いしますさん ( 北海道 / 女性 / 36歳 )

回答:11件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の考え方について

2008/03/29 10:22 詳細リンク

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

まず保険を検討する上で考えなくてはならないことをお話します。
最初に考えなくてはならないことは、保険を何のために加入するかということです。その目的を明確にすることにより、保険種類選びが違ってきます。そして、目的が決まったらどのぐらいの保険金額が必要なのか具体的に計算しましょう。そうすると万が一の時に困りません。漠然とかけていると万が一のときに不足するかもしれません。または、多くかけすぎると何もなければ保険料の払いすぎになります。
現状入られている特別養老保険と養老保険は何のために加入されていますか。
詳しくは、私のコラムをご覧ください。

1、現状の保険の払済についてですが、もともと利回りが悪い時の商品ですので払済でいいでしょう。
2、医療保険については、掛け捨てタイプの保険料の安いものを選んだほうがいいです。
3、長割り終身保険ですが何の目的で加入されるのですか。また、貯蓄性は高くないです。その理由は現状が低金利だからです。この低金利が長期で固定されるためにインフレリスクがあります。インフレリスクとは物価上昇による貨幣価値の下落リスクです。確定利回りの商品は、金利が高いときにはいい商品です。低い時には良くない商品になります。

死亡保険の考え方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/25920

死亡保険金額の計算の仕方
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22163

遺族年金について(サラリーマンの場合)
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/22181

医療保険を選ぶポイント1
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2050

医療保険を選ぶポイント2
http://profile.allabout.co.jp/pf/fpsolution/column/detail/2155

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
宮里 恵 専門家

宮里 恵
ファイナンシャルプランナー

- good

保険に何を求めるか考えてみましょう。

2008/03/29 15:28 詳細リンク

教えてさん。はじめまして。
フィナンシャルプランナーの宮里と申します。

まず、今回保険の見直しをされようと思われた理由は何でしょうか?
養老保険に特約としてついている医療保障をはずして、別の医療保険に入りなおすのは、いいことだと思います。
特約をはずした時に、保険料はいくらになりますか?
純粋な積立額を計算してからでないと、払い済みが得かどうかはなんともいえませんね。

医療保険についても、シンプルなものをお勧めします。
1日いくら必要なのかということも高額療養費制度などを考慮して、入院した時の収支をだしてから、保険を検討された方がいいと思いますよ。

払い済みにすると、死亡保障が薄くなるので、終身保険をとお考えですね。
投資などに抵抗がある方には、貯蓄性と死亡保障があるので、検討してみてもいいと思いますよ。
いろんなタイプがあるので、ニーズに合ったものを選ばれるといいと思います。

私でよろしければ、何でもお問い合わせください。

回答専門家

宮里 恵
宮里 恵
(鹿児島県 / ファイナンシャルプランナー)
M・Mプランニング ファイナンシャルプランナー
099-294-5033
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

主婦FPならでは等身大の目線で保険の見直しのアドバイスを。

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

宮里 恵が提供する商品・サービス

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

個別相談でシミュレーションをされては・・・

2008/03/29 10:21 詳細リンク

はじめまして、教えてさん。
''FP事務所 マネースミス'':の吉野です。


保険の見直しは、家族構成や状況によって様々ですので具体的なことはいえませんが、ある程度の参考にされて、一度FP事務所などへ相談にいかれてはいかがでしょう。
FPですと保険だけではなく、家計を総括的に見てアドバイスできますので良いと思いますよ。


*払い済みにした場合
簡保に限らず、払い済み保険にした場合は特約は消滅してしまいますので、ご質問のように新たに医療保険の加入が必要になるでしょう。
また、''「現時点で夫の分が609.688円、妻1.566.918円」''この部分が保険金額でしたら、何のための死亡保障か分からなくなっているように思います。また、お子様が居られるようでしたら、死亡保障はとても重要になります。


*医療保障のみの掛け捨てタイプと死亡保障が50万円ついたもの
ここでも、死亡保障50万円を付ける必然性は何でしょう?死亡保障50万円でしたら、現在の月々14万円の貯蓄をされているので、5ヶ月でその保障額は、確保できていますよね。わざわざ保険商品を買う必要はあるでしょうか?


*長割り終身保険に入ろうか検討中

この考え方も、家族構成が大きくかかわっていますが、貯蓄として考えるのでしたら保険と分けて考えられたほうが良いでしょう。
老後の資金ですと、確定拠出年金や投資信託などで運用されたほうが、もっと老後資金を確保できる場合がありますよ。

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

保障と貯蓄は別に考えましょう

2008/03/29 10:30 詳細リンク

教えてさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

払い済みにして得かどうかは払った保険料と満期金を比べてみましょう。

ご主人
月々116,00円×12ヶ月×6年=835,200円
奥様
月々20,416円×(12ヶ月×7年-1ヶ月)=1,694,528

差額分は今までの死亡保障と医療保障、そして満期までの死亡保障と考えていいでしょう?
また解約したらいくらでしょう?
死亡保障が必要でないのならあえて払い済みにするほどお得な保険とも思われません。

必要な死亡保障は別に考えもいいですしね。

といっても保障と貯蓄を一緒に考えるのは得策ではありません。
保障が必要ならば掛け捨ての保障を。
老後資金はファンドによる運用を考えてみましょう。

低金利の今あえて長期の低金利商品での運用は避けた方がいいですし、中途解約は元本割れですね。

保障と貯蓄は別に考えましょう。

また、医療保険では1回の入院が何日タイプなのか、保険料の払いこみは何歳か
なども大切ですよ。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

ご判断されてください!

