貯蓄に関して - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯蓄に関して

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/27 03:03

30代独身会社員です。3年ほど前までは貯蓄額ゼロでしたがこれではいけないと貯蓄し始めだんだん毎月貯めることにも慣れてきていまではかなりためられるようにはなったのですが、貯蓄に関しては全くと言っていいほどずぼらなわたくしに定期預金以外の比較的簡単な貯蓄方法のアドバイスをお願いしますいたします。特に毎月の給与からの貯金は普通預金にとりあえずいれてある程度たまったら短期の定期預金でまとめるということをしていますがなにかほかにも簡単な貯蓄方法はありますか? 投資はあまり興味がありません。アドバイスよろしくお願いします。


現在貯蓄残高
定期預金 520万円 (今年の夏に満期が来る1年定期です)
普通預金 60万円
簡保 100万円


給与手取り65万
その内
住居費(実家)3万5千円
交通費 2万3千円
保険 1万3千円
毎月預金額 47万円
生活費 10万9千円
この生活費10万9千円は毎月この額を使っているわけではなく余った時は翌月に繰り越したり、また旅行代金に充てたりしています。
アドバイスお願い致します。

補足

2008/03/27 03:03

羽田野様、お返事ありがとうございました。今ある定期預金はインターネットバンクで年利1.0%前後のもの、また他行の懸賞金くじが付いているもので比較的金利が0.5%ぐらいあるものにいれたりしています。(ちなみに100万円の定期で商品券3千円あたりました!。)、また普通預金も0.3%あるネットバンクに入れていたりしています。金利キャンペーンや金利の比較のチェック等はたまにチェックしています。短期運用で考えた場合、金利1%ぐらいの1年定期があればそれでもいいのでしょうか? アドバイスお願い致します。

hanadan38さん ( 東京都 / 女性 / 34歳 )

回答:2件

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄方法ですが・・

2008/03/27 07:56 詳細リンク

hanayoridango21さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

毎月預金額 47万円とはすばらしいですね。
ラクにお金をためる方法は給与天引きです。会社に財形貯蓄はありませんか?

または給与振込み口座からの自動積立と言う方法もあります。
毎月決まった金額を確実に積み立てることが出来ます。
いずれも金利としてはあまり有利ではありませんが。

金利を重視するのであればネット銀行のキャンペーンなどを利用するのも一考です。
1年定期とはこれをやっていらっしゃるのかな?

また、円のMMF(きわめて元本割れのしない短期の公社債で運用する投資信託)も考えてみては?1ヶ月複利で0.5%位ですので、比較的有利です。ただし1ヶ月は解約できません。

投資には興味がないそうですが、月1〜2万円ほどの積立投資信託を試してみてはいかがでしょう?
将来が違ってきますよ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
山本 俊樹

山本 俊樹
ファイナンシャルプランナー

- good

運用はまず知識から

2008/03/29 18:57 詳細リンク
(4.0)

シルバーバックの山本です。
3年前から貯蓄を始めてすでに500万円以上貯めたということは非常に順調に貯蓄をスタートすることができたということではないでしょうか。

問題はこれからです、本当の運用をこれから行うためのタネ(資金)ができたわけですから、これからは、この一部を銀行以外の運用に回すようにしましょう。「投資は余り興味がない」ということですが、いくら高い定期預金を選んでも今の金利では資産は増やすことができません。1%で運用しても、資産を倍増させるためには70年以上かかってしまいます。やはり、これからはしっかりと運用することが重要ではないでしょうか。

とはいっても現状では、本格的な運用をするにはまだまだ知識不足なので、まずは運用の知識をしっかり身につけるようにしましょう。最近では、いろいろな本も出ています。また、お奨めするのは、まずはインターネットで証券会社の口座をいくつか開設してみましょう。(開設するだけではコストはかかりません)その証券会社のHPでは、いろいろな情報を入手することができますので、これらのマーケットの情報を毎日(できるだけ)読んでいくだけでも今までと全く違う世界が見えてくるでしょう。

このようにして、まずはしっかりと運用の知識を身につけるようにしてください。そして、貯蓄の一部を投資信託などの本格的な運用商品に振り向けるようにしましょう。

投資は決して「投機」ではありません、これからは「お金にも働いてもらう」時代です。そのための準備を今から始められてはいかがでしょうか。

[[http://profile.allabout.co.jp/pf/toshi-yamamoto/column/list/series/5623/]]

評価・お礼

hanadan38さん

山本さま ご返答ありがとうございます。市場が大きく動いている現在、国内の決算発表、また海外の四半期決算の様子を見てから投資を考えてみたいと思います。個人的に底値感を感じられないのでいまいち投資におっくうになってしまいます。。。。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断をお願いいたします apuapuさん  2010-08-16 17:31 回答6件
住宅ローン返済と貯蓄方法 ハナハナハナさん  2009-03-01 12:42 回答6件
家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
生活環境の変化で…家計診断お願い致します kokomeiさん  2014-03-05 20:59 回答3件
貯蓄をベースに考えるべきか投資を増額すべきか topo200さん  2013-02-06 08:15 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)