2008/03/29 10:40 詳細リンク
(5.0)

教えて様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
私はソニー生命で6年間の営業活動に従事して独立、今に至っております。
今回の教えて様からのご質問につきまして、お応えさせていただきます。
下記をご参考にご判断されてください。
(ご参考)
1.払い済みした場合は、
かんぽ生命と思いますが、払い済みに拘らず特約部分を解約することもお考えください。その分、保険料が減額いたします。

2.医療保険へは、
上記の様に特約部分を、単独で生存給付を目的として医療保険に加入されてはいかがでしょうか。

3.死亡保障を主にするか、貯蓄を主にするのかで、
途中解約リスクがありますが、変額保険(終身型)をお奨めいたします。この商品は一般の終身保険より保険料が易く、保障額を得ることができるメリットがあります。長割り終身保険よりも、易い保険料で同一の保障を得ることが可能です。

以上

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/03/29 13:11 詳細リンク

教えてさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

ご家族構成・住宅事情・職種・備蓄状況などの記載がありませんでしたので
「これが適正!」という明確な答えは出せませんが、
あくまで、一般論として回答致しますので、ご了承下さい。

1.払済について
得策かどうかは、比較する対象によって見解が分かれます。
解約返戻金という現金が特にいますぐに必要という状況でなければ
払済処理でもいいと思われます。
ただ、予定利率が低い契約なので、払済=得だ!というレベルではありません。

2.掛捨タイプの医療保険で、死亡保障が50万円付で、掛金計が12,000円・・・
この設計は、効率がよくないものと思われます。
医療保障は、掛捨てでも、短期の更新型ではなく、終身型も検討しましょう。
死亡保障の50万円というのは、中途半端な設計ですね。
必要なしと割り切るか、必要であれば、必要保障の根拠を出してから
それなりの金額を考えましょう。

3.長割終身保険は、貯蓄性が高い(払込後の返戻率が100%を超えるから)
と言われますが、同様の設計でもっと効率よい終身保険がありますので
視野を広くもちましょう。
(貯蓄性を期待した終身保険の中で、長割終身保険は、せいぜい3番手位です)
老後の貯蓄だけなら、変額年金でもいいでしょう。
また、老後の貯蓄において、貯蓄だけでなく、利殖を目的とされるなら、
保険商品でなくても、他の金融商品でもいいと思います。

以上、参考にしてみて下さい。

何かご不明な点がありましたら、個別にお問い合わせ下さい。

笹島 隆博

笹島 隆博
医療経営コンサルタント

- good

ご夫婦の保険について

2008/03/29 15:06 詳細リンク

はじめまして、教えてさん、クロスロードの保険職人・笹島隆博と申します。
1、ところでこの簡易保険を払済みにされる目的はナンでしょうか?
もしも保険会社の方から簡保の保険は損だから払済みにして、新しく保険に
入り直したほうがいいといわれたのであれば、再考されたほうがいいと思い
ます。
2、簡保を払済みにすると医療保障がゼロになってしまうとのことですが、
お子さんはいらっしゃらないのでしょうか?
保険は大きく分けて、病気やケガになったときと介護を受けるようになったと
きに備える自分のため保険(医療保険・ガン保険・介護保険など)と、自分に
万一があったときに家族が生活に困らないようにするのための保険(死亡保険)
に分かれます。ご夫婦にお子さんがいらっしゃらなくて、貯蓄にも余裕がある
のであれば、医療保障のみでいいと思います。
もしお子さんがいらっしゃるのであれば、死亡保険も検討されたほうがいいと
思います。
3、現在貯蓄を毎月14万円していますが・・・素晴らしいですね。
計画的にこれだけの金額を毎月貯蓄に回せるというのは脱帽です。
ところで毎月そのうちの5万円を老後のために貯蓄したいとのことですが、
そのために長割終身保険を利用されるのはあまりいいお考えとは思えません。
結論から申し上げると、保険は保険、貯蓄は貯蓄でお考えになったほうがい
いと思います。
まずご主人の死亡保障は、非喫煙型の収入保障保険というかなり安い掛捨て
の逓減定期タイプで準備すれば、60歳までの毎月の掛け金は5千円前後で済む
と思いますので、差額を貯蓄に回せると思います。
次に貯蓄については、投資信託や外貨預金、保険で準備するなら変額年金や
外貨年金されるというのはどうでしょうか?
以上、簡潔に説明しましたので不十分かもしれませんが、今回の見直しの件
は、もう一度再考されたほうがいいと思います。
以上お役に立てれば幸いです。

山本 俊樹

山本 俊樹
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄としての保険

2008/03/29 18:28 詳細リンク

シルバーバックの山本です。
ご質問の内容を拝見して、一番はじめに疑問に感じた点が、死亡保障を重視した保険の必要性があるかどうかです。お子さんがいらっしゃるようであれば、上記の養老保険や長割り終身よりまずは死亡保障重視の保険にしっかりと加入する必要があります。

もし、お子様がいらっしゃらなくて、ご夫婦で共稼ぎをしていて、特に万が一のための生命保険は必要ないという状況で初めて上記のご質問にお答えすることができます。つまり、死亡保障重視の生命保険の必要性をまず考えて、必要ないということであれば、今度は、貯蓄・運用と保険の関係を考えていくということになります。

さて、貯蓄の一環として保険を考える場合、資産を増やしていくという目的で個人が保険に加入することはお奨めできません。年金タイプの保険や長割り終身なども運用としては、コストが高く不利な運用といえます。また、長割り終身は途中で解約すると返戻金が非常に少ないというデメリットがありますので、しっかりとした計画性が必要になります。

資産を増やす目的であれば、投資信託などの運用の知識をしっかりと身につけていきましょう。


Re:保険の見直しについて

2008/03/29 16:33 詳細リンク

教えて・北海道様

○払い済みについて
得策かどうかの判断のポイント・・・
11600×120ケ月=1,392,000円 →満期保険金に対し約39万円ショート
11600×72ヶ月=609,688円 →払済金額に対し約22万円ショート
満期まで継続するよりは、払済のほうが、ご損が少ないということになります。

同じような計算を奥さまの内容でしてみてください。

○医療保障
終身型で平均寿命まで払う総額を比較してみてください。
60歳までに保険料を払い込む「短期払込み」も選択肢に入れるとよいでしょう。
最近は、死亡保障をつけないタイプで掛け捨てで割り切って準備する方が多いようです。

○長割り終身保険
低解約返戻金タイプは、最後まで払いきった場合に、その貯蓄性たるパフォーマンスを発揮します。
しかし、途中で継続できない事情が起きた場合に、払済みなどで逃げる方法があるにしても、そもそもの解約返戻金が3割カットされていますので元本割れは避けられません。

今回考えている予算の半分は、長割りにして残りは継続できなかった場合に(払い済みなどの)自在性のある商品を検討されてはいかがでしょうか?


何のために保険に入っているのかを考えてみましょう!

2008/03/29 22:11 詳細リンク

はじめまして。SGC保険事務所の三好と申します。


ご相談の内容を拝見させていただきました。


いつも私は、見直しの相談をされる方に伺うのですが、
『この保険は、何のために加入しているのですか?』と聞くと、
ほとんどの方が・・・・と答えられません。


なぜ、養老保険に入られたのか?

毎月32,000円ものお金を支払っているのにさらに新しく医療保険に
入らなくてはならないとすれば、また保険料の負担が増えます。


まずは、何のために毎月の収入の中から貴重なお金を払う保険に
入っているのか?


と言う部分を再度考えて頂きたいのです。


保険の見直しを考えられていると言う事は、少なくとも今の保障では心配・・・
またはもう少し払うお金を減らしたい・・・


のどちらかになるのではないでしょうか?


保険はたくさん種類があります。その中でもいろんな方法があり、
どれがベストなのか?と言うのはご提案は出来ても、決定されるのは
ご本人しかできません。


ですので、今回の見直しで、万全の保険に入れた!と思えるような
見直しをしていただきたいのです。


その為には、どれだけの死亡保障が必要で、病気やケガで入院したら
その費用はどうするか?いくらぐらいの保障があれば大丈夫なのか?


などを、再度ご夫婦でご検討される事をお勧め致します。

ご質問の回答にはなっておりませんが、大前提の部分を一度考えてみて下さい。


三好 亮


RE 保険の見直しについて

2008/03/30 08:49 詳細リンク

まいど!・おおきに!の大阪から書かせていただきます。

毎月14万円貯金されてるのですか、すごいですね!
一年貯蓄すると今検討中の死亡特約をはるかに超えちゃいますね。

1 お子様の年齢がわからないのですが、死亡保障をFPでコンサルティンクグされ
必要保障額を加入されてはいかがですか。
(今の保険を払い済みにして)

2 医療保険に貯蓄性を求めるのは私はあまりお勧めしません。
解約前提で保険加入するのはどうかと思います
掛け捨てで終身で現役で払い込めるもの
先進医療・がん通院に対応しているもの、病気をなおす目的で加入ください。

3 保険料を払いきっていい特性がでますよね、終身保険などは。

*保険と貯蓄は別々に考えましょう。

私の話が少しでもお役に立てれれば幸いです!

ブログはhttp://takabou.blogzine.jp/

個別のお問い合わせは takaaki.ls21@gmail.com

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直し アイルーさん  2010-09-17 15:24 回答3件
生命保険の見直しを検討中です ktsu2741さん  2010-09-08 23:49 回答5件
保険の見直しについて sandalwoodさん  2008-11-12 09:50 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)